« 正月からお酒は控えます | トップページ | 2009年度大学講義も終了 »

2010年初ライヴ

1月6日(水)

新宿T's bar こめ
この日はベーシスト水谷浩章さんの47回目の誕生日ということで,彼がやっているトリオ「こめ」での演奏を新宿pit innのすぐ近くのこじんまりとしたバーで開催。なんとこのお店,ホームページがない。実は私,大の電話嫌い。ということで,電話でしか予約できないお店はかなり苦手なんです。ライヴのチョイスもそんなくだらないことで左右される自分がたまに嫌になりますが,電話って難しいんですよ。個人でもお店でも,「いつだったら相手はいるのか」「今かけたら迷惑だろうか」そんなことを考えているとかけられません。
水谷さんは,11月に初めてその演奏を聴く。チェロ奏者橋本 歩さんも所属している水谷さんのバンド,phonoliteのライヴを聴きに行ったのだ。そのバンドにはフルート奏者の太田朱美さんもいて,この日はphonoliteと「こめ」の演奏だったのだ。朱美さんも以前から聴いていたので,「こめ」の存在は知っていた。そして,11月の初体験,その日の日記でも書いたように,「こめ」のもう一人のメンバー,ピアニストの片倉真由子さんの演奏にやられてしまったのだ。ということで,2010年初っ端のライヴはこの3人。
さて,さきほどの電話の話に戻すと,そのpit innのライヴが大盛況だったので,この日もこめを目当ての人とか,水谷さんをお祝いする人なんかで賑わうんだろうと思って予約したかったのだが,なかなか重い腰が上がらず。やっとのことで電話したのが1月3日。電話は一向に出ず。よく考えたら3日はまだ営業しているはずがない。けっきょく,もう2度と電話をかけようという勇気は沸いてこなかった。まあ,入れなかったら新宿で映画でも観て帰ってこよう。という軽い気持ちで,でも少し早め(開演25分前)に行ってみると,まだお客さんは3人くらい。「予約ないけど大丈夫ですか?」とたずねると,大丈夫とのこと。stringsよりも狭い感じで,カウンター席とテーブル席。常時ライヴをする店ではないので,窓際のカウンター席を潰して,客席は15席程度。さらに立ち見はちょっと難しい感じ。ということで,私は一番奥のカウンター席に座らせてもらう。ステージを横から見る感じ。カウンター席なので,椅子の足が長く,ピアノの鍵盤も良く見えます。最終的には満席になりましたが,お客さんの入りはちょっと遅め。しかし,この日は太田朱美さんのフルートが故障したというハプニングがあった。壊れたという情報はその日の朝にmixi日記で公表され,楽器を預け,代替器でリハーサルを行い,本番前に取りに行ったらしい。ということで,朱美さんが戻ってきたのはちょうど開演時間。20分弱の遅れで始まったのでしょうか。この日はゲストもいるということで,前半が3人の演奏。やはり「こめ」2回目の体験ということか,ちょっと衝撃は和らぎましたが,やはりこのピアニストはすごい。そして,pit innでは客席に視線を向けずに礼をするだけのぶっきらぼうな人だと思ったけど,3人が近く,お客さんも少ないので,表情はかなり和らいでいたようです。そして,はやり29歳の女性の可愛さも確認しました。意外にアイメイクがしっかりしていますね。そして,演奏中。やはり伊藤志宏さんのように,唸っています。やはり早弾きには何か体の動きを加速させる原動力が必要なんですね。こういうのはこういう演奏者と近い距離で体験しないと分かりません。そして,この日改めて認識したのは,水谷さんのすごさ。やはりこのトリオはすごいです。
そして,後半のステージで登場したゲストはなんと,元「たま」の柳原陽一郎さん。一昨年のレテのコンサートで滝本晃司さんのソロライヴを聴きましたが,こんなところでもう一人の「たま」を聴くことになるとは。ちなみに,「たま」が有名になったのは1989年くらいからのようなので,私がテレビなし生活に入る頃なんですよね。なので,その存在は知っているものの,その曲や活動自体はほとんど知らない。なんで,柳原さんがゲストかというと,なんと彼は水谷さんと高校の同級生だったらしい。といっても,それからずーっと付き合っているかというとそうではなく,ここ数年ミュージシャン同士として一緒に仕事をするようになったとのこと。ということで,5曲ほど柳原さんの曲をこめがバックで演奏するステージ。彼のステージの最後の方で,なんと客席に橋本 歩さん登場。それからまた数曲やった後,会場にいたフルート奏者(彼女はphotoliteの新規メンバーだとのこと)とこのお店のマスターがトロンボーンで参加して2曲ほど。後半はそんな感じのお祝いムードで終わります。ということで,私的にはもうちょっとこめをがっつり聴きたいところでしたが,まあこの日は特別ということで,柳原さんのステージも観られてお得でした。ちなみに,彼の曲と歌声は悪くありません。
ちなみに,前日の5日は仕事初めだったのですが,就業後に簡単な飲み会があり,胃腸を壊して治った後はじめてビールを飲む。これがまずくてすぐ酔ったので,この日はアルコールはやめておこうとも思ったのだが,お店がバーということもあり,赤ワインを注文。これが濃厚なタイプではなくすっきりタイプなのだが,しっかりと味がして美味しかった。歩さんも来ていたし,ライヴも21:30には終了したので,もう一杯ほど飲みたいところでしたが,我慢して歩さんと朱美さんと少しお話して帰路につく。

|

« 正月からお酒は控えます | トップページ | 2009年度大学講義も終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/47244925

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年初ライヴ:

« 正月からお酒は控えます | トップページ | 2009年度大学講義も終了 »