« 映画-展示-写真-ライヴ | トップページ | 恋の形而上学 »

七夕キャンドルナイト

7月7日(月)

川崎ラ・チッタ・デッラ おお雨
「おお雨」とはおおはた雄一さんと坂本美雨さんのユニット。以前からこの2人でのライヴはよくやっていましたが、最近ユニット名を決めたようです。数日前に友人のミトメさんに教えてもらって行くことにした。この日は七夕なので、何かスペシャルなイヴェントがあることを期待して予定を入れずにいましたが、こんな無料のイヴェントになりました。この日は例年の七夕どおりにはっきりしない天気。数日前まではしっかりと雨の予報で、このイヴェントは屋外だったので、そして、ユニット名がこんなんですから、中止覚悟でしたが、なんとか降らずにもちました。ミトメさんは来れるか分からないし、来れたとしてもギリギリだということで、私は一人で噴水広場の階段に座って待ちます。
このイヴェントはキャンドルナイトの一環らしく、司会者付き、また20時からは近くの照明を落としたり、また川崎市長まで登場するようなものでした。美雨さんの曲を中心に、カヴァー曲や、おおはたさんの曲も織り交ぜてのステージ。予想以上にたくさん聴けました。私は今月23日に浜離宮朝日ホールでの坂本美雨コンサートに行く予定ですが、まだまえのアルバムを持っていなかったりして、終演後にサイン会もあったので、そこで購入。「唄えるくらいに聴き込んできてくださいね」と声を掛けられ、また強く握手をしてくれました。
ちなみに,この日はやはり一応撮影禁止だったのですが,司会者がそれをいうのが遅かったために,私も申し訳ないなあと思いながら何枚か撮影してしまいました。

20080704_005 20080704_009
さて,ライヴが終了してからミトメさんに発見され,すぐ近くのお店で軽く食事(彼女はドリンクのみ)。同じくチッタに入っているこのお店は以前から中がよくわかっていなかったのですが,半分はワインを販売しているお店のようで,店内で試飲もできる。そして,半分はワインはもちろんのこと,ソフトドリンクと軽食が食べられるようになっていて,カレーやパスタなど,私は穴子茶漬けをいただきました。800円なり。ワインはさすがに500円でなかなか美味しかった。遠くに住むミトメさんは早めに帰宅するので,私はレイトショーでも観ようかと,映画館に移動。

川崎TOHOシネマズ 『奇蹟のシンフォニー
最近の名子役,フレディ・ハイモア主演作。本当に最近出演作が続きます。それにしても,数年前の子役といえば,『シックス・センス』のハーレイ・ジョエル・オスメントですが,やはりアメリカ映画の名子役が辿る道を歩んでいるようで大変だ。フレディ君は大丈夫だろうか。まあ,そんなに期待していなかった作品だけど,とあるネットのニュースで,『ウェイトレス』のケリー・ラッセルが「美しすぎてこれまで注目されなかったが,本作でその魅力を発揮した」などと書かれていて,ちょっと期待して観てしまった。うーん,でも作品自体は当たり障りのない感じかな。ロビン・ウィリアムスが出てきた時に,これは面白い展開になるかもと思ったけど,意外に大したことのない役だった。でも,その不自然すぎる奇蹟にも涙してしまいましたよ。

|

« 映画-展示-写真-ライヴ | トップページ | 恋の形而上学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前にこのイヴェントのこと教えたら、「私は浜離宮に美雨ちゃん観に行きますからこれには行きません」って言ってたのに・・・私の話ろくに聞いてないんですね。

投稿: みう | 2008年7月14日 (月) 22時11分

>みうさん
やっぱり?
悪気はないんだけど,最近たまにしか会わなくて,会った時にいろいろ聞くから,片っ端から忘れちゃうんだよね。自分の1週間先のスケジュールすら覚えてないんだから,口頭でいわれても覚えてられないんです。
ゴメンネ。まあ,冒頭に書いたように,この日は他にも魅力的なイヴェントがないか期待してたんだよね。

投稿: ナルセ | 2008年7月14日 (月) 22時18分

おおはた雄一さんも相変わらず精力的ですね。今日、明日と「440」の2daysの後も、西日本ツアーとか。パルコ劇場のワンマンまで充電モードだったはずが、じっとしていられないのでしょうか。

七夕の7月7日は、夏至に続いてキャンドルナイトのイベントが各地で行われたようで、ライブもいくつかチェックしていましたが、僕はキッチンや辻香織が出演するということで「ビッグフッシュ」というイベントに行きました。メンツから見てハイブリッジの高橋さん企画かと思ったら、違っていたようです。最初に出た豪州からの帰国子女、21歳になったばかりという斉藤花が良かった。歩きながら登場したときは、NUUちゃん! と思ったくらい歌声や雰囲気が似ていた(鍵盤ハーモニカのヤンシーさんとの組み合わせが、NUU&夏秋文彦)のですが、持っている世界観は安藤裕子や湯川潮音に近いものを感じました。ねいやんや潮音ちゃんほどのアクというか、とんがった個性は感じませんが、ナルセさん好みかも。

投稿: TOPS | 2008年7月15日 (火) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/41835398

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕キャンドルナイト:

« 映画-展示-写真-ライヴ | トップページ | 恋の形而上学 »