« 休肝日 | トップページ | 3日も家でゆっくりはしてられない »

本格的雪

2月3日(日)

この日は朝から本格的な雪。やはり東京でも一日くらいこういう日があると落ち着きます。特に電車が止まっているということはなさそうなので、予定通り外出。

川崎TOHOシネマズ 『アメリカン・ギャングスター
この日は関内でライヴなので、その前に川崎で映画。相変わらず、この映画館は空いています。そして、甘い味のポップコーンの匂い。この作品も公開2日目のはずなのに、全部で15人程度でしょうか。リドリー・スコット監督、主演がラッセル・クロウにデンゼル・ワシントンと、アカデミー賞常連ぞろいの、一昔前なら人気作品だったであろうに。ニューヨークのドラッグの黒幕にデンゼル・ワシントン、正義感溢れる地味な刑事にラッセル・クロウというあたりが、いかにもすぎるのでしょうか。ちなみに、1970年前後のベトナム戦争に疲れるアメリカが舞台。実話だそうです。もちろん、こちらも脚色たっぷりだとは思うのですが、さすがの監督と主演俳優たち。2時間半におよぶ大作ですが、飽きさせることなく引き込まれます。デンゼル・ワシントン扮する麻薬の元締めが逮捕されてからのシーンが面白いんですよね。そこを説明してはつまらないのでやめておきますが、これも軽い気持ちで映画館で観てもらいたい作品。

さて,川崎から鶴見に移動。実はこの日は昨年9月に発表した共著論文の共同執筆者,杉山和明君と会うことになっているのだ。杉山君は最近家族とともに鶴見に越してきたので,関内でライヴのあるこの日,ライヴに誘ってみた。すると,まあもともとノリのいい男だが,すんなりOKしてくれた。ついでだから,お宅にもお邪魔して奥さんと子どもにも会えたら面白いなあ,という私の提案にもあっさり了解。ということで,初めて鶴見駅で降り,駅から程近い総持寺境内を見学することに。もちろん,雪なのでじっくり楽しむことはできませんでしたが,なにやらこの辺一帯はこのお寺の支配下にあるようです。私立の鶴見大学もこのお寺が経営しているようなもので,もちろん付属の高校とかもあります。まあ,詳しくは分かりませんが,とにかくスゴイ。そして,杉山君の奥さんはこちらにお勤めとのことで,職場まで徒歩1分!
お寺や大学は丘の上にあるのですが,杉山君の住むマンションはちょうど丘の斜面にあり,駅の方向からは1階から入り,大学に行くには6階の屋上から出るという面白い造り。お邪魔すると,さっそく彼の息子がおおはしゃぎしています。3時間くらいお茶とお茶菓子でのんびり。やはりこういう生物がいると飽きませんね。いろんな地理学者の近況など聞いたり。ちょっと子どもと戯れてみたり。奥さんもしっかりしてそうないい人で,安心しました(笑)。

P1050305
父親が撮ってくれた,他人の子どもと戯れるの図。

泣く泣く父親を見送る子どもを置き去りにして大人2人は関内に向かいます。伊勢崎モール内にある田辺書店という私のお気に入りの古書店に連れて行き,その後KAMOMEへ。

関内KAMOME maiko
この日は昨年12月に発売されたmaikoさんのセカンドアルバム『glowing colors』のレコ発ライヴ。でも,ポップスとは違って,レコ発といってもこの前のthprimeのように,都内でも何度もやる。そもそも,常に決まったお店で定期的に演奏しているので,いつものライヴを少しスペシャルにという感じでしょうか。雪にもかかわらず,われわれが入店した時には既に満席状態です。こちらは予約時に席を確保してくれているので,ドラムセットの前,トイレの横という前回来たときと同じテーブルでした。15分ほど遅れてスタートのようなので,また赤ワインのボトルを注文。
maikoさんの演奏は3回目ですが,こうしてリーダーバンドとして聴くのは初めて。1枚目からレコーディングにも参加しているいつものメンバーということです,進藤陽悟(ピアノ),佐瀬 正(ベース),藤井伸昭(ドラムス)という男性3人の編成で演奏はスタート。いやあ,やっぱりこのお店いいです。

P1050314 ちなみに,この日は杉山君が何枚か写真を撮ってくれたので,店内の写真も1枚。ちょっと寄りすぎですけど。こんなワインを呑みました。

演奏も素晴らしく,もう本当にウトウトです。ヴァイオリンの音色ってヤバイよね。このピアニストもなかなかの早弾きで,ベーシストは非常に穏やかで控えめ。ドラマーはドレッドヘアのちょっとヤンチャな感じですけど,そのバランスがとてもいいみたい。maikoさんをしっかり引き立てます。2ステージたっぷり演奏してくれたはずですが,もっと聴いていたい気分。
終演後,maikoさんは一つ一つのテーブルを回って挨拶。仲の良い人のところではそれなりにお話していますが,話し込まないのが彼女らしいところ。私たちの所にもやってきてくれました。「先日stringsで」というと「やっぱり!」となんとなくは覚えてくれていたようですが,普段こういう場に来ることのない杉山君にとっては,間近で演奏が見られて,しかも出演者が挨拶しに来るというのがとても新鮮だったようで,しかもキレイなmaikoさんですから,思わず2枚ともCDを購入してしまいましたよ。終演後ももう1杯たのんで,1時間くらいのんびりと。でも,雪のおかげで最終の立川行き南武線が10分ほど遅れていて,かなり遅い帰宅となりました。

|

« 休肝日 | トップページ | 3日も家でゆっくりはしてられない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/40020130

この記事へのトラックバック一覧です: 本格的雪:

« 休肝日 | トップページ | 3日も家でゆっくりはしてられない »