« 久し振りの7時間睡眠 | トップページ | 映画とライヴばっかり »

たまには夜に家でゆっくりしたい

10月6日(土)

渋谷イメージフォーラム 『明るい瞳
フランス映画。主人公の女性はとある施設に入れられていたようだが、今は兄夫婦に引き取られて同居している。ちょっと素行が普通ではなく、社会生活には向かないということのようだが、日常生活に支障をきたすような重度な障害ではない。兄嫁の情事を目撃してしまってから、特に居心地が悪くなって、彼女は車でドイツへと家出する。ドイツには父親の墓があるのだ。父親は彼女が若かりし頃、母親の他に女性をつくってしまい、母子を見捨ててドイツに移住し、そこで亡くなった。彼女はその葬式に連れて行ってもらえなかったのだ。結局、村の名前は聞いたものの、墓地の場所は分からない。そんな時にタイヤもパンクしてしまう。その近所に住んでいた男性がタイヤ交換をしてくれて、言葉が通じないものの、墓地まで案内してくれる。彼女はそんなきこりの彼の家に住みついて…
そんな感じのストーリーです。でも物語の展開はそれほど重要ではなく、彼女の姿を追いながらのんびりと過ぎ行く時間を感じることが楽しい作品。自由奔放に生きるのは難しいけど、そういう心をなくしてしまったら、その可能性すら自ら奪ってしまうことになる。なんてことを穏やかに教えてくれる作品。

渋谷ピカデリー 『幸せのレシピ
電車の中吊り広告か何かでこの作品のことを知る。このタイトルと、コック姿のキャサリン・ゼタ=ジョーンズの写真で、この作品が2001年のドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイクであることがすぐ分かる。しかし、その広告や後に映画館で入手したチラシにもリメイクのことは何も書いていない。このリメイク版の原題は「No Reservation(予約不要)」だし、それに「幸せのレシピ」という邦題をつけた時点で、日本で公開されたオリジナルのことを意識しているはずなのに、販売促進上、日本人の誰もが知っているわけではないオリジナル作品に言及する必要性を感じなかったのだろうか。でも、やっぱり配給会社の誠実さは感じられない。
かといって、相手役はアーロン・エッカートだし、子役は『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンだし、観ないわけにはいかない。ちなみに、オリジナルではドイツ人の主人公に、相手役は『赤いアモーレ』にも出演していたイタリア人俳優。劇中で、イタリア旅行などをするシーンもあり、彼が陽気なイタリア人という設定が不可欠だった。それに対して、こちらの方はニューヨークが舞台で、お互いアメリカ人。設定を変えて、しかも一見ラヴコメディタッチなので、別作品として楽しめるものかと想像した。しかし、スタッフのオリジナルに対する敬意はかなりもののようで、脚本はかなりオリジナルを活かしていると思う。なので、いわゆるラヴコメディ的要素はそれほど多くなく(そういえば、最近のアメリカ映画のラヴコメの質低下については書きましたね)、しっかり泣かせるところは泣かせていました。といっても、こういうリメイク版を観ると、日本で5年前に公開されたオリジナル版の話の展開も思い出してしまうもので、話の筋がみえてしまうと、どうにも演技としてしか観られないのでそこがちょっとね。
それから、アーロン・エッカートの役どころはイタリアかぶれになった時期があって、という設定でしたが、やはりその陽気な役作りには多少の無理があったかな。といっても、ナカナカ素的な作品です。

渋谷タワーレコード Bophana
この日は夜をゆっくり家で過ごしたいと思ったので、ライヴの予定は入れず、ちょっとインストアライヴを冷やかす程度にしておきました。実は、このインストアライヴの時間を勘違いしていて、14時からだと思っていて、映画→ライヴ→映画の予定を急遽変更したために、2本目の映画を何にするかをさんざん悩んだ挙句、『幸せのレシピ』にしたので、映画が終わるのが、インストアライヴの始まるのと同じ16時だった。急いでタワレコ5階に行くと、既に始まっていました。
通常、タワレコ渋谷店のインストアというと地下1階ですが、その場合かなりの客数と整理券などの手配が必要となる。でも、Bophanaはフリーでやりたかったんでしょうね。通常はジャズなどのアーティストがやっている5階で。中央にスペースを作って若干の椅子を用意してのライヴ。当然私は椅子には座れませんでしたが、横から聴くことにした。かれらのライヴは何度か聴いていて、ヴォーカルの山田里香さんの歌声は素的だと思いつつも、なぜかメチャクチャ好きにはならず、って感じでしたが、今回聴いてみて、やっぱり積極的に聴きに行くほど私の好みのゾーンには入ってこないかな、と実感。何度か聴いて好きだと実感するケースもあるんですけどね。

|

« 久し振りの7時間睡眠 | トップページ | 映画とライヴばっかり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16769508

この記事へのトラックバック一覧です: たまには夜に家でゆっくりしたい:

« 久し振りの7時間睡眠 | トップページ | 映画とライヴばっかり »