« バーガー屋でライヴ | トップページ | 休みを入れ替えて、昼間のジャズ »

貴重、HARCOギター弾き語り

8月21日(木)

この日も夕立。新高円寺の駅を降りると土砂降りでした。ちょっと早かったけど、地下にあるライヴハウスの階段で開場を待つことにする。

高円寺CLUB LINER
整理番号は2番だったので、1番に会場に入る。久し振りのスタンディング。途中の新宿駅でおにぎりの軽い夕食を済ませてきたので、生ビールで食後の食道をすっきりさせようと思ったが、気のせいだとは思うが、このビールがなんとなく便所臭い。このCLUB LINERというお店、ミュージシャンが経営しているらしい。この日のイヴェントの企画者はマスザワヒロユキ氏らしいが、彼もこのお店=会社の社員とのこと。ミュージシャンが演奏しやすい空間作りをしているのかどうかは分からず、ごく普通のライヴハウス。
HARCO:なので、この日は2マンライヴだが、HARCOが先鋒。すっかり伸びていた髪がカットされていました。しかし、短くなるのではなく、前髪を長いまま残し、どう表現したらよいのか難しいがちょっと斬新なスタイルに。知人の靴職人に作ってもらったという自慢の靴も履きすぎているのか、右足のつま先の靴底が少しはがれてきている。まあ、そんなことはどうでもよいが、この日のHARCOは妙にリラックスしているように思います。ゆる~い感じでよくしゃべる。初めて演奏するお店ではありますが、1対1のツーマンライヴで、しかも招待された形なので気が楽なのかもしれない。「カーブミラー」と「ナズナの茶漬け」というライヴで馴染みの曲を軽く演奏した後で、ライヴでは初披露だという新曲「ペンを置いたって(仮)」。これが穏やかでありながらけっこう難しい名曲。今後の曲作りの方向性に期待させる1曲ですね。
さて、ここでステージ右側に位置していた電子ピアノから、右側にセッティングしてあったギターに移動。マスザワ氏のかと思ったらHARCOのだったんですね。一人では初というギターによる弾き語り。「夏ですねえ、プールに行きましたか」という振りから「プール」を演奏し、続いてやはりギターといえばこの曲。「アパート」です。MCで自身も話していましたが、やはり昔の曲は「いやらしいこと妄想系」という感じの歌詞が多く、なんとも面白い。そして、ギター弾き語りの最後は「人」。アルバム『HARCO』に収録された曲で、私も多分ライヴで聴くのは初めて。この曲は佐野元春の「クリスマス・タイム・イン・ブルー」と同じように、さまざまな人の種類を挙げていくという歌詞。そこを「高円寺の人」などとその場で内容を換えていくサービスぶり。いいですねえ、ギター弾き語り。本人曰く、「昔はけっこうギターで曲作りもしていて、ピアノ弾き語りでは演奏しにくい曲もある。最近はピアノが面白くなって曲作りはほとんどピアノでやっている」とのこと。ちなみに、この日は私は右側の最前列にいたのですが、そこから見渡す限り、お客は全員女性。どうやら後方に男性の姿も何人かあったようですが、私の推測ではけっこうマスザワ氏を目当てにきた客が多かったようです。そういう場ではHARCOはけっこうリラックスしてはしゃいだりするんですよね。なかなか貴重なステージでした。あ、まだ終わってませんね。再びピアノに戻り、「文房具の音」「世界でいちばん頑張っている君に」と定番曲から、ラストはオリンピック開催中ということで、特に女性アスリートに向けて唄う「夏のヒーロー」でしめる。
マスザワヒロユキ:ガールハントなど、いくつかのバンドで活躍するというマスザワヒロユキ。私は初めてです。彼はギター弾き語り。なにやら数日前に下北沢の駅の階段から落ちたそうで、左足の靭帯を痛め、ギプスをつけての登場。1曲目を聴いた限りではけっこういい感じでしたが、盛り上がってテンポの良い曲になるほどやはりスタンディングが似合う感じで、私好みではなくなってきました。しかも、HARCOが9曲だったのに、前半のおしゃべりも多かったのに、後半は次々と歌い続け、12曲あまりを演奏。おしゃべりも、しゃべりたいという気持ちが先に出て、「あのー」ばかり繰り返し、論理的な話し方ではない。まあ、面白いけどね。
最後にアンコールではHARCOも登場し、「Night Hike」を2人で演奏。CD購入者にはサインだけではなく、希望者には「抱擁」もします!というHARCOでしたが、私は大人しくそのまま帰宅することにしました。

|

« バーガー屋でライヴ | トップページ | 休みを入れ替えて、昼間のジャズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいなーー行きたかったなーー
セトリいいっすねーー

アパート。。。
ちょうどこのライブの前日にいきなりききたくなってCD聴いてたところだったのに。。。
悔しいーーーーーー(笑)

アパートはギターを弾く青木くんの膝の動きがいつも気になる(笑)

あたらしい曲、どんなのだろう??
カーブミラーとかみたいのがいいなーー言葉の字数とリズムと詩の具合(描写)があの辺の曲が一番好きだったからなーー

タワレコではちらり会えてよかったですーー
またどこかで遭遇できたらよいですねーー
あーー12日行きたかった。。。。

投稿: なほつん | 2008年8月25日 (月) 13時24分

>なほつん
書き込みありがとう。
膝の動き!さすがにそこまではチェックしてませんでした。
でも,私が知る限りでも,けっこう座ってギターを演奏する人で,なにやら足を持て余して怪しい動きをする人は多いです。
新曲は,なにやらスゴイ落ち着いていて,大人な感じです。

ともかく,なほつんがHARCOライヴにまた行きたくなっているようで,安心しました。また会いましょ。

投稿: ナルセ | 2008年8月26日 (火) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42266343

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重、HARCOギター弾き語り:

« バーガー屋でライヴ | トップページ | 休みを入れ替えて、昼間のジャズ »