« 2008年4月のライヴ予定 | トップページ | ライヴの後にレイトショー »

321の会

3月21日(金)
この日は「321の会」。といっても意味不明ですね。映画『Jenifa』をきっかけに好きになった脚本家,今井雅子さんのホームページで知り合った「岡山のTOM」さんが上京するのに合わせて,私とTOMさん,そして今井さんによる会合をTOMさんが企画してくれて,予定されたとおり,実行された。
TOMさんは昨年公開の『フラガール』に首っ丈で,今回3月20日の休日を利用して,『フラガール』の舞台だった,常磐ハワイアンセンターを訪れるのが主目的。名前どおり住んでいる岡山に帰る前に東京で一泊する夜,わたしたちと会うという,ハードなスケジュールだ。今井さんは小さなお子さんもいるということで,自宅からさほど遠くないところということで,私が選んだのが茗荷谷駅近くのアスカフェ。私も随分お世話になっているお店です。TOMさんと今井さんは6年前にお会いしたことがあるものの,私はお2人と初対面。せめてお店くらいは馴染みのくつろげる場所がよかったのだ。
ということで,詳細はTOMさんのレポートに任せることにして,初対面とは思えないほど穏やかで楽しいひと時でした。アスカフェで2時間半ほど過ごした後に,今井さんお勧めのイタリアンレストラン「タンタローバ」に移動。こちらでは今井さんにご馳走になってしまいました。お酒はあまり呑まないお2人なので,食べる方中心。最後にはデザートまでいただいておなか一杯です。
初対面の今井さんは思ったよりも美形。作品もカラフルで楽しいし,身に着けている洋服もオレンジを中心にビビッドな色使いで可愛らしい感じなんですが,声も意外に低く落ち着いた口調。でも,それが可愛らしい洋服の趣味と全然ギャップがないんですね。さすが,クリエイター。自分のことをよく分かってらっしゃる。でも,意外だったのが,今井さんが私に抱いていた外見的イメージがかなり実物とはかけ離れていたこと。まあ,ライヴ好きというところからきていたようですが,今井さん曰く「洋服は黒。前髪で顔が見えないような雰囲気」。まあ,「ライヴ」と表記すると通常はそんなイメージかと思いますが,私が聴く音楽まで分かってくれれば違っていたかもしれませんね。まあ,ともかくアスカフェも気に入ってくれたらしいし,ボチボチ今井作品をテレビや劇場できちんと観られる日も近いかもしれません。
まあ,ともかくこの日は出発点。これからも色々とお付き合いが続いていくことを願いましょう。

|

« 2008年4月のライヴ予定 | トップページ | ライヴの後にレイトショー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/40636646

この記事へのトラックバック一覧です: 321の会:

« 2008年4月のライヴ予定 | トップページ | ライヴの後にレイトショー »