« 横浜-吉祥寺 | トップページ | 先週はライヴ・映画休みなし »

ガールズトーク

69

吉祥寺strings girls talk
girls talkというのは今回初めての組み合わせとなる,ピアニスト松下美千代さんとサックス・フルート奏者ヤマカミヒトミさんのデュオ。ここstringsでは,マスター井上さんの意向で1回きりの組み合わせでもユニット名をつけることが要求されるらしい。「girls talk」というのはスタンダード曲であるようですが,ヤマカミヒトミさんが好きなのかどうか分かりませんが,彼女が関わる女性のみのユニットでよく演奏される曲。LynnやCianさん。まあ,ともかくリハーサルなどで女性3人,4人が集まった時に,リハーサルそっちのけで花咲いてしまうおしゃべり。それを演奏でもやってしまおうという趣旨だが,ついにユニット名にもなってしまいました。
この2人はお互いに知り合う前に私はお2人と別々に親しくなっていたので,かなり嬉しいですね。最近,miggyさんと大橋エリさんもユニットを組んでいますが,そもそもmiggyさんはエリさん経由で知ったので,その組み合わせは必然のようなものですが。といっても,意外に近いところにいるので,ミュージシャンという次々とつながってしまう世界では2人が出会うのも驚くことではなく,実際にはCianさんのサポートミュージシャンとして出会ったようです。でも,2人きりのデュオをするとなると相当気が合わなくてはなりません。ということで、この2人はかなりいきなり気が合ってしまったようですね。
さて、この日は午後から雷を伴なうひどい雨。まあ、確かに家にこもっていれば、雨なんて関係なく快適に過ごせますが、そんな私ではありません。実際、小レポートの採点を控えている私にとっては家よりも外の方が集中してできるんですよね。ということで、家で軽く食事を済ませ、ちょっと早めにお店に行って採点するつもりで出かけると、開演20分前くらいで私一人。10分経って男女2人組み。開演時間の20時にはいつも美千代さんのライヴに来るおじさんを加えて4人。少し開演を遅らせても結局5人。そんな状態でステージは始まりました。かなり独占感が良いですね。スタンダード曲よりもお互いのオリジナル曲をってコンセプトのこの日のライヴ。まあ、hitmeさんの曲はhitme & miggyでアレンジ済みですから、ピアノと合わせるのはなんてことない。一方、そういえば美千代さんの曲でも、以前トリオのライヴにサックスの人がゲストで入ったこともあったので、それほど違和感はないかな。といいつつも、さすがに初デュオですから、ちょっとはじめの2曲くらいは息ピッタリというわけにはいきませんでしたね。でも、それぞれのソロを挟むことでだんだん2人とも調子が出てきます。その頃にはお客さんも徐々に増えてきていい感じ。久し振りにhitme & miggyで演奏していた曲なども聴けたり、それでいてやっぱりmiggyさんと美千代さんの演奏の違いを楽しんだり、やっぱり予想以上に素的なふたりです。ちなみに、この日はhitmeさんが随分髪の毛を短くしてきて、また肩を出してフィット感のあるワンピースでなかなかセクシー。一方の美千代さんはショートパンツにブーツで可愛い感じ。でも、生地の柄物感は2人とも似ています。2ndでは2人で鍵盤ハーモニカを吹く面白い場面があったり、最後の方にはなんとhitmeさんがピアノを弾いたり、なかなか貴重なライヴでした。
ちなみに、2ndでは遅れて私の恋人も聴きに来て、写真も撮影していました。美千代さんのホームページの「PHOTO」で3枚ほど見られます。でも、ちょっと残念だったことは、私の次に来たおじさんと若い女性の2人組。チョイ悪おやじを気取っているのか、はじめからその態度があまり好ましくなかったのですが、2ステージで1曲ずつリクエストしたりして。自分が聴きたい曲をやってくれると思っています。ちょっと、あなた店を間違えているんじゃない?という感じですが、真面目に対応しようとするhitmeさんはさすがだ。終演後、ちょっとおしゃべりをしていると、なんと2週間ほど前に誕生日を迎えた美千代さんのために、お店がスパークリングワインとケーキを用意していました。またまた、おこぼれにあずかってしまいました。

|

« 横浜-吉祥寺 | トップページ | 先週はライヴ・映画休みなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ガールズトーク」と聞いてピンとくるスタンダード曲は思い浮かびませんが、ホリー・コールで有名な「ガール・トーク」のことでしょうか。

6月13日は「赤坂グラフティ」で、ありましのさんのイベント「アリマシノセカイ」。今回はゲストがair plantsということで、楽しみにしていました。開演10分前に店に着くとまだ客の入りは20人ほど。以前ナルセさんが書かれていましたが、ありまさんのライブには早く来るお客さんは少なく、開演時間前後にぱらぱらと、という感じ。それでも最終的には40人くらいの動員でした。ライブの詳細はナルセさんに譲るとして、ゲストの出番も多く、またギターなしで歌うのが実に楽しそうなありまさんを見ているだけで、HAPPYなイベントでした。まだ、5回目ということですが、10回20回と、続けてもらいたいものです。small colorなどいかがでしょう。終演後、Fujisawa氏と情報交換をしたり、橋本歩さんやありましのさんと少し話をして帰路に。

14日の午後は「赤坂Bizタワー大会議室」日本文化デザイン会議のトークイベントに参加。しりあがり寿や西原理恵子の話はなかなか面白く、今回の会議の議長を務められている日比野克彦さんたちを交えての交流会もあって、お得なイベントでした。この日は曽我部昌史や小泉雅夫、「東京ゼロ円ハウス」の坂口恭平といった建築関係の人たちも出て、都市論なども聞けたのでナルセさんが参加しても面白かったと思いました。表参道に移動し、「FAB」のフラワーボイスVol.39へ。この日のSHUUBIは雨の曲を選定したのですが、なかなか大人な印象です。いい恋をしているのでしょうか。池田綾子もすごくよくて、声のオーラに圧倒され、何度となく震えが来ました。いい仕事をしています。当然のように終演は22時を回っていました、次回は拝号メイコ参加との話。

15日は決まった予定はなく、渋谷のtico moonと亀戸の辻香織のフリーライブをハシゴすることにして、昼過ぎに外出。副都心線開通の渋谷駅地下は、大変な混みようです。tico moon出演のイベント会場がよく分からず、少し時間も過ぎていたので、WINSへ移動。馬券を買わずに競馬中継を見ていたら、そういうときには予想が当たるもの。駅に戻り、新橋経由で亀戸へ。亀戸サンストリートの特設ステージではかなりの頻度でイベントをやっているようですが、ここに来たのは3度目。17時半開演と聞いていたので、17時を少し過ぎて会場に行くと、何と演奏が聞こえはじめました。予定が30分早くなったらしく、早めに来ていて正解でした。30分弱の短いステージでしたが、久しぶりの辻香織は元気そうで、夏女の面目躍如。終演後サポートの小宮山さんと話をましたが、礼儀正しい体育会系で、なかなかのナイスガイです。

投稿: TOPS | 2008年6月16日 (月) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/41550581

この記事へのトラックバック一覧です: ガールズトーク:

« 横浜-吉祥寺 | トップページ | 先週はライヴ・映画休みなし »