« 休日が多いと給料が減ります... | トップページ | フォト・リテラシー »

映画とは何か

加藤幹郎 2001. 『映画とは何か』みすず書房,262p.,3200円.

ベタなタイトルである。しかし,1998年の『映画のメロドラマ的想像力』から,毎年のように著書を発表している著者だから,正直なところタイトルに困ったのかもしれない。本書は,みすず書房の出版案内を兼ねた月刊誌『みすず』に掲載されたものを集めたものである。1994年の第1回から,最後の第6回は1998年。『みすず』に掲載されたものを私はいくつか読んでいたので,本書を購入するのは後回しにしていたのだが,最近加藤氏の著書を中古で買うことが難しくなっていて,たまたま本書を2000円で見つけたために購入した。
加藤氏の著書は今まで,
『映画ジャンル論』(1996年,平凡社)からはじまり,
『鏡の迷宮』(1993年,みすず書房)
『ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学』(2005年,みすず書房)
『映画館と観客の文化史』(2006年,中公新書)
と読み進めてきた。まだまだ執筆の勢いに追いついていない。ここ数年は出版のペースが落ちたものの,1996年から,ウェブの映画批評サイトも管理しているのだから,その執筆量には驚くしかない。そして,量だけでなく,個人的には彼の文章は今私が一番刺激を与えられる内容を持っている。
http://www.cmn.hs.h.kyoto-u.ac.jp/NO1/NO1HOME.HTM
基本的に彼の研究は映画史であり,いくら映画好きといっても古典作品をあまり観ていない私にとっては彼が取り上げる映画は観たことがないものが多い。しかし,彼の文章はそれでも十分読ませてくれる魅力を持っているのだ。批評というのはその書き方が意外に難しい。割り切って,その批評対象になっている作品を読んで(観て)いるものだということを前提にするのが一番楽。もう一つの割り切りは懇切丁寧に作品を紹介すること。でも,後者はその冗長な説明が時に読者を興ざめさせる。特に映画は,分析対象が物語りだけではないので,文章で説明してもたかがしれてるし,もし観ている作品であっても,分析されているシーンをきちんと映像として記憶しているとは限らない。まあ,ともかくその辺は批評家にとって難しい問題ではあるのだが,加藤氏はその辺りのバランス感覚が素晴らしい。また,分析方法に関しても,単なるテクスト内分析でも,テクスト間分析でもない。かといって,テクスト分析を軽んじるような政治・社会分析一辺倒でもない。表現の内容と,作品の成立する社会状況の両方に目を配り,さらにその両者をうまく結びつけるために,映画の技術史に細心の注意を払うのだ。といっても,単純な映画の撮影技術や編集技術だけではない。映画における編集手法の歴史を最重要視しているところに彼の特徴がある。
本書では第1章で,ヒッチコックの『サイコ』が取り上げられる。この映画は私も観ているし,問題のシーンが絵コンテで再現されていて,非常に分かりやすい。第2章では,『メトロポリス』(1926年)で有名なドイツの監督,フリッツ・ラングの渡米以降の作品が詳細に分析される。戦前にドイツで名を成したラング監督は自らにユダヤ人の血が入っていることを理由に合衆国に亡命する。亡命後の作品はほとんど注目されてない,という前提が本章にはある。私は『メトロポリス』すら観ていないが,その論理的説明には妙に納得させられる。第3章は『みすず』の段階で読んでいた。ホロコーストを描いた映画『ショアー』が取り上げられる。ホロコーストを生き延びた人たちへのインタビュー映像をつなげただけの9時間半に及ぶドキュメンタリー映画だが,それは同時に『シンドラーのリスト』のような,ホロコーストをスペクタクル映画へと仕立て上げたスピルバーグ批判でもあるという。しかし,映画技術史を踏まえた著者の分析によれば,この2つの作品は似たり寄ったりなところもあり,ホロコーストの表象可能性という問題の根本については解決されていないという。続く第4章は結構面白い。映画と列車の関係についての考察だ。もちろん,初期のフィルムが単なる列車の到着場面を撮影しただけのものだったということから始まり,この両者には直接的な関係がある。しかし,本章ではその両者の関係をもっと広く捉え,場合によってはゆるやかなつながりや,強引な関係付けなどで論が展開していくところが面白い。つまり,厳密な直接的関係だけを積み重ねていっても批評というのは面白くはならない。大いなる想像力を働かせた大胆な論というものも期待したいところ。加藤氏の研究が魅力的なのはその辺も豊かだからだ。さて,この第4章から第2部「映画史を書く」に入っているが,最後の2章は私には少々難しい。第5章はD.W.グリフィスという合衆国の監督による,1908年から1913年までに撮影された400本以上もの短編というのが対象となる(実際にはうち20本)。そののちの1915年の『国民の創生』という長編でグリフィスは有名になったそうだが,すっかり忘れ去られた膨大な短編西部劇のなかで,その表現手法を急速に進化させた,というのが映画史上での発見。最後の第6章で取り上げられるのは,1910年代から1950年代にかけて存在していたという,黒人劇場専用映画である。黒人差別が普通だった時代の合衆国では,黒人のための専用映画館があり,そこでのみ上映される映画が撮影されていたという。その事実だけでも十分知的な刺激を得られる内容。
まあ,そんな感じです。思わず,古書店になかなか出回らない加藤氏の本を2冊もAmazonで発見して注文してしまった。またまた読むのが楽しみである。

|

« 休日が多いと給料が減ります... | トップページ | フォト・リテラシー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/46320715

この記事へのトラックバック一覧です: 映画とは何か:

« 休日が多いと給料が減ります... | トップページ | フォト・リテラシー »