« レジャーの空間 | トップページ | 満員御礼ライヴ続き »

ミュージシャンやら俳優やら

11月16日(月)

渋谷tokyo main dining 山田タマル
一度帰宅してから渋谷に出かける。渋谷に大きなカラオケビルSIDAXがあり,その1階がレストランになっているのは知っていたけど,中に入ったことはなかった。なかにはきちんとしたステージがあり,かなりの頻度でライヴをしているらしい。そこで,山田タマルさんがノーチャージのライヴをするというので聴きに行った。お店に入るとなんと,ステージ側の席はすべて予約で満席だという。しょうがないので,案内されたテラス席に座り,パスタとビールを注文。時間どおりにステージは始まります。ピアノとギターとベースのバンド編成。皆若い男性メンバーです。30分のステージを3回。ノーチャージということで,基本的にはB.G.M的な感じで,といってもメインフロアの人たちはほとんどちゃんと聴いていたが,テラスの方はステージが見えない席も多いとあって,普通におしゃべり目的で食事している人たち。私は2ステージまで聴いて行ったが,「My Brand New Eden」を除いて全てカヴァー曲。英語詩が多かったですね。ちょっとヴォーカルの音量が小さかったけど(音響的な問題で),久し振りに聴くタマルさんの歌声は素敵。ステージ近くのテーブルに坂本美雨さんとその女友だち。美雨さんとタマルちゃんは仲が良いが,美雨さんのライヴでタマルちゃんを見たことはあるけど,その逆は初めて。しかも,美雨さんの隣にはなんと,女優の鈴木 杏ちゃん。そういえば,以前美雨さんのインストアライヴにタマルちゃんがいったら杏ちゃんに会った,ってことをblogで書いていた。美雨さんと杏ちゃんは相当仲が良いらしく,写真撮影をしている時も杏ちゃんが後ろから抱きついたりしていた。彼女たちは1ステージで退席。その代わりに入ってきたのは(違う席だけど),なんとJiLL-Decoy associationのchihiRoさん。けっこう席が近かったんです。当然プライベートだからナチュラルメイク。いやいや,それでも十分にオーラが出ている美女でしたよ。そしたらジルデコblogにこの日のことが書いてありましたね。なんと,連れはdorlisさんだった。確かにこちらも美しかったけど気づかんかった...そして,やはりタマルちゃんとは仲が良かったらしい。一人であまり長居するのもなんなので,2ステージ目で帰ります。帰り際にちょうどタマルちゃんと目が合って,挨拶してくれた。彼女とももっとフランクに話したいのだが,妙に丁寧に「今日はカヴァーでしたが,こんな感じでこれからも歌っていきますので」と,政治家みたいにいわれちゃったら,「これからも応援します,さよなら」ってなっちゃいますよね。まあ,とりあえず結婚報告だけして帰ってきました。

帰りの井の頭線では、最近ヴァイオリンとのデュオalutoで活動している藤田大吾君と乗り合わせる。

11月20日(金)

講義を終えて四谷三丁目で恋人と待ち合わせ。彼女は写真の専門学校を卒業しているが,その時の同級生が写真の個展をしているということで,観に行く。さすがに卒業制作でも評価の高かったという人の写真はプロっぽいですな。新宿をブラブラ,下北沢に移動してブラブラ。

下北沢トリウッド 『九回表,晴れ。』
2人でトリウッドで映画。実はこの経営者,恋人の出身専門学校の映像コースで講師をしているらしい。でも,今回は劇場レンタルによる3日間限定の上映作品だとのこと。けっこうお客さんが多いと思ったら,出演者と監督による舞台挨拶あり。まあ,三日間ですから,できるだけいるんでしょうね。まあ,タイトル通り映画がテーマの作品ですが,もともとは舞台だったらしい。登壇した役者たちもいかにも劇団員という感じ。さて、映画は高校野球の甲子園大会で決勝まで進んだ高校のエースが主人公。高校を卒業してプロ野球入りし、6年が経つが2軍に甘んじている主人公。かつて得意球だったシンカーを投げなくなったことが原因だと周囲は思っている。しかし、甲子園決勝で負けたのがシンカー、プロ野球での失投もシンカーで、彼自身はその球を封印してしまったのだ。高卒から6年といったら、まだ24歳だ。かなり白髪の混じった主役にはかなり無理がある。それどころか、野球経験もほぼない感じ。まあ、脚本はそれなりだとしても、勢いに任せて作ってしまったというところか。撮影は府中。府中市民球場ってのは行ったことはないけど、ちょっと出てくる河川敷はかつての私のジョギングコース。最近は日本のプロ野球にも地方のマイナーリーグのようなものがあるようだが、府中にもあったらこんな感じという意味では面白い映画だったのかも。映画の設定としては、チーム自体はメジャーリーグ(あくまでも日本の)2軍の活動拠点が府中ってことだけど。まあ、とにかく1時間くらいでコンパクトにまとめてくれたら面白かったかな。映画館の外に出ると、登壇しなかったキャストの人たちもいました。
その後は茄子おやじに彼女を初めて連れて行く。そのカレーには満足な様子。そこで別れて私はライヴへ。

下北沢cco 岩﨑 愛
前回、松岡モトキさんを聴きにこのお店に来たときには禁酒中だったが、ここはワインバーということで、この日は赤ワインをいただく。さすがに400円のハウスワインはそれほど美味しくなかったが、2杯目は600円のものを頼んだらけっこう美味しかった。岩﨑 愛ちゃんのライヴは1年ぶりくらいでしょうか。久し振りに見る愛ちゃんは髪の毛の色も明るくなっていて、前髪があって、アップにして、と見違えます。一瞬多部未華子ちゃんに似ていると思った。どちらも一重かな?帰り際にそのことを本人にいったら、「誰ですかそれ」だったけど。ともかく、私が知った頃の愛ちゃんは、若いのに女捨ててる感が面白かったのに、まあ今は今でよいと思います。そう、以前440かなにかのライヴの時に、私が駅から向かうところを、彼女はリハーサルが終わって本番前に飯でもみたいな感じで、一人とぼとぼ。その漂う雰囲気がたまらなく面白かったけど、まあ、変わりますね。以前はほぼ伸ばしっぱなしの髪がギターのストラップに絡みついて邪魔そうだったけど今はスマートだ。さて、この日は予約で満席。私が最後の予約者だったらしいけど、入場順は先着順。私はカウンターに座る。満席になるとこのカウンター席が微動だにできないほど狭い。左隣の男女が食べている料理が美味そうだ。右隣の女性2人は初対面なのに、ライヴ話で盛り上がっている。そんななか、私はレポートの採点。
容貌が変わっても愛ちゃんは愛ちゃんです。以前は毎回行くたびに新曲ばかりで、ものになる曲もならない曲もやっていたが、その後CDを発売。1枚はヴィクターのレーベルから出たりして東京に移り住むようになって、とトントン拍子のようにも見えたが、今はまた自主制作でCDを発売。なんだか、自分のペースで落ち着いて音楽を楽しんでいるようす。私の知っている昔の曲も、この日が発売日だった新しい5曲入りCDの曲も歌います。ギターもかなり上手くなってとても良い演奏でした。新しい曲たちも流石です。曲と歌詞のセンスが抜群なんですよね。背伸びをしない等身大の彼女。この日は前半のゲストで、最近一緒にも活動している高森ゆうきという男性のシンガーソングライターが登場。後半はお兄さんのバンド、セカイイチのメンバーをパーカッションに、そしてもう一人ベースを加えての演奏。これもなかなかいい感じです。終演はすっかり遅くなってしまったので、私が持っていなかったCDを2枚買って、ちょこっと本人とお話して帰宅。

|

« レジャーの空間 | トップページ | 満員御礼ライヴ続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
わたしも愛ちゃん観に行ってました。
愛ちゃん、どんどん可愛くなっていきますね。
「若いのに女捨ててる感」に思わず笑っちゃいました。

投稿: あすか | 2009年11月25日 (水) 22時04分

あすかさん

コメントありがとう。
あの後、あすかさんのmixiミュージックに新しい愛ちゃんの曲が挙がっていて、ひょっとして来てたのかなあって思ったりしていました。
久し振りのニアミスですね。来年の風知空知も行こうと思っているので、初対面できるかな?

投稿: ナルセ | 2009年11月26日 (木) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/46855529

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージシャンやら俳優やら:

« レジャーの空間 | トップページ | 満員御礼ライヴ続き »