« 「東京生音生活」番外編 | トップページ | 10月です(タイトルに困る) »

秋の長雨と中秋の名月(注:内容とは無関係)

9月27日(日)

この日は予定は夜のライヴだけで真昼間まで家で過ごす。でも,ライヴは17時開場なので明るいうちに家を出る。

代官山LOOP 一十三十一
今回のライヴはカヴァーアルバム『Letters』発売記念。正直,カヴァーアルバムは好きではないし,一十三十一と曽我部恵一という組み合わせがイマイチな気がして,買う気がしなかったが,シュガー・ベイブと大貫妙子,山下達郎ってところは彼女の得意とするところだし,初めて一十三十一を観た時に若かりし聖子ちゃんを思い起こしたように,松田聖子も入っているし,荒井由美もある。それに今話題の酒井法子に尾崎亜美が楽曲提供した曲や,なんと浜田省吾まで。選曲がいいし,このライヴ終了後にサイン&握手会もあるというので,前日に購入したら,これがかなり素晴らしい。ということで,テンションも上る。ちょうどこの時は,ポール・オースターの『ムーン・パレス』という小説が面白かったし,開場から開演までの1時間もスタンディングということは辛いが退屈はしないだろう。
さて,今回のアルバムは曽我部プロデュースということで,久し振りにいつもどおりではないバンドメンバー。レコーディングに参加した伊賀 航さんはライヴには参加できなかったけど,ギターの長久保さん,キーボードの横山さん(一十三十一さん曰く「ヨコチン」),そしてドラムスのオータコージさん,という編成。曽我部さんもゲスト出演ということで出てきたが,2曲コーラスで参加しただけ。前にナオリュウさんのレコ発のオープニングゲストとして出演した時には50分ほどの独壇場などもやった人なので心配しましたが,ちょっと安心。長久保さんはカリフラワーズで知っていたが,器用なギタリスト。そして,オータさんは激しい演奏という印象でしたが,この日はドラムセットにジャンベを加えたアコースティックセットで,体の動きは激しいながらも,ソフトなタッチでとてもよかった。今回の『Letters』からはほとんど演奏し,その他のオリジナル曲はいつもとあまり変わらない選曲でしたが,やはりバンドが変わると新鮮です。とてもいい感じのステージでした。ライヴでは初披露の曲ばかりということで,緊張感のあった一十三十一さんでしたが,さすがに宇多田ヒカルの曲は覚え切れなかったようですね。あれは難しいです。でも「リベンジします!」といっていたので,またやってくれるでしょう。ちなみに,このアルバムのなかで一番好きです。本編はいったん修了。アンコールで出てきて,「そういえば,『Letters』からまだやってない曲がありますよね」と開場中を見渡し,私のところに彼女の視線が来たところで「浜田省吾」とつぶやくと,「そう,浜省です!」といって歌いだすシーンもあり,感激。
終演後もけっこうすみやかにサイン会に移行し,サインをいただく。久し振りに少しですがお話もできて,疲れてはいたけど満足して帰路につきます。

9月30日(水)

雨模様でしたが,ライヴのため高田馬場まで。土曜日にフリーライヴがあったが,アン・サリーさんのコンサートで行けなかった竹仲絵里ちゃんと,自身のイヴェントには行ったものの,本人の曲があまり聴けなかった広沢タダシが比較的小さなライヴハウスに出演するというので行ってみた。

高田馬場club phase
ほぼ時間どおりの開場。私のチケットの整理番号は悪くなかったが,お店売りのチケットが優先ということで,時間どおりに集まった客のなかでは最後の方の入場。それでも,意外に椅子が出ていて,3列目をゲット。周りの会話を聞いていると,結構他の出演者目当てのお客さんで,ここphaseによく来る人も多かったようです。そんな人たちも,椅子が出ていたのにはビックリ。予想ほど前売りが売れなかったのでしょうか。で,結論からいうと,竹仲絵里と広沢タダシは人寄せパンダ的な扱いのようで,オープニングアクトも含め6組でしたが,1組6曲なのに,この2人は5曲。こういうイヴェントもあるんですね。しかも,2人は最後から2番目と3番目。オープニングから,3組のステージを我慢して聴かなくてはなりません(目当てに来た人ごめんなさい)。ここでは出演者の名前とその評価を書くのは遠慮しておきましょう。ともかく,6曲が長く感じます。
竹仲絵里:メジャーデビュー以前はよくここに出演してたとのことで,コロムビアからのデビューが決まって,初めてディレクターがライヴを聴きに来たのがここだったといってました。この日は1曲一人で弾き語り。2曲目からは小林健樹さんを迎える。そして,なんとこの日は健樹さんのピアノだけで「ガーベラ」を歌う。それだけで来た甲斐がありました。たまにしか歌わないところがこの曲のよさだったりもする。まあ,本人はそうとう消耗するんでしょう。この日の衣装はとてもシンプルなカットソーでしたが,とても素敵で,5曲だけだったけどとても満足なステージ。
広沢タダシ:一方,広沢君は一人弾き語り。母親を亡くして1週間ということで,その直前には結婚もしたらしい。こういう時に歌う「悲しみのぬけがら」を聴きたかったけど,デビュー曲「手のなるほうへ」からスタート。いつもほど親しみを感じさせない凛とした姿が印象的なステージでした。こちらも5曲でしたが満足。
後一組残っていましたが,気持ちよいこの時点で会場を後にする。

|

« 「東京生音生活」番外編 | トップページ | 10月です(タイトルに困る) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/46399329

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の長雨と中秋の名月(注:内容とは無関係):

« 「東京生音生活」番外編 | トップページ | 10月です(タイトルに困る) »