« トークショーつき試写会 | トップページ | 美術展-映画-ライヴ-呑み »

男1人と女1人、ピアノ1台

9月12日(金)

福井から友達のちいちゃんが仕事で埼玉に来ていて、最終日にHARCOライヴに参加するというので、私も行くことにした。19時開場だったので、18時にクリスピークリームドーナツでみうさんと3人で待ち合わせる。この日の渋谷店はけっこう並んでいたので、できたてのドーナツが一つ配られる。もともと、一つしか食べる予定ではなかったので、コーヒーだけ注文して、ライヴ前のおしゃべり。
渋谷7th floor 雪月花
エレベータ下で開場時間10分前ほどから並んでいると、「ファストパスお持ちの方」と開場時間前に7階へと上って行く人が8人ほどいました。どうやら種ともこさんのファンクラブの人が優先的に入場できるというシステムらしい。ということで、この日の「雪月花」というイヴェントは種さんのイヴェント。でも、受付にはhigh bridgeこと高橋さんが座っています。彼との共同開催ってことか。結局、店内は9割がた種ファンに占められた感じがします。女性客も少なくないのですが、平均年齢やや高し。ちなみに、この日はみうさんのライヴ友達の男性たかさんもあとから合流。4人でのライヴ観戦など久し振りだ。
HARCO:ということで、アウェイ感漂う中、HARCO登場。この日は種ともこさんもピアノ弾き語りということで、出演者は2人きり。楽器はこのお店のグランドピアノ1台というシンプルなライヴ。いつもはピアノ弾き語りでもiPodやら、文房具やらを持ってくるHARCOですが、この日はピアノだけ。いいですねえ。われわれは先に入場した種ファンが顔の見える右側を占領してしまったこともあり、演奏する後姿を見守る位置。アウェイでのHARCOはけっこうハイテンションになるんですよね。選曲的には前回ほどレア曲はありませんでしたが、KANのカヴァー曲やいつもはiPodに頼る「神様の両手」や文房具ルーヴなしの「文房具の音」など、聴き所たっぷり、全10曲の充実したステージ。
種 ともこ:以前、「種ともこと戸田和雅子」というユニット名で、star pine's cafeで観た以来の種さん。やはりさばさばした感じで、次々と歌い上げていくステージ。全くサポートなしでも自分の世界を築き上げる点はさすがの貫禄。20年以上前にテレビなどにも出ていた頃を知らなかったみうさんにも「なかなか他にいないポジションだ」といわしめるだけあって、固定ファンがついていて、いい感じの活動なんでしょうね。
なんだかんだで、みうさんだけライヴ中に食べていたため、他の3人は終演後にフードを注文して、7th floorに居座ることに。なんだかんだで23時過ぎまで。

|

« トークショーつき試写会 | トップページ | 美術展-映画-ライヴ-呑み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1週間休んでいました。前半は奥日光と奥鬼怒へ山と温泉。後半はライブをハシゴ。ナルセさんのコメントはまとめて失礼

6日の「ボブテイル」にはハイキング帰りに行くつもりでしたが、帰りが意外に早くなってそのまま帰宅。羽場さん、いろいろやりたいことがあるようですね。casaも久々に聞きたいところ。
12日、種ともこ・雪月花も行きたかった。以前にも書きましたが、彼女のスタイルはピアノ弾き語り女性シンガーへの影響は絶大と思います。以前は種ともこのコピー大会(!)というライブイベントをやっていたくらいです。

さて休み前の9日は「公園通りクラシックス」。矢舟テツローさんのイベント、ちょっぴりさびしい入りながら東川亜希子が良かった。彼女はお客さんのいないときや、アウェーでも普段と変わらないタイプと思います。
13日、下北沢「lete」で朝日美穂。今度、良原リエ、戸田和雅子とパンのおいしいカフェでツアーをするという朝日さん、ライブはもちろんMCで昔話が聞けてよかった。
14日、セプテンバーコンサートの会場の一つとなっている小金井公園へ。発起人の庄野真代さんも顔を出していたのがうれしかった。知っていたのは、ありましの、鈴木雄大ぐらいでしたが、まずまず楽しめました。下北沢へ移動し、「440」の歌種。この日のうふふゲストは戸田和雅子。本人たちはハセガワミヤコとのユニットQuinocoの連日ライブの締め括りの感があったようでしたが、ファンには大満足ではなかったでしょうか。
15日は「横浜赤レンガパーク」へ。宮沢和史が中心となって日本人ブラジル移住100周年のイベントの一つとして行われ、THE BOOMが復活し3年振りのライブ、GANGA ZUMBAにブラジルからジルベルト・ジル。GANGA ZUMBAは初めて観ましたが、宮川剛さんもメンバーなんですね。びっくりしました。熱い3時間余りのあと、渋谷へ移動。「7th floor」でハイブリッジ高橋さんのイベント。ソングスープ、高橋ちか、と期待通りでした。

投稿: TOPS | 2008年9月17日 (水) 13時09分

>TOPSさん
充実したお休みだったようですね。
13日はライヴが20時には終わったので,leteにも行けたかなあ,なんてね。いいですね,その3人でってのは。良原リエさんはtrico!名義の新譜を出して,朝日美穂さん,永山マキさん,Quinkaさんがコメントを寄せています。

投稿: ナルセ | 2008年9月17日 (水) 19時37分

leteの朝日美穂さん、前日36歳の誕生日を迎えられたということで、この日はテンション高めでした(逆にお客さんは静かでした)。大のパン好きの良原リエさんとの今回のツアーは、5日連続を含めて、7、8箇所でやるとか。オオニシユウスケさんもサポートされるとのことで興味ありますが、東京は決まっていないらしい(13日の時点で横浜は調整中)。

戸田さんは特にパン好きということではないらしいけど、朝日さんと戸田和雅子さんは、早稲田のアカペラサークルのときからの知り合い。MCでは、「あのゴスペラーズのメンバーより先にデビューしたモモクロビック…」、なんて戸田さんの話や昔話がたくさん聞けました。

投稿: TOPS | 2008年9月18日 (木) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42493725

この記事へのトラックバック一覧です: 男1人と女1人、ピアノ1台:

« トークショーつき試写会 | トップページ | 美術展-映画-ライヴ-呑み »