« 秋分の日すぎてさすがに寒く感じるようになりました | トップページ | BONNIE PINKは卒業 »

ライヴでのお酒は控えます

9月25日(木)

この日から、法政大学の後期講義の開始。その前に映画1本。

シネカノン有楽町1丁目 『ラストゲーム 最後の早慶戦
この映画を選んだ理由は1つあります。私の好きなシンガーソングライター、ナオリュウさんの弟さんは俳優の片山 亮で、本作に出演しています。これまでの出演作は、どちらもなくなってしまった映画館、渋谷シネ・ラ・セットやシネマQ-AXでレイトショーのみ公開、というかなりアンダーグラウンドな作品だったので、本作はその出演振りが楽しみ。
さて、本作は太平洋戦争時が舞台。多くの若者が戦地に向かうなか、とても野球などというものを続けるような雰囲気ではなく、六大学野球連盟などが活動停止を強いられるなか、早稲田大学と慶応大学は練習を続けていた。しかし、戦局は悪くなり、大学生への入隊免除も解除され、大学生もやむなく戦地に狩り出される状態になり、その前に大学生たちに最後の試合をさせてあげたい、と石坂浩司扮する慶應義塾大学塾長が柄本 明扮する早稲田大学野球部長に話を持ちかける。そして、紆余曲折ありながらも、最後の早慶戦(慶應大学側は「慶早戦」と呼ぶ)が実現する、という物語。それにしても、最近私が観る映画にはほとんど柄本 明が出ていて、そうでなければ、その息子である柄本 佑と柄本時生が出ている。しかも、本作は親子出演だ。まあ、映画自体は特筆するほどのことはないが、当時の早稲田大学戸塚球場の映像がなんともお粗末だ。当然、当時は周囲に都市的土地利用がなく、それをCGで再現している。もちろん、野球のシーンではカメラが球や選手を追うのだが、その動きに合わせるようにCG映像が移り変わるさまはまさにヴィデオゲームを見ているようで、笑ってしまいます。ところで、片山 亮氏の出演ですが、意外に重要な役で、慶応大学野球部のキャプテン(?)でした。当然丸坊主で臨みます。それより面白かったのが、最後の試合。当然、両大学の男子学生がスタンドを埋め尽くすのだが、その人々が学ランを着ているものの、高校生と思われる幼い顔から、恐らく頭も禿げ上がっているだろう、50歳台の人まで。どこから集めてきたボランティアなのか?実際に早稲田大学と慶応大学から集めればすぐではないかとも思うが、それだと逆に戦時中の素朴さがないのかもしれない。まあ、ともかくこの応援シーンは見所です。後は、早稲田大学合宿所の食堂で働く女性を演じる原田佳奈ちゃんもけっこう好きだったりする。あ,それから先日『同窓会』で永作博美の幼き頃を演じていた尾高杏奈ちゃんも主人公の妹役で出てきて,ラッキー。

さて、映画を終えて、大学へ。夏休み中に届いた学生授業アンケートの結果は相変わらず、凹むことをいくつ書かれたけど、来てくれた学生のほとんどは前期も受けている人たちだった。途中、喉が痛くなりそうだったけど、しゃべっていて感覚を取り戻してきた。初日から90分たっぷり。後期から受けてくれる学生にもまずまずの手応えだったのではないでしょうか。

講義を終えて池袋へ。ライヴの前に食事。結局、「東京とんかつ」というお店で500円のカツ丼。肉がけっこう厚くてなかなかでした。

大塚GRECO cosmi
ピアノ太宰百合(他の人たちと合わせて,このユニットではlilyとも表記)さん,ヴァイオリンのmaikoさん,オーボエのtomocaさんのトリオがcosmiと名づけられたらしいです。さて,この日はカウンター中央の席。やっぱり予想通り,この日も満席になりました。カウンターに向かって座ると,演奏は全く見えませんが,もちろん演奏が始まったら椅子を90度回転させ,右ひじをカウンターテーブルにかけながら,見ます。この席からはピアノ鍵盤丸裸。太宰さんの指の動きがまるごと見えます。そして,目の前にはtomocaさん,ちょっと振り返る形でmaikoさん,ちょっとお高いこのお店ですが,この接近感はなんとも贅沢です。stringsも狭いお店ですが,大抵の場合はマイクを通します。しかし,ここではマイクを使うのはヴォーカルのときくらい。まあ,もともとオーケストラの楽器たちですから,生ですよねえ。ホント,素晴らしすぎます,この3人。
もちろん,MCマイクもいらないということで,トークのバランスもよかった。どちらかというとtomocaさんは喋りたがり,maikoさんは自分からは喋らない,という感じですが,最近この太宰チームの一員として溶け込んできたようで,そして太宰さんの標的にもなっていて,程よくmaikoさんにも話がふられます。まあ,もともと関西弁の抜けないmaikoさんですから,根は楽しいんですよね。今までは,ライヴ中もあまり話さないし,ライヴが終わると一番先に帰ってしまっていたので,その辺が分かりませんでしたが,最近分かってきました。ここ最近はライヴで呑むと寝てしまって(といっても,ウトウトで演奏は聴いていますよ),クリアな状態で演奏が聴けないので,お酒は最小限にしています。なので,この日も早めに帰ろうと思っていましたが,終演後,となりの席に太宰さんが座ってきたので,ゆっくり過ごすことにする。彼女たちのお客さんは皆,いい歳の男性たちで,でも平日にこうしてやってくるのだからどんな職業か分からないが,とにかく特にこのお店の時には誰かしらお土産を持ってくる。この日も2品のスイーツが持参され,私も一つおこぼれにあずかりました。

|

« 秋分の日すぎてさすがに寒く感じるようになりました | トップページ | BONNIE PINKは卒業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42637057

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴでのお酒は控えます:

« 秋分の日すぎてさすがに寒く感じるようになりました | トップページ | BONNIE PINKは卒業 »