« アップロード完了 | トップページ | 2つの選択ミス »

お初の女性シンガー

9月19日(水)

外苑前Z・imagine 平松八千代
良原リエさんのスケジュールをチェックしていたら、私の知らない女性シンガーのサポートライヴをするという。しかも、一緒にサポートするのがパーカッショニストの高橋結子だというし、リエさんもこの平松八千代さんのことを絶賛していたので行ってみることにした。鈴木亜紀さん以外でこのお店に来るのは初めて。19時前にお店の前を通ると開場待ちの列ができていました。私は食事をしたかったので、その辺をプラプラ。しかし、この日は神宮球場で試合があるらしく、けっこうごった返しています。あまり時間をかけてもいられないので、久し振りにラーメン。なにやら北海道ラーメンというので赤味噌を注文。やっぱりラーメンってあまり好きじゃないなと確認。
お店に戻るとかなり賑わっています。ちょうどサポートの2人が出て行くところだったので、リエさんに挨拶。結子さんの方がもっと前から顔を合わせているはずなのに、未だにお話をしたことがない。一人だったのでカウンター席に。演奏前から客席に登場した平松さんはストレートロングヘアで明るく元気なお姉さんという雰囲気。結子さんとは以前からやっているらしく、リエさんとは初めて。一応、リエさんがゲストという形のようで、前半は結子さんと2人のステージ。八千代さんはギター弾き語りです。
正直いうと、確かに素的な歌声で素的な曲ですが、私の好みではない。でも、ギターの音がすごくキレイだった。前半はある曲を何度が歌い直したり、いまいち調子が出ない様子。でも、それに対して結子さんやお客さんが突っ込んだりして、ステージ自体はとても楽しい雰囲気。それにしても、結子さんの演奏以外であんなに楽しそうな姿は初めて見たし、あんなにしゃべるのも初めて聞いた。やはり年上の人のサポートというのは気持ちが違うのかもしれない。
そんな感じで、休憩を挟んで一人で数曲歌って、サポートを2人同時に呼び込みます。意外にもグランドピアノでのリエさんの演奏は初めてかもしれない。といっても、ピアニカやアコーディオンが中心でしたけど。サポートが2人になって心強くなったのか、八千代さんも好調になりました。2ndステージもとても温かくて楽しい雰囲気で、やっぱりいってよかったと思えるライヴでした。

|

« アップロード完了 | トップページ | 2つの選択ミス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16581010

この記事へのトラックバック一覧です: お初の女性シンガー:

« アップロード完了 | トップページ | 2つの選択ミス »