« ライヴ・映画・ライヴ | トップページ | アイスランドの音楽事情 »

毎日暑い

8月5日(日)

麹町TOKYO FM 大山百合香
TOKYO FMがやっているSNS「タペストリー」で募集があった「香りセレクション」というイヴェント。以前にはHARCOをゲストに迎えてmona recordsで開催されたが,今度はTOKYO FMのスタジオで大山百合香さんをゲストに迎えての開催。今回も20組40名という枠でしたが当選しました。しかし,私の友達で百合香さんを聴くような人はいないので一人で参加。都営新宿線なら乗り換えなしと思って,九段下で下りて歩いたらけっこう距離があった。迷うかと思ったが,距離を見誤っただけで,炎天下のなか汗だくで到着。monaの時はドリンクつきでしたが,もちろんここでは飲食禁止。思わず,自動販売機で一気飲み。
大山百合香ちゃんは最近,『河童のクゥと夏休み』というアニメ映画の主題歌を歌っていることもあって,親子連れもなかにはいます。最前列にはかなり熱烈な百合香ファン。サポートはいつものメンバーからギターの男性と,良原リエさん。6曲ほどで30分くらいのステージであっけなく終了。HARCOの時は長めのトークショーもあって,面白かったが,ちょっと今回は事務的なイヴェントでした。最後に記念撮影。この時の百合香ちゃんは可愛かった。なぜか,歌っている時は目がうつろなんだよな。通常モードの時は目がぱっちりしていて,やっぱり可愛い。彼女もインディーズだったらもっと親しみがあってよかったかもしれない。

これまた,終わって次のライヴまで中途半端な時間が余る。この日のライヴはこれまた都営新宿線沿線の馬喰横山なので,この辺で時間をつぶす。この辺で私が2時間つぶすとしたら神保町くらいなので移動。さすがにもう一度歩く気にはならないので,半蔵門線で2駅。以前は日曜日だというとお約束のように神保町の古書店はお休みでしたが,最近はその協定がなくなったようで,空いているお店も多い。まずは腹ごしらえということで,カレーの名店「エチオピア」へ。ここは辛さが選べるんだけど,3倍が普通の辛口。私は5倍を注文しましたが,なんと70倍まで選べるんです。私の前に注文した男性は45倍を注文していました。どんなんだろう。でも,ここのカレー美味しいです。神保町から都営新宿線に乗って、馬喰横山へ。前回同じ店に来たときは既に暗かったのに迷わず到着。そのことで安心していたら迷う。グルグル回って、なんとか開場時間に間に合う。

馬喰横山STUDIO LOTUS 8 高宮マキ
昨年と同じ場所で、高宮マキさんの渡米前最後のライヴがありました。相変わらず、限定予約としているのに、受付では名前を書かせるだけで確認はしない。前回はワインの小ボトルも選べたが、今回はミネラルウォーター。私は小さいバッグできてしまったので、この500mlをなんとか飲み干すぞ。お客さんが入ってもリハーサルを続ける出演者たち。なにやらカントリー風のおじさんが唄っています。実はこの人がゲストのkazさん。
若干遅れ気味でスタート。はじめはまず、高宮マキを作り出し、これまで支えてきたプロデューサーのクマ原田さんとの2人のステージ。2人の思い出の詰まった昔の曲を歌います。それから、かなり長めのトーク。こちらも、クマさんとマキさんの出会いからの思い出を。クマさん本当に面白い人。今回もコーラスを2人つけたフルバンドメンバー。キーボードの泰樹さんは沢田研二さんのコンサートを終えて来たらしく、ひとっ風呂浴びてさっぱりした感じ。この日も5本指靴下が素敵です。ヨガスタジオですから基本は素足か靴下。また余計なことばかり書いていますね。前回、新宿naked loftでサポートしていたギタリストも一緒ですが、あの日披露した新曲はなし。この日は1stアルバムから(厳密には1stマキシシングル『鱗』からも「WOMAN」やりましたが)今年でた3rdアルバムまで満遍なく、本当に日本での5年間の音楽生活を総括するような素晴らしい内容のステージ。思う存分高音を張り上げていました。休憩を挟んでの2ステージ。のべ3時間以上に及ぶものでした。前半のトークのなかでは、まだまだ語りつくせないことは後半に、といっていましたが、結局後半はほとんど歌いっぱなしでした。途中、kazさんが3曲ほど歌いました。前回はお客さんに「ねぞべって聴くのはどうですか?」と皆が寝そべるシーンがありましたが、今回は前回よりもお客さんが多かったのでそれはできず、むしろ後半に行くにつれて盛り上がるステージ構成だったので、最後には皆を立たせて踊ります。最後にはお客さんも全員隣の人と手をつないでのフィナーレ。
終演後、あまりマキさんとはお話できなかった(何を話せばよいのか分からなかった)が、この日はライヴ自体が対話的なものだったので、十分満足。私の2つ隣の女性がこの日誕生日だったらしく、お祝いの言葉があったついでに、他にも誕生日の近い人がってところで、私の名前も挙げてくれたし。まあ、高宮マキさんには変なしがらみのない外国で自由にやってほしいと思う。

|

« ライヴ・映画・ライヴ | トップページ | アイスランドの音楽事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16101314

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日暑い:

« ライヴ・映画・ライヴ | トップページ | アイスランドの音楽事情 »