« 日記は数日経った方が書きやすくもある | トップページ | 映画ハシゴのみ日曜日 »

CDの曲順を間違えるなんて...

11月21日(金)

渋谷7th floor mue
前にも書いたと思うが、mueちゃんのライヴはつい先日、今年初めて聴いたばかりだったのに、それから1ヶ月のうちに3回目のライヴとなった。この日は『Closet』というソロでの初CD発売記念ライヴということで、バンドを率いての単独ライヴ。そういえば、mueちゃんを初めて知ったのは、彼女が恒例で行っている吉祥寺manda-la 2での単独ライヴだった。彼女のことは全く知らなかったけど、その時のバンドメンバーがめちゃくちゃすごかったのだ。パーカッションが仙道さおりさんで、キーボードがYANCYさん、そしてサックス他にヤマカミヒトミさん。その他はちょっと覚えていないが、ベースは今回のバンドメンバーである伊賀 航さんではなかったような気がする。確かその後の湯川潮音ちゃんライヴでmueさんに会った後に、伊賀さんのサポートでmueさんがライヴをしていた、潮音ちゃんのライヴは伊賀さんを聴きに来ていたのか、と思った次第。まあ、ともかくそんな豪華メンバーをバックにも全く遜色のない、素晴らしい楽曲と歌声だったのを覚えている。その時から一緒だったかどうかは覚えていないが、今回もドラマーは神谷洵平君。彼は若いドラマーのなかではかなり好き。演奏中の体の動きと表情もナカナカ見ていて面白い。先日の石川 智さんのドラムスを見ていても思ったことは、打面を叩くまで力を入れているような叩き方は私は好きではないようだ。打つ瞬間は既にスティックから力を抜いていて、慣性力でスティックが打面を叩く、すると必然的にそれが弾んで音は軽くなる、そんな音が好き。なので、スネアドラム得意というのも好きなポイントかな。そして、伊賀さんのベースとギターとキーボードという編成。伊賀さん以外はけっこう年齢層若いのも今回の特徴。鍵盤の人はグランドピアノの上にキーボード2台とグロッケンも置いて、なかなか多彩。
この日はちょっと残業をして一度帰宅していたらけっこういい時間になってしまって、食事する余裕なく、開演15分前ほどに会場についたが、席はそれなりに空いていて、TOPSさんの向かいに座り、同じ赤ワインに私は久し振りにオムライスをいただく。ちょっと味が変わったかな。彼の職場が関わった短編集の本などをいただいてしまう。さて、ライヴの話に戻って、若きバンドメンバーたちはなかなか頑張っています。mueさん自身の年齢は知らないが、今回のアルバムは神谷君との共同プロデュースというし、バンドの一体感はいい感じかも。一人年長の伊賀さんも椅子の背もたれにのけぞりかえっての演奏や、なんとアンコール曲ではチョッパーまで披露。いつもの緊張感あるライヴサポートとはちょっと違った面白い面も見せてくれました。そしてなんといっても、mueさんのぐだぐだトーク。こういう人の自信と謙虚さの関係はどうなんでしょうね。人前で歌うなんて相当自信がないとできないことだと思うんだけど、そして単独ライヴだから基本的に皆その人の音楽を聴きにわざわざ来ているのに、どこかちゃんと聴いてくれているのかという不安を常に抱えているようにも思う。まあ、その辺が彼女の魅力でもあるのだが、他にも「日本語表現の限界を感じて英語詞にした」とかいうところは私にはちょっと理解不能。まあ、ともかくお客さんもいい感じで、コンパクトな楽しいステージだったと思う。CDは実はまだ聴いてないけど、ジャケットもいい感じです。

11月22日(土)

この日は私の恋人が、casaのアーティスト写真の撮影をするということで、私もアシスタントとして立川の国営昭和記念公園へ。立川はほとんど来ることのないという2人と一緒に駅ビルでランチをして向かいます。立川駅からだとけっこう遠いのですが、おしゃべりしている間にすぐ着きました。この日は晴れるものの、日中は気温があまり上がらない予報だったが、実際には汗ばむほどの日差しで、いい撮影日和になりました。いろんな場所で、夕紀子さんも3着の衣装で、秋の風景をバックにいい撮影会になったと思います。casaの2人との付き合いもけっこう長くなりますが、ライヴ以外での接触はほとんどないので、いいひと時でした。なんだかんだで、閉園の16:30まで撮影はかかり、肌寒くなって、立川駅で別れます。

私たちは小田急相模原にある友人のホームパーティへ。最近は私の日記にも登場することが少なくなったさくさんの家です。パーティといっても特別なものではなく、彼の家では毎月行われていて、私と恋人の出会いの場でもあります。2日前にボジョレーヌーヴォー解禁を迎えましたが、赤ワインはなし。でもメインはチーズフォンデュ。今回は気心知れた6人でのパーティということで、コンパクトに盛り上がり、22時前に退散。さくさんのその後の数日間の食事はチーズフォンデュの残り物の具だったようです。

|

« 日記は数日経った方が書きやすくもある | トップページ | 映画ハシゴのみ日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mueちゃんのそのワンマン、ベースは市村浩さんですね。伊賀さんとは去年のMandala-2で初共演といっていたような記憶があります。僕がmueちゃんと伊賀さんの組み合わせを見たのは多分3回目(ひょっとして4回目)でしょうか。

23日鷹の台は小平市立中央公園で「たかの台BOSSA」。出演者は、宮田まことのソロと hacomaco&ピアニカ前田、鈴木藍 ・杉山茂生、Dois Mapas、Min with 鈴木厚志・服部正美 、サパトス、鈴木重子with長澤紀仁、Tomiという8組。12時スタート予定が30分以上押して始まり、終わったのは16時30分予定を20分ほど廻って、かなり暗くなっていました。ボブテイルや440で見かけるような顔ぶれが中心ですが、人気の高い鈴木重子さんが参加したので、このときはかなりの人が出ていました。久しぶりに聞いたDois Mapas゛も良かったし、好天に恵まれてこの時期としても寒くもなく、イベントとしては成功だったのではないでしょうか。来年はもう少し早い季節にやってもらいたいもの、オペレーションも見直していただければと思います。

24日は東大駒場祭へ出かけ、フラメンコ舞踏や管弦楽団の演奏を楽しみました。渋谷経由、表参道へ戻り「FAB」で辻香織ワンマン。70余り椅子が出ていて、立っていた人もいましたが、同じくらい空いた席もありました。いつも見かけるファンのほか、彼女の地元の浅草から来たと思われるご年配の方も目立ちました。デビュー5周年記念ライブということで、昔の映像やら写真も披露されたり、2時間半を超える盛りだくさんのライブでした。バンド編成で、音量大きめの曲が多かったのはまあ良しとしましょう。少し欲張り過ぎた感もありましたが、前向きな彼女らしいと思います。今度はカフェのような場所で、ゆったり聞いてみたいですね。

投稿: TOPS | 2008年11月26日 (水) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/43221116

この記事へのトラックバック一覧です: CDの曲順を間違えるなんて...:

« 日記は数日経った方が書きやすくもある | トップページ | 映画ハシゴのみ日曜日 »