« 心待ちの共演 | トップページ | 何年ぶりかの東京国際映画祭 »

一人で豪華レストラン

10月21日(火)

本当は月曜日にAsa festoonさんの吉祥寺stringsライヴか、当日誕生日だという大塚GRECOでの太田朱美さんのデュオライヴに行きたかったんだけど、どちらか決められずにどちらも行きませんでした。というのも、昨年の誕生日ライヴに出演してくれた櫻倉レオンちゃんからメールがあって、ライヴがあるというので、火曜日にこちらにいくことにして、月曜日はお休みにしたのだ。

銀座my humble house tokyo 櫻倉レオン
ということで、久し振りに来たmy humble house tokyo。昨年一十三十一ライヴがあってきたけど、レストラン営業時に来たのは、古賀夕紀子+shima & shikou DUOで演奏した2年前以来。本当は誰か誘って来たかったんだけど、皆月末にかけて忙しいらしく、結局一人で。一人客ということでカウンターを勧められたが、「演奏を聴きに来た」といったらなんとステージの目の前の禁煙席を案内してくれた。しかも、20時からだと思って5分前に入ったら既に演奏中。しかも、唄い終わった後で、「2ndステージは21時から」といって、1stステージ終了。この日は誕生日ライヴの時にサポートしていたパーカッションとピアノの人による3人編成。さくらちゃん、赤いドレスでセクシーです。休憩時間に入って、白ワインとイカ墨リゾットを注文して読書を始めると、青い洋服に着替えてさくらちゃん登場。まだこの時間は他にさくらちゃんのお客さんが来ていなかったようで、私のテーブルに座ってくれてしばしお話。21をすぎて、2ndステージ。1stではお客さんも少なくて、拍手もあったのに、2ndの頃にはすっかり食事客が増えていて、拍手もなし。なかなか厳しいですね。でも、私は最前列だったので、かれらのうるさいおしゃべりは後方、ライヴは前方ということで気にならず。なかなかムーディな感じで、サポート2人の演奏もいいです。けど、ちょっとさくらちゃんの歌声が控えめかな。一応、MCらしきことも1言いっていたけど、どうせ皆聞いてないだろう的な諦めが伝わってきてしまい残念。もっと、かれらを振り向かせるくらいの勢いがあってもよかったかも。あまりやりすぎるとお店の人にしかられるかもしれないけど。曲目は、sadeの「smooth operator」など意外なナンバーや、「L.O.V.E.」などのスタンダードなど4曲。
その後、やはり一人で時間つぶすのも難しいので、ウィスキー1杯でまたさくらちゃんが出てきてくれるのを待っていましたが、飲み終わったところで断念。帰ることにしました。久し振りに彼女のホームページをチェックしたらリニューアルされていて、blogも始めたようです。今回誘ってくれた以外にもけっこう精力的にライヴをしているようで、12月にはなんとCDを出すらしい。しかも、この日パーカッションを叩いていた、しおのやさんが伊藤志宏さんと親しいらしく、このさくらちゃんのアルバムにも参加していただいたとのこと。楽しみです。
20081021_002

|

« 心待ちの共演 | トップページ | 何年ぶりかの東京国際映画祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レストランなどでのライブ、客層によっては難しいですね。意外や新宿歌舞伎町のうどん屋「つるとんたん」あたり、もちろんチャージもありませんが、出るミュージシャンもなかなか(以前はFonogenicoなんか出ていました、常連には矢舟テツローとか、ソングスープ、MARUなども)です。あとはミュージシャンの質もあるでしょうか、僕はレストランで聞くtico moonは好きです。

10月27日は新大久保「グローブ座」で、小島麻由美とコトリンゴ。塚本功、ASA-CHANG、長山雄治、国吉静治といういつものメンバーで、1時間近くやりました。彼女はワンマンでも90分、アンコールなしというのが普通なので、今回は聞き応えがありました。選曲も代表曲を中心に、久々に聞くのには良かった。12月のワンマンではバラエティ豊かなステージを見せてくれるでしょう。休憩をはさんで、3ピースバンドのコトリンゴ。彼女を見るのは3回目ですが、今回が一番響いてきました。ピアノはすごく上手で、楽曲もユニークなんだけど、全体を通じてまだ不安定なものを感じます。声や歌は僕の大好きな葉葉と似ていると思いますが、葉葉ほどビョークっぽくはないかな(コトリンゴはビョークのファンらしい)。悪くないライブでしたが、「葉葉を聴きたい!」という欲求が高まったというと、失礼でしょうか。

投稿: TOPS | 2008年10月28日 (火) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/42930928

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で豪華レストラン:

« 心待ちの共演 | トップページ | 何年ぶりかの東京国際映画祭 »