« 日曜日,横浜 | トップページ | そして,翌日も貴重ライヴ »

完全生音

10月16日(火)

この日はNUUさんが完全生音ライヴ(全くPAを使わない)をするというので、初めてのお店まで行きました。四谷でも今まで足を踏み入れたことのないところ。なんとシェフの三國さんのホテルがありました。お店で食事ができるか分からなかったので、新宿でおにぎりを食べ、向かう。かなりの雨に降られてしまいました。

四谷コア石響 NUU
お店に到着すると、出迎えてくれたのはなんとクラリネット奏者の黒川紗恵子さん。受付で私が名前をいった途端に「あっ」と声が漏れる。黒川さんはko-ko-yaというユニットで笹子重治さんと一緒なので、手伝いに来たとのこと。改めて挨拶します。
この日は本当はパーカッションの渡辺 亮さんとギターの笹子さん、そしてNUUちゃんの3人のステージの予定でしたが、渡辺さんが出演できなくなったとのことで、なんと笹子さんのバンドCHORO CLUBがゲストとのこと。それにしても、食事してきて良かった。生音ということで、出演者側に何も余計なものがないように、観客の方も何もなし。食事どころかドリンクも。もちろん禁煙。パイプ椅子だけが整然と並べられた空間。開演直前に寒いくらいのエアコンを動かしたが、演奏中はエアコンの音がうるさいのでオフ。当然おしゃべりもなしのかなりな濃密空間。CHORO CLUBがよくここで生音ライヴをやっているとのことですが、これはこれで貴重だけど年に1度くらいで十分だ。
さすがに、CHORO CLUBのメンバーはその日の朝にその話をもらったとのことで、ほとんどは笹子さんとNUUさんの2人で演奏。新しいアルバム『縫う』から、ファーストアルバム『うたうの』からも「水の檻」も披露。やはりこの2人だからできる生音ですね。改めてNUUちゃんの歌声の良さを確認。笹子さんとのMCはけっこう好きなんですよね。休憩なしで、まずはコントラバスの沢田さんが登場して、笹子さんが引っ込んで、2人で「なんにもしない」を演奏。いやあ、沢田さんの演奏、ホント凄い。実は、コントラバス(あるいはウッドベース)の奏者で本当に凄いと思える人はそういない(といっても、多分聴く方の私の問題だと思うのですが)。そこからは秋岡さんと笹子さんが登場して一気に終盤戦です。笹子さんがblogに書いていましたが、NUUちゃんとの相性は心配するどころかばっちりです。エアコンをオフにした室内は最後には居心地が悪くなるほどにヒートアップしましたよ。でも、やっぱり本編最後は「1234…」だったんだよな。
終演後、お客さんがはけるまでアンケートなどを書いて時間をつぶし、黒川さんとちょっとお話をする。うーん、この人も美しい。そして、この日は黒川さんが先日dois mapasと演奏をした渋谷のアダン・オハナ・ギャラリーのマスターがお客でいらしてました。NUUちゃんとも面識があるみたい。CD『縫う』は持ってきた分が完売してしまって、「サインをしてお送りします」とのこと。私は発売日に購入したものを持参していたので、サインをもらう。NUUちゃん私の顔は覚えていてくれましたが、さすがに名前は忘れてしまっていた様子。まあ、また聴きにくることにしましょう

|

« 日曜日,横浜 | トップページ | そして,翌日も貴重ライヴ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16859516

この記事へのトラックバック一覧です: 完全生音:

« 日曜日,横浜 | トップページ | そして,翌日も貴重ライヴ »