« 雨の246沿い | トップページ | 進歩とユートピア »

2008年ライヴ総括

2008年のライヴ本数は,47本のフリーライヴを含めて,245本。
ちなみに,料金の分かっている121本のみを合計してみると,37万円。
まあ,料金の分からないものは,プレイガイドのものよりも安めだけど,恐らく全部で50万円は越えているだろう。

数多くライヴに足を運んだアーティスト
戸田和雅子:10回
casa:9回(他に夕紀子さんソロなどあり)
おおはた雄一:8回
山田タマル:8回
HARCO:7回(その他erimba with HARCOやHARQUAなどあり)
竹仲絵里:7回
松下美千代:7回(その他サポートや別ユニットなどもあり)
湯川潮音:7回
永山マキ:6回(その他黒猫船やモダーン今夜あり)

数多く行ったライヴ会場
・吉祥寺strings:21回
タワーレコード新宿店:13回
・渋谷7th floor:11回
・渋谷duo music exchange:10回
・池ノ上bobtail:10回
・下北沢lete:7回
・青山プラッサオンゼ:7回
・下北沢440:6回
・青山月見ル君想フ:5回

|

« 雨の246沿い | トップページ | 進歩とユートピア »

音楽」カテゴリの記事

コメント

僕はライブ196本でした。前年が277本ですから、81本減。ナルセさんは310本だったはずで、55本減ですか。フリーライブをのぞくと、約150本、入場料50万円弱に、飲み物等が120本で7万円ほど。投げ銭や交通費を含めると、何だかんだでトータル60万(月5万)というところ。今年は2日に1本として180本くらいでしょうか。

ミュージシャン別ではハセガワミヤコ15本、戸田和雅子10本、ありましの・矢舟テツロー9本、畠山美由紀・辻香織8本といったところ。減ったのは辻香織、NUU、ハンバートハンバート、キッチン、中山うりなど。イノトモや鈴木亜紀なども健在で、「7th floor」や「440」には相変わらず通ったし、「FAB」や「ボブテイル」にも行きましたが、「mona records」は1本だけだったりして、行き先も変わったみたいです。女性シンガーだけのイベントも、多少チョイスして行くようになりましたか。

ベストライブは入日茜のワンマン、ワンマンではほかに芙咲由美恵、熊木杏里、畠山美由紀が良かった。ほかにBophana、山田タマル、竹仲絵里、大木彩乃なども印象的でした。寺尾紗穂の復帰、福間美妙の活動再開、Quinoco結成などもありましたが、Fonogenicoのメンバー交代や橋本歩の渡米、高宮マキの活動休止などはちょっぴり残念なNEWSでした。

1月11日は「O-west」で岸野雄一さんの恒例のイベント。WATTS TOWERSはばかばかしくもいつも面白い。それにしても、このフリーイベントに集まった若者の多かったこと。通常だと入場料は3000円くらいでしょうが、それだと入場は200~300人か。総額70、80万円にしかならない。700人で一人1000円でも70万だし、100万円は越えていそう。店にとってはドリンク代が稼げるし、イベントとして正解でしょう。翌12日は「赤坂グラフティ」へ。拝郷メイコ、シミズリエなど4組。年始恒例の3日連続の歌姫イベント。僕はその前のハセガワミヤコ、辻香織はPASSしてこの日だけでしたが、3日間とも足を運んだ猛者も多かったようです。盛況でした。

投稿: TOPS | 2009年1月15日 (木) 12時44分

>TOPSさん
あらー,随分減りましたね。おかげで多少貯金も溜まりましたか?今年は少し預金額も戻したいものです。
ちなみに,310-245=65ですよ。

投稿: ナルセ | 2009年1月19日 (月) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/43732213

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ライヴ総括:

« 雨の246沿い | トップページ | 進歩とユートピア »