« 母息子カレーディナー | トップページ | 完全生音 »

吉祥寺も変わる

8月9日(木)

最近のhitme & miggyはゲストが恒例になってきてしまった。基本的には2人だけの演奏でしっぽり聴きたいのだが,まあ,彼女たちのことですからこのゲストが豪華なんですよね。最近,高井亮士氏はさまざまなところで出演していて新鮮味はないが(笑),もう一人のゲストがなんとドラマーみどりん。結局,彼のバンドsoil & "pimp" sessionsは聴くに至っていないが,大橋エリさんのバンドやそれつながりで,後藤郁夫さんのバンドでもhitmeさんと一緒に出演していたなあ。ということで,久し振りに彼の演奏を聴けるということで,行ってきました吉祥寺。吉祥寺といえば,メンチカツのサトウだが,最近不法滞在(?)の外国人労働者を過酷な労働環境の下で雇用していたというニュースが妙に気になってしまう。しかも,そういうニュースがあるのに,お客の足は絶えないのだという。早めに吉祥寺に到着して、移転したタワーレコードに行ってみる。デパートが撤退した後に家電量販店が入り、その上階に移ったのだ。店舗はそれなりに広いものの、やはり雰囲気は地方都市のタワーレコードという感じだ。以前の武蔵野的雰囲気はもうない。おおはた雄一さんプロデュースによる扇谷一穂さんのカヴァーアルバム『canary』と、HBのCDを購入。HBとは以前大橋エリさんが電子マリンバで参加していた6人編成のギャルバンド。一時期はけっこうライヴもしていたのに、その後多くの人が多忙ということで、結局、ドラムスのmaki999さんとパーカッションのむーぴー、ベースのつっちーのリズム隊3人になってしまい、その3人でレコーディングした作品。

吉祥寺strings hitme & miggy
stringsに到着すると、既にサカウエ君が美味しそうに料理を食べています。私はレジ横の一番奥まった席。まあ、この日は何故かテンション低めだったし、みどりんのスティック捌きを見るにはいい位置だし、いいでしょう。はじめはしっとりと2人のステージ。hitmeさんが先日一瞬なくしてしまったフルートの出番。やっぱりいいですねえ。3,4曲やったところで、ゲスト2人登場。とても体型が似ている2人。この狭いお店にすごいです。バチを握る指をなめるみどりん。この日は演奏中にバチを一本落とすシーンなどもあり、いかに握る手に力が入っていないかがわかります。野球のバットでもそうですが、ああいう棒状のものを操るものは、強く握ってはいけないのです。手首が硬くなってスナップが利かなくなる。そんなみどりんの極意を見た瞬間。やっぱり、ジャズのピアノトリオよろしく、miggyさんとこの2人の組み合わせは絶妙ですね。さすがにベースはアンプを通していたようですが、お互いの相乗効果ですごいことに。もちろん、hitmeさんがそこに素敵な歌心を添えます。お客さんはノリノリ大騒ぎでしたが、私は自分自身はしっとりと熱いものを吸収しました。特にhitme & miggyでは演奏したことがないというmiggyさんの曲「焦燥」はすごかった。ちょうど私の位置からは鍵盤が見え、miggyさんのなかなか見られない指捌きを見ましたよ。
でも、何気に私的にはこの日のhitmeさんが良かった。前半はしっとりと、なんかこれまでにない落ち着き払った音を聴かせてくれて、後半になると盛り上がっていくが、音はぶれない。うん、いいステージだった。この日はあまり出演者とはお話せず、終演後にサカウエ君と少し話し、まさよし君に挨拶して、帰りましたとさ。

|

« 母息子カレーディナー | トップページ | 完全生音 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16124948

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺も変わる:

« 母息子カレーディナー | トップページ | 完全生音 »