« イデオロギーとしての英会話 | トップページ | 長く続く誕生日週間 »

ライヴのハシゴは当たり前

7月29日(日)

この日は昼間からライヴ。トモエさんの家族が経営するアスカフェにて、トモエさんの親友、永山マキさんの自主イヴェント「ことり小屋」3回目。同じ街に住むライヴ友達サカウエ君と一緒に茗荷谷まで。
茗荷谷アスカフェ 永山マキ
昨年末のアスカフェでの黒猫船ライヴはかなりギュウギュウ詰めだったので、今回は人数を減らしてのゆとりのある客席。テーブルもしっかり出ています。なので、私は水出しコーヒーをいただきながら、ランチでカレーを食べる。ルーが全て野菜からできているようなやさしい味。もう一品はサンドイッチでかなり惹かれたが、朝食でベーコンエッグを食べたので、その両方が具材として使われているので、カレーを選択。今のところ、「ことり小屋」毎回サポートのmiggyさんと、この日は素敵なギタリスト平岡雄一郎さんをゲストに招いてのステージ。この日も素敵な歌声を聴かせてくれましたよ。この人のギターもスゴイ。「銀の子馬」のアレンジも予想を超えていました。最後には遊びに来ていたサックス奏者の荒木 真さんも参加。演奏中に激しい雨が降ってくる。天気予報で雨マークだったので折りたたみ傘は持ってきたものの、雷も鳴ってのかなりの雨量。しかし、終わる頃にはやんでくれました。
サカウエ君はこれからなんと新宿で一人呑みをするとのこと。いやあ、本当に彼はお酒が好きなんだな。ちなみに、このお昼のライヴでもビールを2杯飲んでいました。私は魅力的なライヴがあるこの日の夜にラ・カーニャを選択。

下北沢ラ・カーニャ
前に、このお店にライヴが終わってからomu-toneのCDを買いに来たとき、メンバーから教えてもらったライヴ。ハンバートハンバートのヴォーカル佐野遊穂さんが初めてソロでライヴをするということ。そして、もらったチラシに書いてある「ゲストもあるかも」がomu-toneだってことに引かれて早速予約。80人限定だったが、ギュウギュウ詰めになりました。ここで食事ができるかもしれないという考えはあまりに甘かったが、まあ、昼にカレーを食べたので大丈夫。黒生を注文したが、黒ラベルの缶ビールだった。客席にはハンバートハンバートの相方、佐藤良成君の姿もあります。
佐野遊穂:この日の遊穂さんはゲストをサポートとして利用。omu-toneから佐藤さん(パーカッション)と沢口さん(マリンバ&ピアノ)の2人の演奏で歌います。やはり彼女の歌声は素敵だ。いつもは良成氏とのかみ合わない会話が面白いが、一人でも十分面白い。そして、サポートの2人も素敵です。これにチェロの橋本 歩さんなんて入ったらいいだろうなあ。遊穂さんはこれからソロでも活動する気満々のようで、ギターも練習中とのこと。若干ながら披露もします。ただし、座ってしまうと中程に座った私からは顔しか見えません。良成氏のソロはスカスカの状態でも聴くことができるが、やっぱり遊穂さんのソロは毎回けっこう人が集まるんだろうな。bobtailなどでのんびり聴きたいものです。
omu-tone:ここで、若干ゲストにも時間が与えられてomu-toneでの演奏。この日はもう一人のメンバーが北海道に行っているとのことで、2人での演奏、3曲。やっぱりいいねえ、マリンバ素敵です。なんでも、8日に大宮のカレー店ムムタージでライヴがあるということなので、母親を誘っていくことにしよう。先日行った時に会員カードを作ったらバースデイサービスの葉書が届いたのだ。いろいろお徳です。
島崎智子:なぜか「こっちゃん」と呼ばれている島崎智子さん。先日月見ルで観た時にはよく分からなかったが、かなりファンが多いようです。むしろ、掛け声だけは遊穂さんより大きい。この日もピアノ弾き語り。愛されるべきキャラです。お客さんの雰囲気もとても和やかで、ギュウギュウではありましたが、とても幸せな気分になりました。
終演は21:30。これからbobtailに向かえば、最後の出演者はゆっくり聴けるような気もしたが、雨も降っていたし、なんとなく帰る気分で、そのまま帰宅。

|

« イデオロギーとしての英会話 | トップページ | 長く続く誕生日週間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16043693

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴのハシゴは当たり前:

« イデオロギーとしての英会話 | トップページ | 長く続く誕生日週間 »