« また舞台挨拶 | トップページ | 38歳になりました »

長い日記を書く時間がなかなか取れない

7月13日(日)

この日は恋人と都電荒川線の1日乗車券を買って,写真を撮影しながらいろんなところを散策。巣鴨のとげぬき地蔵商店街や飛鳥山公園,あらかわ遊園では子どもだましの観覧車など乗ったり。最後には早稲田大学まで行って,早稲田大学の地ビールを飲みました。赤坂で軽く夕食を一緒して,私はライヴへ。

赤坂BLITZ 竹仲絵里
新装オープンから初めて来た赤坂BLITZ。まあ,新装っていっても建物から全く違うので,新しいライヴハウスですね。スタンディングも多いと思いますが,この日は指定席で椅子席のみ。1階のかなり後ろの方ですが,ど真ん中です。かなり遠いですが,前回のduoよりはステージ全体が見渡せていいです。でも,真正面すぎて前の人の頭がちょうど絵里ちゃんを遮るんだよな。まあ,幸い背のあまり大きな人ではなかったので,右に寄ったり左に寄ったりしながらでした。特にバンド編成のこの日はヴァイオリンの岡村美央さんが絵里さんの右側にいたので,その辺に焦点を合わせつつ。それにしても,美央さんは自分のホームページを持っていないので,出演ライヴが分からなくて困ります。まあ,ヴァイオリニストは皆さん素敵なんだけど,やはりそんなところも含めて美央さんは謎めいていて好きだ。もちろん,外見も演奏も。
いやあ,それにしても素晴らしいライヴだった。やっぱり竹仲絵里は最近かなり好きだな。もうバンド編成で聴く「ガーベラ」は最高。一人で座席で悶絶していました(笑)。なかなか立つタイミングをうまく計れないお客さんを気遣ってか,自らスタンディングを無理なく誘導するあたりもにくいです。ともかく,今後もワンマンライヴは欠かさないようにと思うシンガーです。

7月15日(火)

渋谷アミューズCQN 『歩いても 歩いても
『誰も知らない』の是枝監督の最新作。阿部 寛が主演。奥さん役は子連れ再婚という設定の夏川結衣。妹はYOUで旦那さんが男闘呼組の高橋和也で2人の子どもがいる設定。この2組の家族が,長男の命日に実家に集まる1日の物語。父親が引退した医者役で原田芳雄,母親が樹木希林。まあ,なんてことのない日常を描いた作品で,私自身の家族のある方ともごく普通に重なっていて,特別に共感するというよりさらっと受け止めてしまった。
しかし,一緒に観た恋人は『誰も知らない』にも通じる是枝監督独自の世界観をしっかり感じ取ったようだった。確かに,家族に対する愛情とある意味での憎しみというのは,それらをストレートで分かりやすく描く多くの映画よりもリアルに描き出していると思う。結局,親って子どもにとっては自分の人生の長さだけ関わっている(もちろん先立たれた場合や,何年も音信不通の場合は例外だが)し,親にとっては子どもなんてまだ形を成していないときからの付き合いだ。だからお互い分かった気になっているけど,実は肝心の大人になる成長期に関わりが浅くなったりして,分かっていなかったりする。しかし,そこからはお互いに照れなどもあってきちんとした会話をしなくなってしまう。そのうち親元を離れ、会うのが年に数回になってしまうと、あっというまに月日は流れ、親はどんどん年老いていき、きちんとコミュニケーションをとる機会を得ないうちに亡くしてしまう。まあ、そんなものかもしれません。かといって、必ずしも多くを語ることが最善のコミュニケーションとは限りませんからね。本作はなにかを訴えたり嘆いたりしているわけではないと思います。

渋谷で夕食をとろうとウロウロしていると、井の頭線の駅下でなにやらフリーライヴが始まる様子。なんと、庄野真代さんでしたよ。ああ、ビックリ。「中央フリーウェイ」などを歌って、定番「飛んでイスタンブール」も間近で聴けてなんだかお徳。そして私は一人でライヴ。

下北沢lete tico moon
この日はtico moon結成日(初めてライヴをした日だそうです。)ということで、ここ数年はleteでのライヴを恒例にしているとのこと。満員御礼のleteでした。私はカウンター席に座っていたんですが、きちんと席が埋まるとあまりにも狭いので、皆が避けていた最前列に移動。やっぱりここが一番ゆったりするかも。しかし、やはりかれらのライヴはあまりに気持ち良くてウトウト。ゴメンナサイねお2人さん。もちろん、きちんと聴いているんですよ~。お客さんも穏やかで本当にアットホームなライヴ。この日は事前に買っていた新譜の歌詞カードを持ってきていたので、初めてサインをいただく。控えめなお2人らしいサインでした。

|

« また舞台挨拶 | トップページ | 38歳になりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Blizの竹仲絵里は素晴らしいパフォーマンスでしたね。ただ、新しいファンが多いこともあって、お客さんが追いついていないというか、反応がいまひとつの感もありました。このあと彼女がどんな方向に進んでいくのか、楽しみです。個人的には畠山美由紀さんのように、大きなホールから小さなライブハウスまでフットワークよく、色々なところに顔を出すようになって欲しい。

18日は渋谷「7th floor」で芙咲由美恵のワンマン。いろいろな組み合わせの演奏は悪くないし、今のバンドは彼女にとってやりやすいメンバーなんでしょうが、彼女の魅力を引き出してくれそうなシンプルで強力なサポート隊で聞いてみたいと思いました。
19日は祖師ヶ谷大蔵「ムリウイ」で戸田和雅子とvice versa。開演予定の19時に店に着くと、10名ほどの先客の中にハセガワミヤコとvivi。通ちゃんと目があったので、会釈を交わす。ほどなく川合鉄平氏もその二人のテーブルに加わり、テラス席も含めてにぎやかな中で、ジョイントライブが行われました。投げ銭ライブならではの良さなんでしょうね、「楽屋」あたりでありそうな組み合わせですが、「ムリウイ」でのんびり聞くのもいいものです。帰りに戸田さんとナルセ企画の話でもしようと思ったのですが、都ちゃんたちと話し込んでいる様子でそのまま帰路に。
20日は秋山羊子のワンマンを予定していたのが、会社関係で不幸があってPASS。
21日、「日比谷野音」でエゴラッピン。お祭り気分満点というか、野外イベントに合う人というか、「みんな飲んでる~?」「お酒足りてる~?」って何度も聞いてくる中納良江は、自分も楽しんでお客を乗せる典型と思います。

投稿: TOPS | 2008年7月23日 (水) 17時50分

なんか、字が小さくなった気がしますが...老眼かしら..

投稿: 爽健美茶 | 2008年7月23日 (水) 22時47分

>TOPSさん
竹仲絵里ちゃんのライヴ,TOPSさんはどの辺にいたんでしょうね。終演後,ドリンクを飲んでいたら,物販の方に急ぐTOPSさんの姿をチラッと見ましたが。
あームリウイ,私も行きたかった。それにしても戸田さん今月は精力的ですね。北海道の土産話なんで聞けたのでしょうか?
明日はリハーサルです。

>爽健美茶ん
ゴメン,設定間違えました。

投稿: ナルセ | 2008年7月23日 (水) 23時16分

竹仲絵里のライブの日は昼過ぎからずっと赤坂サカス(BlitzとなりのBizタワー)にいて、日比野克彦さん座長の座談会や懇親パーティに出、ちょうど18時に入りました。僕がいたのは左側のブロックの中央通路の最後列の席「L-8」で、となりも後ろもいなくて見やすかったです。http://www.tbs.co.jp/blitz/a_floor2.html
ナルセさんは「J-14」あたりでしょうか。案外、近くですね。ライブ終了後にFujisawaさんに会いました(僕と同じく「歌種」をPASSしてきたクチ)が、ナルセさんは見かけませんでした。

「ムリウイ」も良かったです。戸田さんが45分くらい、vice versaはアンコールを入れて1時間ちょっとと、たっぷり楽しめました。お互いのステージでの絡みも多く、コーラスが得意な戸田さんはvice versaのオリジナルやカバーでソロも聞かせてくれたし、満足度の高いライブでした。戸田さんは雨女ではないそうですが、今回の北海道では雨に祟られたなんてMCがありました。客席にいた都&viviの二人、よく飲み、よく食べ、よくしゃべります。都ちゃん、ビールを3本空けてからまだオーダーしていました。あの体型を維持するにはけっこう努力しているんでしょう。

投稿: TOPS | 2008年7月24日 (木) 13時09分

>TOPSさん
私,「L-13」です。意外と近かったんですね。

投稿: ナルセ | 2008年7月25日 (金) 02時03分

竹仲絵里は同じ列の5番違いでしたか。僕はぎりぎりの時間に入ったこともあって、気づかなかったのでしょうが、真横って見つけ難いのかも知れません。僕は新装「Blitz」は3回目でしたが、熊木杏里も中山うりも椅子ありでした。(ちなみにその2回ともにドリンクなしでした)クアトロあたりで客数600人というと椅子はほとんど出させないので、それぐらいの動員には見る方にもいいハコですね。

さあ、いよいよ明日。楽しみです。

投稿: TOPS | 2008年7月25日 (金) 18時48分

「東京生音生活」も無事終了、良い誕生日を迎えられたことでしょう。当方イベントも、そのあとも楽しませていただきました。ケーキもごちそうさまでした。珍しくカウンターの最前列に座りましたが、耳と目で楽しむにはかぶりつきにいたい組み合わせでした。去年が出演者4組の「幕の内弁当」なら、今年は「シェフのおまかせ料理」といった趣向でしょうか。橋本歩さんが入っていて、つまらないライブになる心配はありませんが、盛りだくさんのライブ、こちらに来て正解でした。

それにしても、これから1年間海外で暮らそうというのに、まだ仕事はめいっぱいで、出発の準備もまだまだといった歩さん。まあ、歩さんらしいというと、そうなんですけどね。

8月の予定は今のところ10本ちょっとです。楽しみにしていた水戸での辻香織は仕事が入ってしまいました。ナルセさんとかぶるのは、Port of Notesとハシモトハシモトくらいでしょうか。今月は行けなかったライブもあったし、Bopana活動休止のNEWSなど寂しい話しもありましたが、行けたライブには良いライブが多かったように思います。これから「プラッサオンゼ」でのライブが多くなりそうです。9月5日、Bohanaのファイナル以前に、比屋定篤子、Saigenji、松田美緒、犬塚彩子などなど魅力あるラインアップ。ナルセさんにはcasaやコーコーヤあたり。

投稿: TOPS | 2008年7月28日 (月) 16時16分

>TOPSさん
新しい更新のないなか,早速726の書き込みありがとうございます。いやあ,われながら素晴らしいイヴェントになりました。TOPSさんも一緒に写った写真は別途メールでお送りします。
8月のライヴ予定は私もちょっと決めかねていて,インストアを除けばまだ10本程度ですね。

投稿: ナルセ | 2008年7月28日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/41946705

この記事へのトラックバック一覧です: 長い日記を書く時間がなかなか取れない:

« また舞台挨拶 | トップページ | 38歳になりました »