« ライヴのない平日 | トップページ | 過去と未来の間に »

雷雨続き

8月28日(木)

六本木シネマート 『練習曲』
今。シネマート六本木では「台湾シネマ・コレクション2008」と題して、台湾映画の特集をやっている。実は私の恋人は台湾と関係が深いので、5回券を購入して、とりあえず2人で1作品を観に行くことにした。ちなみに、前売り券は1回券で1300円だが、5回券だと5000円とかなりお得。
この日観たのは『練習曲』という作品で、実際に聴覚の悪いイーストン・ドンという俳優が、自転車で台湾の海岸線を1周するというロード・ムーヴィ。「練習曲」というタイトルは、彼が勉強中のアコースティックギターを背負って、行く先々でギターのコードブックで練習するというところからきている。大学生の主人公は今しかできないこと、ということで1週間の休みを取って、一人で旅に出る。まあ、有り体のロード・ムーヴィで、一方では台湾の観光映画のように、主要な土地の紹介があり、多くの人と出会い、助けられ、祖父の家に顔を出し、という感じ。まあ、特筆するべきことはありませんが、台湾に行ったことのない私には観光映画でも楽しいもので、また主人公が聴覚に障害があるということで、必然的に言葉も少ないというところが映画的によかったと思う。
この日は久しぶりに一人でゆっくりと夜を過ごす。

8月29日(金)

この日は日中、とてもよい天気でしたが、ライヴのために中目黒に出かけます。途中、下北沢で10月のアナム&マキのワンマンライヴのチケットを購入するためにライヴハウス251へ。その途中の井の頭線で服部さんを見かける。彼は今日もbobtialだろうか。しかも、251から駅に向かう途中、今度はcanappecoのcanaちゃんを見かける。咄嗟のことで声をかけられず。

中目黒楽屋
中目黒に到着。久しぶりの楽屋。中途半端に遅く予約したと思うんだけど、最前列。しかも真ん中です。カウンター席にはBophanaの山田里香さん。ちなみに、演奏が始まって後方から妙にうるさいかけ声が聞こえるな~と思ったらNUUちゃんも来ていました。ちなみに、この2組の組み合わせはなんでも半年前から計画されていたとのこと。そういえば、コーコーヤが初めてstringsでライヴをした時、vice versaの2人が遊びにきていて、終演後にクラリネットの黒川紗恵子さんと深刻に相談していたなあと思い出します。中目黒に来るまでの道中はけっこう暑くてA思わずビールを注文。初めて食べる野菜イエローカレー。ココナツベースでマイルドながらかなり辛みを効かせていました。
コーコーヤ:この日の席は真ん中のテーブルの右側だったので、必然的にステージの右側を向いてしまいます。ヴァイオリンの江藤有希さんを観ていた時間が多いかな。でも、あまりに近くて、きちんと顔を見るには私の顔を上げないといけないので、それはそれで疲れる。視線の先にはヴァイオリンと譜面台の上においたチューニング機との間を結ぶ細いケーブルがたわんでおり、そこに1匹の蠅がとまっています。その蠅は何度かそこから飛び立ち、自由に飛び回っているものの、最終的には不安定なケーブルの上へと戻ってくるし、江藤さんがヴァイオリンをゥら外したり、そのケーブルが激しく揺れてもしがみついている姿を思わず凝視してしまう。意外にもコーコーヤをここまで間近で観るのは初めて。といっても、黒川さんの姿をあまり見ることはできませんでしたが、笹子さんのギタープレイを間近で見て、改めてすごいと思う。この日の演奏はもちろんのこと、笹子さんの曲紹介がなかなか興味深かった。
vice versa:こちらは昨年の王子プラネタリウムライヴ以来か。vice versaは高橋ちかちゃんとか戸田和雅子さんとか、ミュージシャンも足繁くライヴに通うなど評判がよい。サポートミュージシャンもいつも豪華で、もちろんコーコーヤの女性お2人にもラヴコールを受けての今回の組み合わせなのだが、どうも私は足繁く通うほどには好きになれない。今回のように目当ての出演者の対バンという形だと、とても嬉しいのだが、なぜだろうか。ヴォーカルのあゆこさんは本当にMCも面白いし、カヴァーからオリジナルまで多彩なステージと、誰にも似ていないあの歌声の魅力は十分に理解できるのだが。
まあ、ともかくライヴ自体はとても楽しく進行し、彼らのステージの後半ではコーコーヤの女性2人も呼んで、4人でvice versaの曲を演奏。アンコールでは笹子さんも再び登場し、最後の最後の曲では笹子さんがウクレレを披露。なんでも、50歳にして人前でウクレレを弾くのは初めてだという。まあ、そこは笹子さんですから、全く初々しさはなく、こなれた演奏でしたけど。
終演後はNUUちゃんに挨拶しようと思ったけど、食事中だったので断念し、紗恵子さんにちょこっと挨拶だけして帰宅。最近の雷雨には交通機関も安定してませんからね。と中目黒駅に行くと案の定パニック状態。なんと、東横線が止まっているとのこと。幸い地下鉄日比谷線は動いていたので、恵比寿に行き(ここでも振り替え輸送でごった返しています)、山手線で渋谷へ、井の頭線で、多少遠回りでしたが無事に帰宅できました。

|

« ライヴのない平日 | トップページ | 過去と未来の間に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「251」のアナム&マキは10月24日か。僕も行きたいのですがその日は、ありましのレコ発ワンマンを予定しています。アナマキもしばらく見ていないので、適当なイベントライブがあれば参戦しましょう。

昨日のおおはたさん、「また二年後に会いましょう」って。個人的にはソングブックやら何やらやっているので、ワンマンは2年振りなんて気は全然しませんが、調べてみると草月ホールでやったのは一昨年の12月ということで、もうそんなになるのかと驚いた次第です。

投稿: TOPS | 2008年9月 2日 (火) 13時34分

>TOPSさん
あら、10月24日はありましのさんのレコ初でしたか。
さすがに情報早いですね。
アナ&マキは単にご無沙汰というだけでなく、この日は私の好きなドラマーあらきゆうこさんの参加ということで、行くことに決めました。最近はくるりとかコーネリアスとかSalyuなど、人気どころばかりで叩いているので、あんな小さなライヴハウスでの演奏はとても楽しみなのです。

昨日はTOPSさんの姿を見かけませんでしたね。私は2列目右側でしたが、後ろの列に扇谷一穂さんがいらしてました。

投稿: ナルセ | 2008年9月 2日 (火) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42345462

この記事へのトラックバック一覧です: 雷雨続き:

« ライヴのない平日 | トップページ | 過去と未来の間に »