« たまには勉強 | トップページ | やっぱりHARCO »

本当の終電は久し振り

10月28日(日)

またまた前日遅かったので、この日ものんびり過ごして映画一本、ライヴ一本という予定。この日は最近きちんと距離表示がされた多摩川河川敷のジョギングコースで5km走に挑戦。2.5kmを往復します。京王線の陸橋から2.5kmで南武線の陸橋まで行けるんですね。1kmって意外と長い。なんてったって、多摩川の河口まで行ってもフルマラソンにはならないのだから(ちなみに、37km)。500mごとに速度を上げたり下げたりしましたが、やはり5kmが限界。もちろん、ただ走るのであればそれ以上数kmは可能ですが、とても10kmは無理。うーん、やはり週2回くらいじゃ鍛えられないか。

渋谷ル・シネマ 『タロットカード殺人事件
公開2日目なので少し心配していましたが、やはり最前列はゲットできました。しかし、最終的には最前列もほとんど埋まる。本作はウディ・アレン最新作。ニューヨークからロンドンに活動の拠点を移しての2作目。アガサ・クリスティのようなものを意識したサスペンス。もちろん、ユーモアたっぷりです。今回もヒロインにはスカーレット・ヨハンソン。今回は随分おなかがぽっちゃりしています。まあ、セクシーシーンも若干ありますが、ちょっと田舎の大学生役なので、いつもスニーカーで野暮ったい眼鏡。こういうスタイルも可愛いんですよね。前回は登場しなかったウディ・アレン自身とのやりとりも、今回のようなスタイルの方が合います。
何作か前の作品では、ちょっとウディが老けて見えて、出演するには限界かなって思ったけど、まくし立てるような話し方をスカーレットにまかせたせいか、本作ではまだまだ元気、いけますよ。あっという間に終わってしまった、とてもチャーミングな作品です。

映画の後、ライヴをご一緒するみわちゃんに文化村まで来てもらって、プチデート。11月下旬にあるレストランでの一十三十一ライヴ。「キラキラ☆ドレッシー」というお題がドレスコードでついているお茶目なライヴに参加予定なので、そんな買い物に付き合ってもらう。女性と買い物ってのは久し振りなので楽しい。ホント、私は女性の服が好きです。

中目黒楽屋 黒猫船
みわちゃんと揃って楽屋に到着すると,さすがに既に随分賑わっています。案内された席は一番前。マイクスタンドが私のわき腹に達するくらいの近さ。とりあえず,赤ワインをボトルで注文して,グラタンだの生春巻きだの,チャーハンだのを注文してしばし歓談。
この日の黒猫船は3部構成。しかも,単に休憩が2回入るだけではなく,全て内容が違います。1部はピアノ宮嶋みぎわとパーカッション岡部量平(fromモダーン今夜)による3人のステージ。永山マキさんの生歌声は久し振り。なんか,変な言い方ですが,彼女の歌は意識の上で「あー聴きたい!」ってならないんですよね。でも,毎回ライヴに行くと,思い出したようにグッと心を掴んでくるんです。まあ,いいたいことは,彼女の歌は意識に訴えるのではなく,無意識に訴えてくるということです。なので,ライヴは意識的に行くようにしているんです。この3人編成も初めての試みですが,いやあ素的です。量平さんの怪しいこと。その理由が少し分かりました。彼は山口ともさんについていたことがあるとのこと。しかも,この1部では中学生の時にすごかったというマキさんのクラリネットが登場。クラリネットやピアニカを演奏します。さすが,多才な才女。
さて,第2部ではマキさんはちょっとお休み。なんと坂本奈緒さんによるライヴペインティング。なんと,この女性,矢野顕子とレイ・ハラカミのユニットyanokamiのCDジャケットを手がけた人です。といっても,そのジャケットを記憶していないので,どんな絵を描く人か知らぬまま見ることに。そして,今回は奈緒さんが会場からお題をいただき,書き始め,そのテーマに沿ってみぎわさんと量平さんが音を乗せるというライヴペインティング。お題は動物ということで,絵も淡色でマンガチック。この奈緒さんのキャラがとても面白く,楽しい2部でした。
さて,3部はいつもの黒猫船バンドによるステージ。まあ,こちらはいつもどおり客席も交えての大盛り上がりのステージであっという間に23時前になりましたよ。それにしても,本当に目の前でマキさんの全身をみていましたが,全身のリズム感が素晴らしく良い。まあ,ミュージシャンなので当たり前といえば当たり前ですが,狭い立ち位置のなかで,踊る唄う。改めてすごいと思った。
終演後もデザートとシャスミン茶などを頼んでゆっくりと。途中でみぎわさんとお話したり,まさよし君も交えて話したり,最後には時間がなくてマキさんとはゆっくりお話できませんでしたが,本当の終電にて帰宅。あぶなーい。

|

« たまには勉強 | トップページ | やっぱりHARCO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/16967124

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の終電は久し振り:

« たまには勉強 | トップページ | やっぱりHARCO »