« 金曜日は主夫 | トップページ | クロノス・エロス・タナトス »

貴重な洗濯日和

2月27日(土)

土曜日は夫婦で過ごす。調布まで散歩して図書館、PARCOで昼食、などなど過ごして渋谷に移動。明大前の井の頭線ホームで私の大学院の後輩矢部君とばったり。一緒に渋谷まで。

渋谷ユーロスペース 『コトバのない冬
選んだ映画は渡部篤郎初監督作品。高岡早紀を主演に迎える。雪深い北海道を舞台に、馬農場で働く彼女。薬局を営む父の使いで夕張まで電車とバスを乗り継いでいくが、本数が少ないバスに待ちぼうけを食う。雪が降り続く中、渡部篤郎演じる男が現れる。同じ用事で後日夕張を訪れた際にも彼を見かけ、親しくなっていく。彼は声が出ずに、言葉のないコミュニケーションがこの2人を近づけていく。一方で、高岡早紀演じる女性には札幌に住み、移動を好むミュージシャンの恋人がいる。東京でモデルをやっている妹が帰省し(すでに母親は亡くなっている)、家族ぐるみの付き合いのあるレストランのおかみさんを渡辺えり(渡辺えり子から改名したんですね)が演じる。渡部篤郎のところには時折広田レオナ演じる女性が現れる。そんな感じの登場人物で、緩やかに物語は進行していく。かといって、芸術派気取りのわけのわからないストーリーではない。
私がまだテレビを見ていた時代、ブラウン管に登場する渡部氏の演技は結構好きだった。それから数十年俳優として活躍していて、最近でもスクリーンでちょこちょこみかける彼だが、配役の関係もあって、イマイチぱっとしない印象もある。そんななかで監督業に足を踏み入れた選択はなかなかだったと思う。もちろん、配役を監督がすべて決定するわけではないが、本作の配役もいいし(一つだけ難点を挙げれば、鈴木一真だろうか)、自らの役どころもなかなかいい。本作は少し実験的なところがあるが、次回作も期待できる。

渋谷HMV JiLL-Decoy association
映画を観終わって、HMVの2階に急ぐ。エスカレータの上下が逆になりましたね。ここで、ニューアルバム発売を記念してJiLL-Decoy associationのインストアライヴがある。20分ほど前に到着したが、客の集まりはいまいち。おかげで私はけっこう見やすい位置をゲットした。周囲ではけっこうファン同士の交流が見られます。そんなジルデコですが、私が初めて聴いたのは何年前でしょうか。flex lifeが出演するイヴェントを渋谷PLUGに観に行った。当時ジルデコはメジャーデビューが決まったばかりで、トップバッターのかれらが終わると、花束を渡したり、そのまま席を立ったりする客が目立った。その事情が分からない私はかれらにあまりいい印象を受けなかった。確かにヴォーカルはきれいでセクシーだが、歌声は単調のように思えた。しかし、その後TOPSさんがかれらを好きだということを知って、もう一度聴いてみようと、丸ビルでのフリーライヴを聴きに行った。その時はミニアルバム(マキシシングル?)『no name collection』の発売直後だったが、なかなかいいステージで、シングルだったらいいかなと購入してサインをもらう。そこで、ヴォーカルchihiRoさんの腰の低さや、他の男性2人のメンバーもサイン会に参加するなど、ファン想いのかれらのことを知る(ちなみに、この時PLUGのイヴェントに行ったといったらけっこう喜んでいた)。それから対バンがよかったりするとたまにライヴに行くようになった。CDはあまり繰り返しは聴かないけれど、ライヴパフォーマンスは素晴らしい。
ということで、今回のインストアは新譜からの曲を中心に、古い曲も交えて5曲かな。chihiRoさんは左側の髪の毛を編みこんで、バラの花に見えるようなかなり凝ったヘアスタイル。なぜか、ギターのkubota氏も凝ったヘアスタイルにさせられていて(本人の意思かもしれませんが)、眼鏡はなし。towada氏はいつもどおりで、この日も常連ベースサポーターが入った4人編成。やはりkubota氏はギンギンエレキギターの方が似合っていると思いますが、chihiRoさんのバラードは素敵。でも、今回のアルバムを聴いていて少し思ったことは、彼女が英語詞を唄うと普通のよくあるジャズヴォーカリストのようで、個性が薄れてしまうということ。やはり肉食系女子的な日本語詞が彼女には似合っていると思う。そんなことで、サイン会の列に並ぶ。ここでも、一人ひとりじっくりと時間を取ってファン思いぶりが分かります。chihiRoさんには先日の山田タマルさんのライヴ会場でみかけたこと(オーラのない私によく気付きましたねと彼女)、kubota氏には今回レコーディングに参加したトランペットの島さんの話などをしたり。

サイン会後、会場に来ていたTOPSさんと合流して渋谷のスペイン料理casa del buenoへ食事をしに行く。このお店お勧めのマッシュルームの生ハム入り鉄板焼きを初めて食べたが、かなり絶品。しかも、安いです。3人で赤ワインをボトルで頼んで、スペイン料理を堪能しました。インストアライヴだと、終わってからでもゆっくり飲めるからいいですな。

|

« 金曜日は主夫 | トップページ | クロノス・エロス・タナトス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

い、いらしてたんだぁ~w(ジルデコ)
私はサイン会の最後のひとり。ギリギリで間に合いました。

投稿: SHIBUYA | 2010年3月 3日 (水) 23時52分

SHIBUYAさま

あら、いらしてたんですね。お会いできれば一緒に飲みに行けたのに。渋谷でSHIBUYAさんと一緒なんていいね。

当然、今度の日曜日のジルデコ@代官山LOOPも行きますよ。
一十三十一ファンでもある私にとっては願ってもない組み合わせです。

投稿: ナルセ | 2010年3月 4日 (木) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/47712979

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な洗濯日和:

« 金曜日は主夫 | トップページ | クロノス・エロス・タナトス »