« CDの曲順を間違えるなんて... | トップページ | 最近は祝日が何の日か意識しないなあ »

映画ハシゴのみ日曜日

11月23日(日)

最近なかなか2人で映画を観る時間が取れなかったので、この日は映画2本立て。1本目は『その日の前に』を観る予定だったが、いつのまにか渋谷のアミューズCQNでの上映が終わっていてガックリ。なんと、『ホームレス中学生』と『容疑者Xの献身』をやっているなんて。なんだかアミューズらしくないな...気を取り直して、軽くランチをした後で、別の作品に。

渋谷シネセゾン 『天国はまだ遠く
瀬尾まいこ原作の映画化。加藤ローサ主演で、お相手はお笑い芸人の徳井義実。まあ、ほぼ2人芝居のような作品。ローサちゃん演じる女性は自殺を決意して京都府北部の山奥にやってくる。自殺の理由は明確に示されていないが、それほど深刻なものとは思われない。夜中にタクシーの運転手が、自殺するつもりではないかと思いながら彼女を民宿「たむら」に連れてくる。タクシーの運転手もそこならばどうにかしてくれるという希望があったのかもしれない。そんな訳ありの徳井演じる若い男性が一人で経営している民宿。あまりストーリーを書いてしまうとすぐにネタバレになってしまうのでやめておきましょう。なぜか、ローサ演じる女性には深みがなく、徳井氏演じる男性の訳ありさが徐々に明らかになってゆく。まあ、女性の方もよそ者特有の役割を与えられるが、結局、それ以上でもない。ローサちゃんの演技はどうだったかというと微妙だが、大したことないのに思いつめて自殺まで決意してしまって、結局は失敗に終わるという、ごく普通の女性を演じたといえば、成功なのかもしれない。まあ、ともかく彼女の姿を長時間眺められるだけで私は幸せですけど...
ロケ地は天橋立付近で、自殺の名所として登場する眼鏡橋を含めて、田舎の風景はとてもきれいに撮れています。

渋谷シネクイント 『ハンサム★スーツ
立て続けに2本目。まあ、この作品は一応観ようとは思っていたが、たまたまPARCOパート3の前を通りかかった時に、店頭で前売り券を売っていて、サイン入りポスター差し上げますってやっていたので、思わず買ったものの、なかなかタイミングが合わなくて、ようやく観ることになった。もうすっかり空いているだろうと思ったけど、結構人気なようです。
まあ、本作は予告編もテレビなどでけっこうやっているでしょうから、基本的な物語は周知のことだと思う。洋服の青山が大々的に協力していますが、それを着ると顔も体もハンサムになれるというボディスーツ。『間宮兄弟』にも出演していた(なんとそこでも北川景子と共演)お笑い芸人の塚地氏がハンサムスーツを着て谷原章介になってしまう。予想以上に見所はあります。まあ、まずはすっぴんメイクでも美しい北川景子ちゃん。そしてモデルメイクでいい感じの佐田真由美。塚地になりきっている谷原章介もいいし、なんと温水洋介の役どころは最高に笑えます。久し振りに見る本庄まなみも相変わらず素敵だ(本作では特に衣装がいい)。まあ、塚地氏が寒~いギャグということで繰り広げる2,30年前のギャグは単なる物真似でつまらないけど、細かなところのリアリティのなさもあるけど、まあなんとか許容範囲。これだけ楽しませてくれたら良しとしましょう。

|

« CDの曲順を間違えるなんて... | トップページ | 最近は祝日が何の日か意識しないなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/43233963

この記事へのトラックバック一覧です: 映画ハシゴのみ日曜日:

« CDの曲順を間違えるなんて... | トップページ | 最近は祝日が何の日か意識しないなあ »