« 急遽12000円 | トップページ | landscape »

池上本門寺

8月24日(金)

数年前に高宮マキ目当てで一度行ったことのある池上本門寺のライヴ。その時は石嶺聡子Monday満ちる、キャンディ・ダルファーなどといった出演者でしたが、いつの間にか本編2日、前夜祭つきになっていました。出店は出るかもしれないけど、周辺で食事は難しいことが分かっていたので、早めに会社を出て途中で食べる予定が思わぬ残業。まあ、開演の19時に間に合えばいいやと思ったが、やはり池上は遠い。しかも、都営浅草線の西馬込駅から歩いて遠い!しかも、既になにやら演奏の音が聴こえてくるではないですか。私がほぼ19時に到着すると住職のお言葉。その後ろにセッティングされているのは、キーボードのみ。
あれ?オープニングアクトのalutoはギターとヴァイオリンのデュオのはずなのに。と、お言葉を聞かずにまずは腹ごしらえ。駅からの道でかなり汗だくになったので生ビールに宮崎名物冷や汁。食べていると最前列に湯川潮音ファンの女性2人。私はステージ向かって若干右側、5列目でしたが、どうやったら最前列が取れるんでしょうね。

池上本門寺 slow life slow live
奥 華子:まず登場したのは奥 華子。そう、やっぱりalutoは既に終わっていたようです。奥さんは一人で登場。しかも、タンクトップにジャージズボンというかなりラフなスタイル。眼鏡です。立ったまま鍵盤弾き語り。楽曲や歌声からするとそれほど好きになるタイプではありませんが、音楽に対する姿勢はとても好きです。演奏後に物販ブースに行ってCD購入者にサインをするというのも良いですね。あれだけ大きな会場で。私は彼女がエンディングを歌った映画『時をかける少女』を観ていたので、その曲はやっぱりナカナカいいと思いました。何かのイヴェントで誰かの対バンで見ることがあればいいなあ、という感じ。

つじあやの:彼女のライヴはおそらく2回目。でも、どこで見たのか覚えていない。AXでのはっぴいえんどトリビュートだったか?とにかく、彼女自身の演奏は初めてに近い。セットチェンジでベーシストの伊賀 航さんが出てきて、やっぱり2番手は潮音ちゃんかなと思いきや、キーボードも置いてあるので、珍しい編成だと思ったら中央にはウクレレ。あらー、伊賀さんはつじあやののサポートもしているんですね。はじめは一人でウクレレ弾き語り。その後3人でという非常にゆったりとしたステージ。ほとんど初めてという感じがしないのがつじあやのらしいかな。こちらも、こんな感じで聴くには気持ち良いですね。

湯川潮音:最後に登場した潮音ちゃんは、久し振りに嬉しい徳澤青弦さんを含む3人のサポート。ひらひらのワンピースで登場し、ギターをたすき掛けしようとするときにパンツが見えそうでしたが、どうやら中にブルマーのようなものを履いていたようです。まあ、本当に下着が見えても困りますが。久し振りの潮音ちゃんはやっぱりいいなあ。最近は20名限定という小さな会場でのイヴェントも始めた彼女。まあ、抽選で当たるはずもないが、以前行ったB.Y.Gのような小さな会場でも、今回のように大きな会場でも違った魅力を見せてくれる彼女はやっぱり天性の歌い手ですな。あー草月ホールでのワンマンが楽しみです。
ちなみに、私の周辺のお客さんたちは奥 華子目当てが多かったようで、彼女の演奏が終わると次々と席を立ちました。なかには、最後に戻ってきた人もいたので、サイン会の間ずっと近くで見ていたということかもしれませんが、特につじあやののステージの時に前方の席がスカスカだったのはどうなんでしょう。潮音ちゃんのときも最前列がいくつか空いていて、移ってやろうとも思いましたがやめておきました。
本編のように長時間出演者多数だったら分かりますが、せっかくいい席を取ったのだから、取れなかった人のためにも空席はつくらないようにお願いしたい。まあ、こんなのは愚痴にすぎないのであって、そんなここに書いたお願いをきく人はいないだろうけど。

|

« 急遽12000円 | トップページ | landscape »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16276791

この記事へのトラックバック一覧です: 池上本門寺:

« 急遽12000円 | トップページ | landscape »