« 2日連続タワーレコード新宿店 | トップページ | フルートソロ! »

ライヴで怒る!

6月15日(日)

新宿テアトルタイムズスクエア 『山桜
この日もタワーレコード新宿店でのインストアライヴということで、午後から出かけて新宿で映画。久し振りに一人で過ごす日曜日です。選んだ映画は田中麗奈ちゃん観たさの時代劇。基本的には明るく元気が売りの麗奈ちゃんですから、時代劇は初出演だそうです。しかも、若くして嫁に出て、夫に先立たれて実家に戻り、再度嫁いだ先が金貸し親子家業でひどい環境。結果的に離婚し、その前に縁談の話があったものの、母一人子一人という家庭環境を理由に断ってしまった、東山紀之演じる男に惹かれていく、という麗奈ちゃんには似つかわしくない役どころ。でも、そこはさすが映画女優です。現代的な感覚ではちょっと無理がある設定ですが、江戸時代後期と思われるその時代には当たり前だったのかもしれませんね。しかも、単なる恋沙汰だけを取り上げるものではなく、百姓の貧しい暮らしなども描く、藤沢周平の原作。映像も無理のない歴史復元で違和感なく観ることができました。いやあ、やっぱりきちんと作られた時代劇はいいものです。

タワーレコード新宿店 おおはた雄一
前日は1時間前でかなりお客が集まっていましたが、こちらはゆる~い感じで良いですね。30分前くらいからボチボチリハーサルを始めてお客も集まり始める。私は今回は次の予定のことを考えて、サイン会の列ができる方の最前列をキープ。この日のおおはたさん、珍しく色落ちしていない、細身のジーンズで登場。髪の毛もかなり短くなっていました。選曲も先日発売されたカヴァーアルバムからがほとんどでかなり大人なステージです。やっぱりいいですね。そして、この日もワイゼンボーンを持っていったにもかかわらず、「座って演奏しちゃうと見えないよね」って結局いつものギブソンギターで最後の曲も演奏。ワイゼン君の出番はありませんでした。
結局、サイン会は一番乗り。こういう時のおおはたさん、けっこう緊張していますね。「お名前なんでしたっけ?」という問に答えるとようやく思い出したようで。でも、実はサインをもらうのはまだ2回目だし、なんかこういうシチュエーションでお話するのはお互いに慣れません。

渋谷emma lounge 渋谷オーガニック
さて、その後渋谷に移動。おおはたさんとも仲の良い扇谷一穂さんが出演するというイヴェントに行きました。お洒落なお店に入った途端、ちょっと嫌な予感がする。一般のお客さんとイヴェント主催者の関係者が半々くらいの雰囲気。18時オープンとしか書いていなかったけど、予約時に聞いたら、ライヴは19時くらいからということで、席も確保してもらっていたので、18時に少し遅れていくと、ステージ正面のいい席でしたが、私の背後にはテーブルのみのスタンディングスペース。DJが爆音でなかったのは救いでしたが、私の後方の雰囲気はまさにDJイヴェント。そこで食べた白身魚のフリッターは美味しかったけど、混雑していてなかなか私の手元に来なかったり。そして、予想通りというか、ライヴが始まったのは19:30。
club tea:あまり覚えていませんが、男性3人スリーピースバンド。まあ、私好みではありませんでしたが、ライヴ中も相変わらずやまないおしゃべりの雨の中(なかにはライヴの音に負けないほど声を張り上げて騒いでいる男女あり)、演奏を続けた彼らには拍手を送りたい。
扇谷一穂:この日はグッドラックヘイワのキーボーディスト野村卓史氏とのデュオ。扇谷さんもなにやら小さな木琴やら、左手で持つキーボードやらで面白い試みを始めているようです。扇谷さんの声はあの通り、時に消えてしまうようなウィスパーヴォイスが特徴ですから、この騒々しいなかで聴くのは本当に残念でした。後半にかけてすごい面白い感じで、まあ8月にも世田谷のものつくり学校でライヴがあるそうなので、楽しみにしましょう。でも、同じ82日はport of notesの代官山ライヴ第2弾とダブっているので、ちょっと気になる。時間的にどうなのかなあ。
このあと、airdropのライヴもありましたが、もうこれ以上いると怒りが爆発しそうなので、扇谷さんに一声掛けて、ここで帰ることにしました。それにしても史上最悪に近いイヴェントでしたね。思わず、帰ってからイヴェンターに抗議のメールを送ってしまいましたよ。

|

« 2日連続タワーレコード新宿店 | トップページ | フルートソロ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕が2月に同じ渋谷emma loungeで見た「渋谷オーガニック」にはFonogenicoやソングスープが出て、やはりというか30分くらい開場が遅れましたが、イベントとしてはまずまずでした。出演者だけでなく料理も特典のCDもよかった。僕が体験した最悪のイベントは18時開場が90分遅れ、開演も1時間以上押して始まった二階堂和美と七尾旅人、トクマルシューゴのイベント。許せないと思ったのは、最初に出た七尾旅人が40分か45分予定のところ1時間以上やって、最後のトクマルシューゴが始まったのは確か22時45分頃、イベント終了予定(22時)に関係なく、そろそろ終電が気になるというので終了したというもの。そんなこともあって、仕切りの悪い主催者以上に、僕はいまだ七尾旅人だけはダメですね。

そろそろ7月26日のナルセさん企画の発表でしょうか。同じ日に「公園通りクラシックス」での矢舟テツローイベント、「7th floor」で種ともこ&大木彩乃。そしてナルセさんも確実に行きたいであろう「表参道FAB」のSaigenji、高橋ちか、モダーン今夜!! などなど隅田川ほか幾つかの花火大会とともに、この日は土曜日らしく、行きたいイベントが多くて困ったものです。

投稿: TOPS | 2008年6月24日 (火) 16時01分

TOPSさん

726のFABイヴェント、知りませんでした。すごい組み合わせですね。そりゃ残念。しかも、私のイヴェントがZ・imagineですから、かなり近場で...
そうですね。今フライヤを作っています。昨日はオオニシユウスケさんのライヴに戸田さんと歩さんがサポートで入るということで、急遽行くことにして、フライヤ用のライヴ写真撮影をしました。
いやあ、その昨日のステージがなかなか素敵でしたよ。すっかり歩さん惚れ直しました。われながら素晴らしい出演者を呼べたなあと思います。フライヤは「ムニャ」で織り込んでもらう予定なので、楽しみにしてください。

投稿: ナルセ | 2008年6月24日 (火) 16時20分

「Z・imagine」は外苑前でしかも駅のそば、表参道は隣の駅だから大丈夫でしょう。これが同じ駅なら、ふらふらと「FAB」に寄ってしまったりして…。 いえいえ、もちろん参加します。フライヤーも楽しみにしています。

投稿: TOPS | 2008年6月24日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/41632996

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴで怒る!:

« 2日連続タワーレコード新宿店 | トップページ | フルートソロ! »