« メジャーアーティストは撮影禁止 | トップページ | また舞台挨拶 »

焼酎ナイト

7月10日(木)

銀座テアトルシネマ 『アウェイ・フロム・ハー:君を想う
講義の前に恋人と映画。この作品は随分前から観たいと思っていたが、ようやくタイミングがあって、講義前に時間のゆとりがあまりないが、観ることにした。本作品の監督はなんと、まだ若い女優のサラ・ポーリー。彼女は以前からアトム・エゴヤン監督作品によく出演していたが、製作総指揮という形でエゴヤン氏の助けを借りながら長編を監督しました。まあ、出演作がいつも人の痛みを描く作品なので、本作もちょっと重たい感じです。主人公は初老の夫婦。奥さんの方が若くしてアルツハイマーの兆候を示し、自ら志願して施設に入所して治療することになる。すぐに旦那のことを忘れてしまうという展開ではないが、その施設に入所している別の男性と親しくなってしまい、そのさまざまな葛藤を描く作品。ここで問題となるのは記憶です。これは決してアルツハイマーを発症して記憶を失っていく奥さんだけの問題ではない。全ての出来事を記憶している人間などいるはずないのだから、人間一人一人、何を記憶し、何をしてないのか、記憶していることをどう解釈しているのか。ここでは夫婦の間の問題だが、複数の人間同士の記憶の共有は記憶障害という病気を介さなくてもいつでも問題なのではないか、ということを考えさせられる。
人間についてじっくりとみつめさせる、いい作品ですね。

講義後、この日はライヴの予定はないので、再度恋人と合流してわが家でパーティ。近所に住む友人のサカウエ君も呼んで、3人で。彼の家には最近処分したといっても恐らく数十本の焼酎の一升瓶がある。なので、本当は彼のうちに遊びに行って利き酒ということを考えていたのだが、なかなか折り合いがつかないので、わが家にいくつかお酒を持ってきてもらうことにした。わが家では恋人が台湾に行った時にお土産で買ってきたいくつかの食材をつまみに用意して。まあ、この日は度を越すことなく気持ち良い感じで呑んでしゃべってお開き。

7月11日(金)
銀座スターバックスマロニエ通り店 BE THE VOICE
この日も特に予定を入れていなかったのだが、前日にヤマカミヒトミさんのblogで、彼女がBE THE VOICEのライヴサポートをするというので、しかもフリーライヴということで行くことにした。恋人も講義が思いの外早く終わったということで、次の予定まで少し付き合ってくれた。
フリーライヴの場所はなんとスターバックス店内。銀座のマロニエ通り店の2階。ここはCDの視聴機やちょっとした展示ができるスペースなどもあって、当初からこうした簡素なスタイルのライヴならできるような空間になっている。私が開演5分前に到着すると、ステージ前の座席は大分埋まっていて、恋人が取ってくれていた席に座ってクッキーを食べながらコーヒーを飲む。ライヴ前に店内でかかっていたのは,なんとLynnの発売前のCD。翌日はそのお披露目ライヴがあって,そこで先行発売される予定。でも,本発売は7月16日から8月上旬にずれこんでしまったんですよね。ちなみに,LynnとはヤマカミヒトミさんとBE THE VOICEの和田純子さんに加え,永山マキさんと宮嶋みぎわさんによる女性4人ユニット。活動開始当時から知っているのですが、オリジナル曲はなかなかできず、ライヴといえばカヴァー曲や、BE THE VOICEの曲、永山マキさんの曲を歌う感じだったのですが、なんとそんな選曲でhappiness recordsからCDを出しちゃうんですからけっこう驚き。でも、こうして音を聴くとやっぱり納得ですね。皆さん芸達者です。
さて、BE THE VOICEのライヴですが、この日はなにやら店内の展示も含めたイヴェントの一環のようで、店員さんの一人が司会を務め、かなり長めのトーク。こういうイヴェント、最近はお決まりのようにエコと関連付けようというのが気持ち悪いです。まあ、ともかくBE THE VOICEのライヴは江ノ島以来。なかなかお金を払って聴く機会がありませんが、この日も2ステージでけっこうたっぷり聴けました。やはりhitmeさんとの息もピッタリですね。お客さんも大半はBE THE VOICE目当てということで来たようで、いい感じです。そして女性率多い。恋人は2ndセットの途中で次の予定のために抜けてしまったので、私も終演後はゆっくりせずに、3人に挨拶もせずに帰って夕食を自炊しましたとさ。

|

« メジャーアーティストは撮影禁止 | トップページ | また舞台挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/41892381

この記事へのトラックバック一覧です: 焼酎ナイト:

« メジャーアーティストは撮影禁止 | トップページ | また舞台挨拶 »