« ライヴでのお酒は控えます | トップページ | 六本木でいろいろ »

BONNIE PINKは卒業

9月26日(金)

渋谷NHKホール BONNIE PINK
BONNIE PINKは2000年の『let go』発売以降に知り、その後のシングル『Tinking of you』の際、今はなき新宿ヴァージンレコードでのインストアライヴで生BONNIEを見てから、かなり好きになった。当時ははっぴいえんどや遠藤賢司など1970年代のCDを聴いていた。同時代的なものとしては山崎まさよしやスガシカオなども聴いていたが、ちゃんとライヴで聴きたいと思って通い始めたのは、海外のアーティストを除けば、BONNIEが初めてだったといってもよい。一人か二人のサポートを従えただけのインストアライヴは非常に落ち着いた雰囲気で、彼女の歌が映えるが、当時はSHIBUYA AXが多かった単独のスタンディングによるバンドライヴとなると、テンションが上がって声を張り上げ時折音程を外したり歌詞を間違えたりする、そんな豹変振りも魅力だった。
単独ライヴ、レコ発ツアーに初参加したのは2001年の『just a girl』だった。前述したインストアは当日たまたまCD店で知って、その場でCDを購入しても購入者スペースで見れたし、「just a girlツアー」も公演1週間前くらいに購入してもけっこういい場所で見られた。それから、CMソングで人気になるまではその後知り合ったBONNIEファンクラブ会員の友人にチケットを取ってもらって、大体前の方で見ることができていた。
ブレイク直後の新宿厚生年金会館のライヴはとてもクオリティが高く、DVD化もされたが、昨年の武道館はそれなりだった。最近はホームページもチェックしていないし、シングルも買ったり買わなかったり。そんなテンションだったので、今回は一般発売で購入。2階席の後ろから数えた方が早いような列での鑑賞だった。テンションが高いファンたちに混じって前方で観戦する気にはなれなかったというところだろうか。ちなみに、2階席前方に山田タマルさんの姿を発見。残念ながら終演後に彼女を探し出すことはできなかったが、1週間で彼女を3回見たことになる。
さて、今回も意外にもバンドメンバーはドラムスを除いて同じ。ギターに八ツ橋義幸と曾田茂一、キーボードに奥野真哉、パーカッションにナナちゃん、ベースでバンドマスターが高桑 圭。ドラムスは白根賢一という人物らしい。今調べたらGREAT 3のドラマーということで、高桑さんが連れてきたんでしょう。個人的にはいつものアンソニー・ジョンソンよりも控えめでよかったように思う。しかし、全般的にいうとやはりあまりにも音が大きくて、個々人の楽器の音が聴き取れない。NHKホールだからそんなに音響が悪いはずもなく、単に私が日ごろ聴いているライヴとの違いについていけないだけなのだが。せっかく指定席でもけっきょく初っ端からスタンディング状態。こういうのは完全に個人の気持ちの持ちようなんでしょうね。
といっても、ライヴ初披露だという映画『RAUNDRY』の主題歌になった「under the sun」や昔の曲「背中」や「forget me not」など嬉しい選曲でもあったが、11月に発売だというクリスマスソングは有体の言葉ばかり並べられて、そういうのを避けるように難しい言葉を並べていたかつての彼女のライティングセンスは全くなし。アンコールも含めた終盤の選曲は私の好みではなかったし、やはり予想されたものだった。

今後もアルバムは買うかもしれないが、ライヴに行くのは当分やめることになるだろう。そんな感じで、久し振りに会ったボニピスト(自称BONNIE PINKファン)たちの会合で終電近くまで呑んで帰宅。

|

« ライヴでのお酒は控えます | トップページ | 六本木でいろいろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

卒業おめでとう。(なんて)
僕の周りにはナルセさんくらいしかBONNIE PINKファンはいないので、ファン気質はちょっとわかりませんが、やはり30代男性が多いのでしょうか。ファンとしては売れてよかったのか、そうでもないのか難しいところですが。

僕も以前はファン同士の交流の機会を利用し、オフ会なんかにもチョクチョク出ていました。自分でお花見会などを企画したことも。森川美穂、加藤いづみ、小川範子、小島麻由美、椎名林檎などなど。今やライブのあとでオフ会に出る気があるのは、小川範子だけになってしまいましたが、その彼女もライブはファンクラブのイベントだけ。何年も前にファンクラブを辞めたので、ここ3年ほど彼女のライブはごぶさたです。ちょっぴりさびしい気もしますが、僕もそろそろ範ちゃんは卒業でしょうか。

投稿: TOPS | 2008年9月30日 (火) 17時58分

ボニピのA perfect skyをAPOGEEの永野氏が最近カヴァーしてるんだけど、元々の曲がかっちょいいからすごい映えるんだよねー。
あたしゃ売れてからの方が好きかも。

代表曲があるっていろんな意味ですごいことだしね。

卒業ってねー、だんだん嫌いになっていければいいけど、なかなかそうもいかない。
こんだけいろんな音楽聴くようになったらおのずとそりゃ昔の女(笑)も離れていかざるを得ないでしょーが。

投稿: みう | 2008年10月 2日 (木) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42642568

この記事へのトラックバック一覧です: BONNIE PINKは卒業:

« ライヴでのお酒は控えます | トップページ | 六本木でいろいろ »