« 何度目かの追悼上映会 | トップページ | 久し振りカラオケ »

今日は職場で日記作成

5月28日(水)

この日は恋人と映画を観る予定だったけど、mixiでこの日も表参道のCAYで毎月恒例の高鈴ライヴがあるということで予定変更。映画の前の予定では食事をするつもりだったから、ミュージックチャージ無料のこのライヴだったらいいかな。

青山CAY 高鈴
でも、時間も遅いし、料理も高めということで、お互い別々に軽く食べてからスパイラルホールで待ち合わせ。案内されたのはステージ向かって右側の席でしたが、またまた隣が例のおじさんになってしまいました。ワインのデキャンタがあったので、それを呑みながらおつまみ2品。この日はDJも入っていて、そのせいでお客さんの話し声もかなりヴォリュームアップ。といっても、ステージに近いフロアのお客はほとんどがライヴ目当てのお客だったようで、高鈴のお2人が登場すると暖かい拍手で迎えます。
1曲目は「卒業」。甘い青春物語であるこの曲で高稲さんは甘ったるい声で歌います。高鈴を初めて聴く恋人への第一印象が気になるところですが、2曲目に「リトル・ダンス」を持ってきてくれたので安心。恋人もかなり気に入ったようです。しかし、相変わらず後方のお客さんはヴォリュームたっぷりでおしゃべり中。それに対抗すべきかライヴ音もかなり大きいです。高稲さんは十分声量があるので、もう少しヴォリュームダウンで聴きたいところですが、この場では仕方がありませんね。この日もアンコールがあったものの、お客さんとの接触はなし。

ちょっと呑み足りないというので、またまたエチカ表参道へ。さすがに22時をすぎるとパン屋やケーキ屋は閉店。飲み物も程なくラストオーダー。しかし、この時間も働く女性で賑わっています。

5月29日(木)

新宿シネマート 『幻影師アイゼンハイム
久し振りにエドワード・ノートン主演作品。演技派と呼ばれることでここ数年はいい役どころといい演技が難しかったように思う。しかし、今回はなかなかはまり役。まだ公開したばかりなのでネタバレはやめておきますが、相手役の女優ジェシカ・ビールも良かったし、アイゼンハイムを追う警部に扮したポール・ジアマッティもなかなかです。ちょっと前に、スカーレット・ヨハンソンがチョイ役で出演した『プレステージ』と似た雰囲気ですが、全然本作のほうが良いですね。エドワード・ノートンの抑え目の演技もいいし、ストーリー展開もナカナカ。久し振りにすっきりするエンタテイメント映画です。
雨の中、講義をして中目黒へ。

中目黒楽屋
久し振りの楽屋。6月28日のハセガワミヤコさんと戸田和雅子さんとのイヴェントが迫っているせいか、最近戸田さんのライヴにハセガワミヤコファンの姿がちらほら。でも、お客さんの多くが橋本眞由己さんのお客さんだと思われる大人な雰囲気の店内。私はまたまたステージ向かって右側の一番前に案内されてしまいました。予約も程よい感じのようで、4人席に1人。講義で喉が渇いたのでビールに帯の焼きビーフン「パッタイ」を注文。これが美味しかったなあ。思わず、休憩時間にまたワインを呑む。
戸田和雅子:この日もオオニシユウスケさんをサポートに2人のステージ。この日はCDにまだなっていない曲を中心に、お話も少なめの集中したステージ。後で聞いたらまだ喉の調子が万全ではなかったようですが、かなり力のこもったステージで、またオオニシさんのギターの素晴らしいこと。うん、戸田さんさすがです。
橋本眞由己:さて、私ははじめましての橋本さん。以前leteで戸田さんと一緒にやった南谷朝子さんといい、私の許容範囲外の大人の女性シンガーと仲の良い戸田さんですが、この橋本さんも独特な雰囲気のあるシンガー。曲は全て自作で、ピアノの男性を伴奏に迎えたシンプルなステージでした。私などではとても評価できない独特さでしたね。最後には戸田さんとオオニシさんを迎えてのステージ。戸田さんの「霧雨」と橋本さんの曲を1曲ずつ。この最後の曲がなかなか素敵でした。
終演後はワインを持ったオオニシさんが私のテーブルに座り、怪しげなお客の話題で盛り上がる。この日も東京タワーライヴから戸田さんのことが気に入ったようで、先日のグラナダにも来ていたおじさんがきていて、私たち2人のところに加わり、怪しげな写真を見せながら意味不明な発言をして去っていきました。本当に世の中面白い人が多いです。以前はそういう人が少数派かと思いましたが、そうでもないですよね。あまりに多いので、私自身もそのうちの一人なんじゃないかと反省したり、苦笑したり。
戸田さんも終演直後に声を掛けてくれましたが「ひとまず、営業に行ってきます!」と物販コーナーへ。『water strings』発売からもう大分経過していますが、細々と売れ続けるものですね。オオニシさんが片付けに行ったので、私も帰ることに。帰り際に戸田さんとお話。以前戸田さんが出演した7th floorのイヴェントで、high bridgeこと高橋さんがDJで戸田さんのステージの直前に遠藤賢司の「寒い朝」をかけていて、それを戸田さんがとても気に入った様子だったのを覚えていて、その曲の入ったアルバム『オムライス』を貸してあげる。今頃家で楽しんでくれているだろうか。1980年代の名盤です。

|

« 何度目かの追悼上映会 | トップページ | 久し振りカラオケ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/41404440

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は職場で日記作成:

« 何度目かの追悼上映会 | トップページ | 久し振りカラオケ »