« うれしい再映 | トップページ | タイトル忘れてた »

伸び悩むジョギング

9月13日(木)

この日も朝からジョギング。いつもの4kmコースを2周しようと思ったが,足が重く1周ちょっとで断念。どうにも,距離は伸びない。

渋谷シネ・アミューズ 『ブラック・スネーク・モーン
サミュエル・L・ジャクソン主演のいかにもアメリカ南部の映画。予告編でビックリしたのだが,主演女優はクリスティーナ・リッチ。何も彼女の出演だけで驚くことはありません。驚くのはその容姿。『E.T.』の子役出身,ドリュー・バリモアと何故か同じように,『アダムス・ファミリー』の子役出身の彼女は,コケティッシュなグラマラス・ボディだったはず。それが,すっかりスリムになって,でも胸はそれなりに維持して,すっかり南部の尻軽女性に変身しているではないですか。
彼女の役どころは,恋人が入隊してしまって,それから自らの性衝動を抑えられずに手当たりしだいに男と寝てしまう。道端で倒れていた彼女を拾ったサミュエル・L・ジャクソンは,彼女を軟禁して彼女を構成させようという物語。一見,B級映画のような設定ですが,やはり有名俳優を起用しているだけあって,それなりにホロっとさせる展開ではあります。

吉祥寺バウスシアター 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
この日は吉祥寺でライヴなので,是非吉祥寺で1本映画を観たかったが,時間的にも合うのはこれくらい。ヱヴァンゲリオンってアニメも,以前の映画も観たことないんだけど,一度だけ吉祥寺の献血ルームでコミックを2巻まで読んだことがある。はじめの設定がガンダムとよく似ているのだが,けっこう面白かった。それ以降コミックで読む機会がなかったが,続きが気になっていた。そもそもこの作品はどれだけ長いストーリーで,前回の映画がどのくらいまで進んでいるのか,全く分かりませんが,「新」とついているし,「序」とあるので,何も知らない私でも大丈夫だと思って観ることにした。まあ,映画に限っていえば,大量な予備知識を必要とするようなマニアックなつくりにして観客を減らすようなことはしない,と思ったのだ。
やはり予想通りの展開。そして、数年前にコミックを読んだ記憶がよみがえってくる。それにしても、ガンダムという先駆者がいるものの、いろんなところが良く考えられている作品だと思う。改めて関心。それにしてもまだ全貌がみえないのでなんともいえませんが、「使途」と呼ばれる敵の出方が少し不自然のように思う。なぜ彼らはこぞってこないのだろうか。1体ずつやってくるからなんとかしのいでいるものの、あんなものが2つも3つもこられたら、それこそおしまいだと思うのだが。しかも、かれらはどこからやってくるのか。まあ、その辺のことは今後のお楽しみということで。全く知識がなくても十分楽しめる作品ですよ。ちなみに、テレビのアニメと同じように、普通に次回の予告編を終わりに流していました。何作まで続くのか分からないが、今回は見逃さないようにしたいと思う。

吉祥寺strings 太宰百合トリオジョイナス
またまたやってきました。ピアニスト太宰百合さんのトリオジョイナス。この日は絶好調だったパーカッションの石川 智さん。数日後のvice versaのライヴに欠席したらしく、どうしたことかと思いきや、niftyのトップニュースに出ていました。奥さんであり、ボサノバシンガーの小野リサさんが45歳にして妊娠したとのこと。3人目です。ツアーも控えての突然の発覚で、さまざまな対応に追われていたのでしょう。ともかくおめでたいことです。
まあ、この日のライヴはその前の話。このトリオでのオリジナル曲ってのは特にないし、太宰さんが持っている彼女自身のオリジナル曲もおそらくCDになったりはしていないので、前回とは大分違う自由な感じのライヴです。いやあ、本当にまだまだ彼女の演奏には驚かされます。しかも、どんな難しい曲でもなんなく演奏してしまうのではなく、「ここが今日の山場なんです」といって、あえて難しい曲に挑戦しているということをさらっといって、しかもリハーサル以上の演奏(まあ、私がリハーサルを聴いているわけではないので、彼女自身の言葉ですが)を成し遂げてしまう、本番強さ。さて、この日はゲストヴォーカルがいました。nobieさんという女性シンガー。名前は前から公表されていたのですが、顔を見てビックリ。そう、uni-birthというバンドを組んでいるシンガーです。他にもlove love loveというユニットでも以前活動していて、どちらもライヴを観たことがあります。確かに歌はうまくて、絶妙なスウィングを身につけているシンガー。しかし、ステージ上でのその小生意気な態度や風貌などがちょっと気に入らなかったりしたのです。まさかこんなところで聴くことになるとは。しかも、ホームページを検索したら、なんと1981年生まれでしたよ。太宰さんは恐らく私より年上なので、太宰さんとは一回り以上年下。まあ、さすがにそんな伴奏なので、控えめな態度ですし、数曲ならば良いでしょう。まあ、とにかくライヴとしては今回も素晴らしかった。
ちなみに、全く関係ありませんが、この日の出演者は4人全員喫煙者でした。

|

« うれしい再映 | トップページ | タイトル忘れてた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クリスティーナリッチには私もビックリしました。
っていうか、予告で彼女の姿を見ただけでは気づかず、クレジットでわかりました。

ナルセさんがエヴァって意外。
かなり難癖あるストーリーなんでTVアニメシリーズから予習しておくことをお勧めします。
まぁ予習しても理解できないところが多々と思いますが・・・。

投稿: さくさん | 2007年9月22日 (土) 08時28分

>さくさん
おー,書き込みありがとう。
ジョギングのアドヴァイスかと思ってドキッとしましたよ。
ちなみに,今週の走りはまずまずでした。その日の体調の違いで足の軽さが全然違います。何もしていなければ体調の違いなどよく分からないんだけどね。
クリスティーナは本当にビックリです。あの役のために痩せたのか,あるいは何かあったのか?
つーことは,さくさんはテレビシリーズのDVD持っているの?借りたいところだが,なかなか自宅だと観ないんだよね。Gyaoとかでやってくれると一番いいんだけど。ところで,何話くらいあるの?

投稿: ナルセ | 2007年9月22日 (土) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16528887

この記事へのトラックバック一覧です: 伸び悩むジョギング:

« うれしい再映 | トップページ | タイトル忘れてた »