« 英国映画2本 | トップページ | 音楽だけでない心地良さ »

ピアノ・ガール

12月8日(月)

恵比寿天窓switch いいくぼさおり
久し振りに来た恵比寿のswitch。いいくぼさおりさんのライヴも久し振りだ。ついに彼女もフルアルバムを発売し、大規模なレコ発は来年渋谷のduoで行うようだが、彼女のホームグラウンドともいえるこのお店でのライヴに行きたかった。開場から開演まで1時間あったので、恵比寿駅中でさぬきうどんを食べて、開演20分後に到着すると開場が遅れていた。入場は30番手くらいでしたかね。ここで一つの失態。赤ワインを注文して席に着いた途端、上着とバッグ、財布にワインをこぼしてしまいました。ここのワインはmona recordsやduo music exchangeと同じ安物ワイン。早速帰ってなんともう10年近く着ているブルゾンと化学繊維でできている肩掛けバッグを洗濯機で洗濯。ブルゾンには若干ワイン染みが残ってしまいましたが、意外にきれいになりました。
さて、すっかり髪の毛の伸びたいいくぼさおり。演奏前に、彼女が5歳の時のピアノ発表会のビデオが上映されます。本名は「飯窪早織」。やっぱりちょっと硬いですね。神童モーツァルトが5歳の時に作曲したという曲を、5歳の彼女が演奏する。その説明も面白いけど、演奏の素晴らしいこと。そして、本人登場。初っ端からテンション高めでアップテンポな曲が続きますが、彼女にも周囲の反応にも着いていけず。でも、中盤はバラード中心で、やはり聴き応えがありますね。これだけのピアノ演奏だとサポートは全く必要ありません。トークのテンションも普段に戻り、いい感じ。そして、まさかのゲストで、即興劇団インプロモーティブが出てきてしまいました。まあ、あれだけの演奏を見せてくれたさおりちゃんをちょっと休憩させるにはいい時間ですが、彼女も交えての即興劇はもう少し短めにお願いしたいところ。後半は衣装換えをして登場。こちらがどんな衣装だったが忘れましたが,前半はいつもと同じように白いブラウスでした。意識的にだと思いますが,彼女は白いブラウスが似合います。そして化粧が似合わない。もっというとショートヘアのほうがいいかな。でも,もうそろそろいい年齢なのでイメージチェンジは必要ですね。まあ,ともかく後半もいい演奏を聴かせてくれました。年に1,2度は聴きたい歌声だ。

|

« 英国映画2本 | トップページ | 音楽だけでない心地良さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/43447422

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・ガール:

« 英国映画2本 | トップページ | 音楽だけでない心地良さ »