« あなたはPちゃんを食べますか? | トップページ | bobtail大盛況 »

ちょっとライヴが減っているかな

11月12日(水)

この日は恋人のところに遊びに来ている台湾の友達と3人で大宮に行った。

大宮ムムタージ 松下美千代+須藤剛志
大宮は西口のソニックシティ内(?)にムムタージというインドレストランがあり、ここでは毎週水曜日にチャージフリーの演奏がある。それを仕切っているのはwater water camelの須藤剛志(ひさし)君。ということで、私の好きなミュージシャンも多数出演している。この日はピアニストの松下美千代さんが須藤君とデュオで出演するというので、ディナーがてら、大宮まで来たわけだ。ここへは大抵一人できていて、往復の電車の退屈さというデメリットがあるが、この日ばかりはその心配はしなくてよい。前にも書いたように、このお店のメンバーズカード(ただのポイントカードですが)はけっこうお徳で、この日もタンドリーチキンを人数分無料でいただき、また以前にたまったポイントで交換した500円券があった。わたしたちが到着した時には演奏が始まっていたので、とりあえず飲み物とタンドリーチキン、エジプト豆のサラダと揚げ餃子みたいなのを注文。最近は19時から、毎正時に30分ずつ、3回のステージがある。ということで、1stステージが終わってからカレーを注文。なんとなく、一人一人前ずつは食べられないと判断して、魚介類たっぷりカレーとトマトのクリーミーチキンカレー。それぞれ3人がナンとライスを頼んで。コクたっぷりの辛めとサッパリしたものでバランスよかったけど,さすがにお腹いっぱい。
さて,演奏ですが,やはり2人ともちょっとそつなくこなしている感がありますが,けっこう本人たちは楽しそうです。やはり基本は皆さん食事しに来ているので,会話の邪魔になってもいけないくらいの感じ。特にこの日はきちんと演奏を聴きに来たのはわたしたちくらいで,拍手も少なかった。ちなみに,このお店に生ピアノはないので,電子ピアノを持ち込んでの演奏。美千代さんのエレピは初めてでした。演奏の合間に,ちょこちょこ,そして終演後もけっこうゆっくりと須藤君も交えてお話できて楽しかった。

11月13日(木)

講義の前に渋谷文化村ル・シネマで『ブーリン家の姉妹』を観るつもりで文化村に入った途端,前売り券を忘れたのに気づく。しょうがいないので,チケット屋に行って別の作品を探す。こういう機会を逃すと多分観ないだろう作品をチョイス。

渋谷シネマ・アンジェリカ 『オリンダのリストランテ
いろんな企画をしているシネマ・アンジェリカ。この週は「アルゼンチン映画特集」と題して,この作品とタンゴのドキュメンタリーとを上映していた。こういう特集ものの前売り券が安売りチケット屋で普通に売っている偶然にも感謝して観ることにした。
さて,映画はタイトル通り,オリンダというおばさんがやっているレストランが舞台。かといって,このおばさんの料理がメチャクチャ美味しくて,って展開ではない。若い男の子をウェイターで雇いながら,近所の常連さんを中心にいつも変わらない毎日。しかし,そこは映画ですから,もう一人の主人公が登場します。ドイツからかつての恋人を探してアルゼンチンにまでやってきた青年ペーター。当然のごとく,その女性は見つからず,1泊目のホテルでお金を盗まれ,あてどなく昼間に偶然立ち寄ったこのお店に助けを求めにくる。そんな感じで,細かくストーリーを書いても面白くないが,このお店に集う人たちが,このドイツ人の登場でこれまで当たり前にしてきたものに向き合うという物語。こういう素朴な映画,いいですよね。最近は年に1本くらいアルゼンチン映画が観られるようになりましたが,少なくとも日本で上映される作品にははずれがありません。
ちなみに,このオリンダ役の女優さん,どこかで見たことがあると思っていたのですが,気のせいでした。なんとなく,雰囲気がサマンサ・モートンに似ているだけだった。彼女もかなり太る体質だから,おばさんになったらあんな風になるかもしれない。

|

« あなたはPちゃんを食べますか? | トップページ | bobtail大盛況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/43145823

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとライヴが減っているかな:

« あなたはPちゃんを食べますか? | トップページ | bobtail大盛況 »