« 8月のライヴ予定 | トップページ | 海は疲れる »

会社は涼しい

7月18日(金)

最近,ますます複数の出演者が出るイヴェントで,1組目当てでは行けなくなってしまった私。でも,最近ariさんのライヴに行けていなくて行きたいなあと思っていたのですが,この日は対バンがありましので,しかも3組のみってのが嬉しくて行くことができました。サカウエ君の分も一緒に予約をして,久し振りのSACT!。

新宿SACT!
駅前で軽くおにぎり食べてから私1人で先に入場。後方の観やすい席は先にとられていたので,下の真ん中の2人席へ。この日は予約が少なかったのでしょうか。多少椅子を間引いて,かなりゆったりとした配置。瓶で提供されるエビス黒を呑みながらレポート採点でもしようかと思ったら早速サカウエ君がやってきたので,ウダウダとしゃべりながら開演を待ちます。
via.:こちらははじめましてのキーボード弾き語りの女性シンガー。甘ったるい声で歌う人で,個人的には好みではありませんが,楽曲はナカナカ面白いかもしれない。そして,MCも自然体ではなくけっこう受けを狙った感じ。もちろん,フロアにもコアなファンがいましたが,一定のファンは獲得しているような個性のあるシンガーでした。
ありましの:この日もかわのみちおさんとのステージでしたが,この日のありまさんはナカナカすごかった。気合も声量も抜群で,このSACT!ではちょっともったいないくらいといったらちょっと失礼だな。ともかく,いい感じでこの室内空間を埋め尽くすありまさんの歌声でした。数年前まではMCもちょっと空回りな感じがありましたが,今はとてもいい感じです。
ari:さて,トリがariさんでした。この日はサックス奏者のサポートを入れ,曲によってはトラックを用いての演奏。ひさしぶりに聴く伸びやかなariさんの歌声に酔いしれつつ,でもちょっとトラックはもう少し控えめの方がいいなあなんて思ったり(本当はなくていいと思う),そして,このサックスのなかなかロマンティックで良いこと。それにしても,ariさんはサポートミュージシャンを見つけてくるのが上手いというかなんというか。とにかく,3組でちょうど良い感じでまとまったイヴェントでした。
この日はcanappecoのcanaちゃんも遊びに来ていて,終演後も和やかな感じでいろんな人とお話をして,心地良くサカウエ君と同じ最寄り駅まで帰ってきたのです。

7月19日(土)

もう10日近く前のことでよく覚えていません。午前中何をしていたのか?ともかく,『百万円と苦虫女』を公開初日に観ることになりました。でも,1回目と2回目は既に完売だった舞台挨拶だったので,私たちが観たのは3回目。それも早めに受付したものの,満席でした。

渋谷シネセゾン 『百万円と苦虫女
『文化住宅の初子』の時はしっとりと単館上映だったタナダユキ監督。『さくらん』の脚本で徐々に名前は知れ渡るようになって,今回はなんと蒼井 優ちゃんを主演に迎えての,でもなかりマニアックなストーリーです。「苦虫女」というのはこれって感じでは出てこないのですが,要は主人公が人を信頼したり,笑顔で楽しい時間を過ごしたりってことがあまりないということの表現だと思います。いろんなことがあり,自宅にいずらくなり,百万円貯金したら家を出るというのがきっかけ。海の家で働いても,果樹園で桃もぎとして働いても,まああれだけ可愛いのですから当然ですが,一定の人気を獲得してしまいます。そんな感じで徐々にその社会に馴染んでいくのが嫌で,また百万円貯まったら別の町へと旅立ってしまうということの繰り返し。でも,それだけでは盛り上がりに欠けますので,最後の町ではちょっとした色恋沙汰があります。その相手は森山未來君。意外にも初顔合わせとのこと。でも、なんとなく蒼井 優ちゃんに恋愛的なことは似合わないなあ、なんて思ったりして。そして、いい展開ではあるんだけど、ちょっと先が読めてしまうところも残念。弟とのやり取りが一番の見所かな。もうちょっと何かを求めてしまいたくなりますが、『文化住宅の初子』と通ずるところがあって、この辺りがタナダユキの魅力なのかもしれません。次回はどんなキャストでくることやら。

ここからは一人で下北沢へ。

下北沢mona records
アンコールアワーズという男2人のバンドのイヴェントだったらしい。彼らが好きな女性シンガーを集めたという企画。
はせがわかおり:大阪からやってきたというかなり若い感じの一人ギター弾き語り。少年っぽい感じのする、若さが真っ直ぐに表に出していて気持ちのよい歌声です。
松倉如子:確か、TOPSさんが何度か紹介してくれていたと思いますが、私は初めて。かなり年配の男性ギタリストと2人のステージ。MCは子どもっぽく舌っ足らずだが、言葉使いなどは古風な女性。歌声もかなりエキセントリックです。いいですね、面白いです。
岩﨑 愛:そして、愛ちゃん。こんな進行だと、随分大人っぽく、スタンダードに見えます。こちらもこの日は一人ギター弾き語り。でも、先日のduoとは違い、CD収録曲よりも新曲を優先して演奏していました。これがなかなかいい感じ。彼女もヴィクターのレーベルに移っていますが、曲作りはこれまでどおり。まあ、彼女は起用には立ち居振舞えない性質でしょうから、これまでどおり活動していくんでしょう。
会場がかなり混雑していたのと、私は座敷に座っていましたが、例年通り殺人的なエアコンの効き方で、最後の主催者アンコールアワーズの演奏は全く聴かず、愛ちゃんにも挨拶せず、帰宅。あのエアコンの効きはどうにかならんものか。

|

« 8月のライヴ予定 | トップページ | 海は疲れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>もう10日近く前のことでよく覚えていません。午前中何をしていたのか?

キャッチボールではなかったっけ?

投稿: 爽健美茶 | 2008年7月29日 (火) 13時06分

おんな高田渡二世とも噂の吉祥寺の歌姫、松倉如子。ついに聞きましたか。僕が知っているアーティストには他の誰にも似ていない独特のスタイルですが、けっこう気になっている存在です。バックでギターを弾いていたのは、きっと仙人のような風貌のおじさんのはず。渡辺勝さんといって「はっぴいえんど」と並ぶ日本語ロックのバンドと言われることもある「はちみつぱい」にも所属していたマルチプレーヤーで、ギターだけでなくピアノも弾きます。
渡辺さんの歌もまた、朴訥なフォークソングだったり、古いカントリーっぽさが魅力です。ところで、「はちみつぱい」を解散した鈴木慶一さんがつくったバンドが今でもある「ムーンライダーズ」というのはご存知でしょうか。周辺には高田渡さん、中川五郎さんなどなど、このあたりの人間関係は今でも日本の音楽界に脈々と続いているので、それこそナルセさんが「都市と音楽」をからめた研究テーマにしないかなと思います。

投稿: TOPS | 2008年7月29日 (火) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42002786

この記事へのトラックバック一覧です: 会社は涼しい:

« 8月のライヴ予定 | トップページ | 海は疲れる »