« わが家に植物がやってきた | トップページ | ライヴ会場で俳優を見,映画館でミュージシャンに会う »

本気で行きたいライヴ5つ重なります

11月18日(日)

久し振りの7時間睡眠。暖かな午前だったので、気持ちよくジョギング。この日は6km走ってみました。やはりまだまだ限界がみえますね。とりあえず、10kmくらい走れるようになりたい。

銀座に行く前に、南武線経由で池尻大橋に。世田谷ものつくり学校のギャラリーで開催されている扇谷一穂さんの個展を観に行くことにしました。本当は前日の苔玉教室の後に行って、そのまま歩いて下北沢に移動しようという計画でしたが、この日にずらしました。いい天気で歩いていても気持ちいい。ここ世田谷ものつくり学校は中学校の空き校舎を利用したもので、小学校が隣接しています。校庭では少年野球がやっていて、のどかな住宅地。
ギャラリーに到着すると、早速扇谷さんの姿発見。お客さんとお話しています。今回の展示はこれまでとは違って、絵画作品はなし。今回のためだけに製作されたもの。A0サイズの色紙を大量に提供していただいたということで、それを人型に切り取ります。他にも花とか鳥とか、様々な形に切り取って、天井からピアノ線で吊るします。その天井に一番近いところにはバネがついていて,下からその紙の人形を引っ張ると,ボヨンボヨンと踊りだすのだ。とても面白いです。
扇谷さんが私の姿に気づき,話していたお客さんが帰ると声を掛けてくれました。そして,私の胸元を見て「あー」と驚く。そう,この日は先日の扇谷さんのレコ発ライヴで購入した扇谷さんデザインのTシャツを着ていったのです。とても暖かかったので,上着の前を開けていたおかげで発見されたというわけです。本人に見せるつもりで着ていったのに,私はすっかり忘れていました。こういう場だと本当に一対一なのでかなり落ち着いてゆったりとお話できます。といっても,それほど話題は豊富にありませんが。
ギャラリーの隣にはカフェがあり,扇谷さんもお勧めだったので,あまりお腹は空いていないが,ランチをいただくことにする。デリランチだったが,意外に時間がかかる。普通デリというと,出来合いのお惣菜だが,ここのはきちんとその場で最終的な調理をしてくれるのだ。食後のコーヒーも含めてかなり美味しいです。

有楽町有楽座 『恋空
新垣結衣主演でけっこう話題になっている作品。相手役の三浦春馬もちょっと気になっているので観ることにした。しかし、やはりケータイ小説が原作の本作。著者の美嘉は主人公と同じ名前なので、実話に基づくのか。高校生でのレイプ、妊娠、流産。相手が高校生で癌という不幸のオンパレードのなか、愛を貫くというストーリー。特に前半は全く感情移入できぬままに出来事だけが次々と起こって、せっかくの主演の2人も色あせて見えます。途中から主人公美嘉の2番目の恋人として現れる小出恵介演じる大学生。まあ、演技自体はいいと思うんだけど、妙な関西弁がどうも…
意外に面白いのが、図書館のシーン。まあ、図書館という場所はこの作品の中でも重要な役割を果たしているが、私の関心は小道具。今週の推薦図書ってのが黒板に毎回違うものとして書かれているんだけど、ポール・オースターの『幽霊たち』だったり、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』のなかの1冊(多分、『花咲く乙女たちのかげに』)だったり、ふと写った1冊がミラン・クンデラの『不滅』だったり、と私好みのチョイス。
まあ、後半は展開がシンプルになり、徐々に主演の2人の演技に集中できるようになり、楽しめました。やっぱり新垣結衣ちゃん、勢いがありますね。けっこう幅広い年齢を演じても違和感がありません。

銀座cafe ohana 山田タマル
本当は辻 香織ちゃんのバースデイ・ワンマン・レコ発に行くはずだったけど、その後に決まった40人限定の山田タマルカフェライヴに当選してしまったため、泣く泣くそちらに行くことになりました。この日は他にもcasa、Asa festoon、笹生実久、カセットコンロスなど魅力的なライヴがありましたが、こればかりはどうしようもありません。
受付番号が8番でしたが、小さいカフェ店内にけっこう立派なソファがいくつかあって、ステージに近い特等席を占めていたので、それはさすがに取れず、窓際の席を確保しました。ワンプレートの食事にアルコールではないドリンク付きで3500円。まあまあでしょうか。やはり思ったよりも店内が狭いので、ステージに近い右側よりも、多少後ろでももっと座りやすい中央にしたほうがよかったと後悔。しかし、こういう時2人客とかに気を遣って、1人客に相応しい席を選んでしまう私は損な性分です。基本的に申し分ないライヴでしたが、一点だけ。私の後ろに座った男女2人。どうやら男性がファンで、女性の友達を誘ってきた様子。その女性はタマルさんの曲を聴いたこともなければ顔もみたこともないという。だったら黙って座って世間話でもしてればいいものの、いろいろタマルさんの話だの、休憩中には1stセットの話などしている。コアなファンでも落選したと思われるのに、こういう人が来て、そんな話をしているのはどうかと思う。
2部制で、1stはカヴァーのみ。最近何故か定番の「time after time」とか「natural woman」など、英語の曲ばかり4曲で終了。本人曰く、今までのライヴで一番リラックスして演奏できているというだけあって、非常に伸びやかな歌声は気持ちよさそう。さすがにこれほどの声量があったとは、このくらい狭くて生声でも聞こえてしまう空間でしかわからないかもしれない。この日のサポートはキーボードの広田圭美(これでたまみと読む)さんとパーカッションはいつもの桜井さん。この広田さんがまた素的で、また好きになってしまいそう。「たまとみか」というヴィブラフォンとのユニットを組んでいるそうです。
1stフルアルバム『start』を発売して全国プロモーション中ということもあって、2ndセットのオリジナル曲の多くは最近のライヴでも演奏しているものばかりだが、アットホームなこの空間で特別に聴こえます。でも、次回以降は選曲も工夫して欲しいところ。複数組が出演するイヴェントとは違って、皆山田タマルファンなのだから、レアな曲とかやってほしいですね。しかし、開場を待つ階段でリハーサルの音が聴こえていたので分かっていたのですが、アンコールがなんと「帰り道」でした。インディーズ時代の2ndミニアルバム『恋の景色』に収録された珠玉のバラード。やはり本人もこの曲にはかなり思い入れがあるらしく、広田さんのピアノだけの演奏で歌います。もう、この曲が聴けただけでも満足という感じで、しっかりと体に染み込ませて帰ってきました。やっぱり、終演後にお客さんとの交流はありませんでした。

と、ここで帰るわけではありません。銀座線で表参道へ。まずはFABに向かいます。入口でハセガワミヤコが電話中。まだ大丈夫だと思い店内へ。この日先行発売された辻 香織ニューアルバム『day by day』を購入し、サインの列に並びます。多分、ライヴは21時過ぎには終わっていると思いますが、既に22時。いつものコアなファンが最後に誕生日プレゼントなどを渡すためにスタンバっていました。私は、この日のライヴにいけなかったお詫びと23日に改めて聴きに行くことを約束して、今度はプラッサオンゼへ。casaに挨拶に行きます。島さんとお話することがあったし、29日のAsa festoonも予約しておこうかと思って。結局なんだかんだで長居してしまい,casaのお二人と一緒に渋谷まで。

|

« わが家に植物がやってきた | トップページ | ライヴ会場で俳優を見,映画館でミュージシャンに会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

辻香織のワンマンは18時40分頃にスタートして、終わったのは21時15分。かなり立ち見も出ていたので、120~130人くらいでしょうか。そのうち、半数近くがブースに並んだでしょう。一人1分として50人で50分。僕はライブが終わって、アンケートを書き、列に並ぶのが遅れたので、そのまま帰りました。辻香織ファンの1/4位はハセガワミヤコのファンと被っているように思いますが、僕は辻ファンのほうが音楽をちゃんと聞いている人が多いように感じます。

そう言えば、先日ナルセさんが行かれた(ハズの)おおはた雄一ワンマンのゲストは原田郁子でしたね。原田郁子(クラムボン)のライブのアンコールで『おだやかな暮らし』をやったときに感激したおおはたさん、ライブ会場の外に出たときに『おだやかな暮らし』を口ずさんでいたら、お客さんから「ロマンチストですね」って言われたらしい。そんなMCをしていませんでしたか。

クラムボンのちゃんとしたファンだったら、おおはた雄一を知っていそうなんだけど、おおはたさんが『おだやかな暮らし』を歌っているのに誰も気づかないっていうのは、クラムボンのファンというのもちょっとねぇ。

投稿: TOPS | 2007年11月22日 (木) 12時40分

mixiのタマルさんコミュでコメントさせていただいたmikeです。この日も良いライブだったようですね。またしばらく東京でのライブが無いのが残念です。
で、私はナルセさんが行けなかった笹生実久ちゃんのライブに行ってましたよ。

投稿: mike | 2007年11月23日 (金) 00時28分

>mikeさん
コメントありがとうございます。
笹生実久さんのワンマン行かれたんですね。ちょっとblogを拝見しましたが,以前にも訪れたことがありました(笑)。
さすがに,笹生実久に行くくらいだからかなりのライヴ通ですね。私が行けなかったものもチラホラ。私より詳しいライヴレポートには感服します。
TOPSさんともお互い面が割れているのかもしれませんね。

あ,ところで,山田タマルさんはまた同じ場所でcafeライヴありますよ。12月5日で,今携帯サイトで受付中です。

投稿: ナルセ | 2007年11月23日 (金) 00時48分

情報ありがとうございました。でも12/5もUNITでのライブのチケ取ってしまって行けないんですよ。またの機会を楽しみにしています。
あ、当方のブログを訪れていただき、ありがとうございました。無駄に長い記事を読んでいただき、スミマセン。30日はAkagi Cafeに行く予定なのです。

投稿: mike | 2007年11月23日 (金) 22時37分

>mikeさん
30日といったらdois mapasですね。
そして,5日はBophanaですか。ゲストの黒川紗恵子さんはdois mapasのサポートもしていて,最近お知り合いになりました。

投稿: ナルセ | 2007年11月24日 (土) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/17149469

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で行きたいライヴ5つ重なります:

« わが家に植物がやってきた | トップページ | ライヴ会場で俳優を見,映画館でミュージシャンに会う »