« BONNIE PINK@武道館 | トップページ | 本当の終電は久し振り »

たまには勉強

10月27日(土)

この日は講義後、勤め先の東京経済大学でシンポジウムがあったので参加することにした。教授在職中の今年亡くなってしまった今村仁司氏を偲ぶシンポジウム。自分の通う大学でもこうしたシンポジウム情報には疎く、大抵当日知っても予定があって参加できないことが多いが、この日は私の講義を受講していう学生に教えてもらったので、参加することができた。
今村氏はもちろん、その膨大な研究によって知らないはずはない。しかし、なぜかとっつきにくく、今まできちんと著書を読んだことはなかった。今回は、学問分野の枠を超えて交流の広かった今村氏と深い関係を結んできた研究者からの報告があった。哲学者、歴史学者、政治学者、人類学者、社会学者といった面々。ほぼ共通して、多岐にわたる今村氏の研究から各自の関心に共通するテーマについて、今村氏の研究成果をまとめ、今後残された人たちが何をすべきかを考えるような報告。なかには声を詰まらせ、涙ぐむ登壇者も。学会発表とは違って、各分野の第一線で活躍している研究者の報告であったため、久し振りに刺激を受けたような気がする。そして、今村氏の業績を一部ではあるが垣間見ることができる貴重な時間だった。でも、それが故に、なぜ私が今村氏の著書を読んでこなかったのかの理由がよく分かったような気がする。
なんか、完結してしまっているような気がするのだ。読み物としては面白いかもしれないが、発想を借りたり引用をしたりという形で自らの研究に活かすような気楽さはない。それに、理論のための理論的研究という雰囲気もあるし、テーマが大きすぎる。やはり真面目すぎるところが一番でしょうか。

渋谷7th floor Taja
そのまま直接渋谷に向かって、入場したのが開演10分前というところでしょうか。かなりお客さんも入っていますが、ところどころ空席があるので、ちょうど真ん中辺りの席を取る。隣が子ども連れだったりしましたが、まあいいでしょう。この日はスペシャルメニューでおにぎり2つにもろもろちょっとしたおかずが乗ったプレートが500円で出ていました。Tajaは以前から橋本 歩さんや宮田まことさんがサポートしていて知っていたが、今回ライヴを聴くのは初めて。どの人たちのことをTajaと呼ぶのかも知りませんでしたが、ヴォーカルの田中菜穂さんと、ギターの狩野佑次さんのユニットということでした。で、狩野さんの実家が滋賀ということで、滋賀さんのコシヒカリのおにぎりと、ご実家で商売として作っているという漬物がこのプレートになっているということでした。お米も漬物も本当に美味しかった。
さて、ライヴですが、3部構成。1部はしっとりと、2部はカヴァー、3部はガッツリと。いやあ、訳も分からず楽しかった。菜穂さんはお子さんがいて、もちろんその子どもも来ていたんだけど、その友達もいたりして、子どもが数人場内をかけまわっています。チェロの橋本 歩さんはほぼ出ずっぱりだし(でも、体調が悪いらしく1部ではかなりテンション低かった)、客席に平岡恵子さんがいたので、戸田和雅子さんもくるかなあなんて思っていたら、3部ではコーラスで登場するし、妊婦のダンサーが踊ったり、3部では菜穂さんが客席にやってきて歌いながらスーツ姿のお客さんのネクタイをゆるめたり、テーブルの上に上って歌ったり。私もヒートアップしてしまいには立って踊っていました。この時、前日のBONNIEライヴのせいで首が筋肉痛になっていたことに気付く。
なんだか、とても愛に満ち溢れた単独ライヴでした。本人もいっていましたが、これだけのサポートをちゃんとギャラを払ったらとてもできない、ということ。でも、ギャラなしでも快く集まってくるのはその人徳と、その人柄が溢れた音楽だからでしょう。でも、最近のガンダムの主題歌も歌っているらしいし、なんと菜穂さんは矢野真紀ちゃんのシングルカップリング曲の歌詞提供もしているという、なかなか活動の幅が広い。結局、CDを買いそびれちゃいましたが、またライヴに足を運ぶことにしましょう。
歩さんや戸田さんと一言交わそうと思って少し待っていましたが、難しそうなので帰ろうとしたら、10月生まれの人をまとめて祝うということで、シャンパンとケーキが登場したので、いただこうと思って待っていましたが、結局グラスが足りなくてシャンパンは呑めず。そうこうしているうちに戸田さんがこちらでご一緒に、というのでお酒をもう一杯注文して、しばし会話の輪に加わります。そうこうしていると、今度はずーっとピアノで子どもと戯れていた歩さんが戻ってきて私の姿を見つけて隣に座ってくれたので少しお話。しかし、この後ステージ上で演奏が始まってしまい、歩さんはステージに茶々を入れながら聴いていました。私もその後ろで平岡さんと戸田さんがいるステージ上の様子をうかがいます。
この日はそんな感じで、オールナイトで7th floorを貸しきっていたので、夜通し続いたことでしょう。でも、体調の悪い歩さんも帰るといっていたし、さすがに夜通しは私も辛いなと思い、歩さんより先に帰宅。それにしても、楽しい夜でした。

|

« BONNIE PINK@武道館 | トップページ | 本当の終電は久し振り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Tajaのライブで1stセットが終わったときに、戸田和稚子さんを見ました。彼女はTaja主宰の「一軒家」とか「隠れ家」なんてイベントの常連なので(といっても2回くらいしか見たことはありませんが)、当然顔を出すと思っていました。

それにしてもこの日の戸田さんからは、凛々しい美しさを強く感じました。何かあったのかな、ってかんぐりたくなるくらいでした。

投稿: TOPS | 2007年11月 5日 (月) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16956327

この記事へのトラックバック一覧です: たまには勉強:

« BONNIE PINK@武道館 | トップページ | 本当の終電は久し振り »