« 12月1日誕生日2人 | トップページ | やっぱり女性シンガー »

献血,あと2回で100回だ

12月6日(木)

銀座シネスイッチ 『4分間のピアニスト
以前から楽しみにしていたドイツ映画。これ、凄いです。なんといっても登場人物が少なくて、ほとんど女性2人の真っ向からのぶつかり合い。1人は女性受刑囚、もう1人が刑務所で長年勤めていたが今は時折ピアノ教師としてだけ訪れる老女。ネタバレをしてしまうとつまらないのでやめておきますが、2人とも複雑な過去を背負いながらなぜかこの場所にいる。初めはそりの合わない2人だったが、老女は女性の才能にほれ込んでしまい、誰からも見放された女性は執拗に自分にかまってくるこの老女に人を信じる可能性を見出そうとする。その期待が大きくなればなるほどまた2人の想いはかみ合わなくなったり、そんな感じでつかず離れずの進展。そして、一方では2人の過去がだんだん明らかにされていくが、どれが真実なのかはよく分からない。その辺の描写が素的。
そして、なんといってもラストシーン、圧巻です。是非劇場で。

新しくなった有楽町の献血ルームで成分献血。確かに待合室や採血ベッド数などは増え、裁ける人数は増えたものの、渋谷や新宿で行っているミスタードーナツのサービスなどはない。やはり店舗自体が近くにないとその提供はないのだろう。その代わり、近くに銀座木村屋があるために、1日限定50個のアンパンがあるそうです(私は午後にいったので食べられませんでした)。平日だというのにとても賑わっています。

その後は講義ですが、私はいけないことをしてしまいました。ということで、ここで告白します。講義は18:20まで。しかし、この日はホールでのコンサートがあり、開演時間が18:30。市ヶ谷から代々木上原なので、遅くても18:10の電車に乗らないと間に合いません。いつものライヴだと多少遅れてもかまわないのですが、この日は全席指定の最前列だし、それほど長いコンサートでないし。ということで、講義を18時過ぎで切り上げ、走って市ヶ谷駅へ。なんとか開演時間ギリギリに間に合いました。学生の皆さん、スミマセンでした。

代々木上原けやきホール ビューティフルハミングバード
ということで、ビューティフルハミングバードの単独コンサート。初のホールです。ここは古賀政男という人物の音楽博物館に併設されたホール。私はこの人物を知りませんが、隣接してJASRACがあるというのは、そういう方面で日本の音楽界に貢献した人物なのだろうか。まあ、ともかくホールはそれほど大きい空間ではありませんが、程よい大きさで素的です。チケットが届いた時点で驚きましたが、なんと最前列中央から2番目。やはりコンサートホールだと、開演が遅れることはまずありませんね。ほぼ予定時刻に小池光子さんとタバティ登場。タバティはサスペンダーです。2年前に激痩せしたタバティはそれを期に、細身の体型を保ってきましたが、最近すこし元に戻りつつあり、ちょっとサスペンダーが似合ってしまいます。自分でも「これじゃ『はなまるマーケット』だよ」と苦笑。光子さんもベロアのドレスで素的。1曲目から突然タバティがピアノに座ります。子どもの頃にピアノを習っていたようです。まあ、彼が作曲する曲は全てギターでって感じではないですね。やはりピアノも弾けたんです。そんな感じで、いつものギターに戻ってしばし2人での演奏。そして、まずはピアノ&鍵盤(ローズかな?)で藤原マヒトさんが登場して1曲。続いて、ベースの伊賀 航さんとドラムスの鈴木惣一郎さん登場。こんなメンバーでの演奏です。前回の明日館の時はちょっと喉の調子が悪かった様子の光子さん、今回は万全のコンディションで素晴らしいステージでした。後ろのリズム隊2人は本当にこういう歌もののバックとしては素晴らしい役割を果たしますね。あまりにも心地良いのでウトウトしているうちに、最後の曲になってしまいました。
もちろん、お客さんはそれで許すはずもなく、アンコールはバンドで、ダブルアンコールは2人で、それも含めても90分のステージでした。「それでは最後の曲で、」といったところで、最前列に座ったことだし、こういう時に花束でも用意すべきだなあと思ってしまった。幸い、ダブルアンコールの最後で、一人の男性が花束を持ってステージに来ましたが、どちらかというとあの人は関係者で後で渡そうと思っていたけど、他にいなかったので、という感じでした。
やっぱりこういうハレの場では、そういうのないと寂しいですね。今後考えましょう。終演後、ようやく後ろを振り返る余裕がありましたが、客席にはtico moonのお2人や安宅浩司さん、mona recordsの行さんなどの姿が。アンケートを書きにロビーに出るとHARCOの姿も。時間が早かったので居残ろうかとも思ったけど、かなり関係者が多かったので、早めに帰って夕食を自炊することにしました。

|

« 12月1日誕生日2人 | トップページ | やっぱり女性シンガー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もこのライブに参加していましたが、小池さんは良いパフォーマンスでしたね。この所のライブでは小池さんの声の出来が○×○×○と続いていたので、○が続いて良かったです。
私は2列目で伊賀さんの正面だったけど、ホールの響きが良くて小池さんの声も堪能できました。

投稿: mike | 2007年12月12日 (水) 01時17分

ナルセさん、献血98回ですか。すごいなぁ。僕も有楽町で献血して、すぐ隣のカレーとスパゲティの店「ジャポネ」に寄るというようなことを何度か経験しましたが、とんとごぶさたです。成分献血は時間がかかるし大変でしょう。僕は血管が細いせいか、戻すほうの腕の内出血がひどくて、ある病気の子供への緊急的な献血(実は2万円もらった)をしてから、10年位したことはありませんが、そのときは確かに何かの役に立ちたいと思っていました。歳末だし、献血に限らず、自分が出来ることは何かしらやってみたいものです。

今週後半はイノトモ、土岐麻子のフリーライブから戸田和稚子へのハシゴ、拝郷メイコ&辻香織といったところ。日曜は未定ですが、お昼のcanappecoもいいでしょうかね。

投稿: TOPS | 2007年12月12日 (水) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/17343813

この記事へのトラックバック一覧です: 献血,あと2回で100回だ:

« 12月1日誕生日2人 | トップページ | やっぱり女性シンガー »