« 2010年4月のライヴ予定 | トップページ | 久しぶり学会発表 »

慌しい平日

3月26日(金)

この日は妻の2週間ぶりの検診。妻が妊娠したことは前の日記で報告したが、検診は3回目。もともと生理不順な体質だが、辛かった仕事も辞めたし、遅れる要素もなくなったのに、随分遅れているので、妊娠検査薬を試す。くっきりとした陽性反応。数日後近くのレディースクリニックに行って、超音波検査で妊娠確定。私は受精したところから妊娠の日にちを数えるのかと思いきや、そうではない。最後にあった生理の初日から数えるのだそうだ。要は、排卵や受精する前から卵子は成長している、ということだろうか。ともかく、前の生理がいつだったか、精確に記録していなかったために、まだ何週かは分からない。成長の具合からみて5週間だというが、大体の前の生理初日からすると8週間。ともかく、その小さな胎芽(8週未満は胎児ではなく、こう呼ぶらしい)にはまだ心拍が確認できないので、順調に成長しているのか、あるいはすでに成長をやめてしまっているのか(15%の割合で早期流産がある)分からないという。ともかく、翌週もう一度確認する必要があるとのこと。そして、3月の第2週、私も同伴するが、そのレディースクリニックは待合室にさえ男性が入れないということで、私は駅前で時間をつぶし、お昼前に待ち合わせる。妻は私の顔を見るなり泣き出す。どうやら、その早期流産という結果だった。とりあえず、昼食を一緒にとり、手術をしてくれそうな病院に電話すると、そこは土曜日でもやっているということで、とりあえず診察をお願いする。その病院は一見総合病院のようでしたが、実は産科と婦人科が中心のようで、お腹の大きい女性や、乳児を連れた夫婦などが数多く集まっていました。2時間ほど待たされて、今度は私も一緒に診察室へ。検診の現場には立ち会えませんでしたが、超音波検査の映像を見て、説明を受けている妻の口から歓喜の声が漏れる。それで大体分かりましたが、私の前を通り過ぎた看護師さんが、「赤ちゃんは大丈夫ですよ」と声を掛けてくれる。心拍も確認。次回は2週間後ということで、再びやってきたわけです。まあ、まだ早期流産の危険から逃れたわけではありませんが、妊娠生活続行中の成瀬家です。まあ、そんなこともあるので、もし妊娠初期段階で、医者から残念な報告を受けても、別の病院にいって診てもらうようにしましょう。
そして、今回はきちんと予約して臨んだわけですが、待たされるのは当たり前。この日はいろいろ予定を詰めていて、私はパスポート申請用の写真を撮らなくてはならなかったので、待ち時間を利用して近くの写真館に行ったが、帰ってきたらなんと検診終了。少しだけ大きくなった胎芽のエコー写真を手に微笑む妻を迎える。そう、先日の日記で台湾に行くといいましたが、台湾は妻の故郷。私と付き合い始めてから、彼女は帰省していない。子どもが生まれてもなかなか簡単には帰れないということで、妊娠中でも比較的安全に旅行ができるといわれている期間に帰ることにした。当然、海外旅行をしたことのない私はパスポートを持っていないため、急遽申請することになったのだ。この平日を利用して、役所で戸籍謄本を発行し、写真を撮り、夜のライヴの便を考えて池袋で映画を観ることにして、ついでに池袋にある東京都のパスポートセンターに寄る。完璧な時空間利用。さすが地理学者だ。しかし、この日は卒業式シーズンということで、午後は写真館が卒業生の記念写真で埋まっているということで、急遽診察待ち時間に行くことになってしまったという次第。本当はついでに母子手帳ももらう予定だったが、8週目ではまだ早いとのこと。ちなみに、母子手帳とともに、市からは妊婦健康診査受診票14回分というのが支給される。また、わが家は夫婦ともに国民健康保険なので、出産育児一時金というのが42万円支給され、入院・分娩に係わる病院への支払がこれでまかなえる。日本って意外に福祉国家なんだなって改めて思ったりする。
池袋に移動。ちょっと疲れ気味の妻を映画館に残して、私は上映時間までの時間を利用してパスポートセンターへ。さすがに人が多く、私の前に20人ほど待っている人がいたが、なかには途中でいなくなったりして、なんとか間に合う時間に受け付けてもらう。しかし、写真入身分証明書が職場の「アルバイト証」しかないので、係りの人が会社に電話して私の存在の有無を確認したり、現住所を調べるのに住基ネットで検索したりと余計な時間がかかる。歩くと10分ほど映画館までかかるのに、受付が終了したのは上映開始3分前。しかも、外は雨が降ってきて、走って急ぐ。なんとか予告編中に間に合うが、雨に濡れて汗をかく。

池袋シネマサンシャイン 『ナイン
『シカゴ』の監督ロブ・マーシャルによる新作。イタリアの映画監督役をダニエル・デイ=ルイスが演じ、彼にまつわる数々の女性、という設定をやはりミュージカル仕立てで描く。彼の妻役をマリオン・コティヤール、愛人役をペネロペ・クルス、主演女優役をニコール・キッドマン、母親役にソフィア・ローレン、雑誌編集者役でケイト・ハドソン、長年一緒に仕事をしている衣装担当にジュディ・デンチが扮するというあまりにも豪華な配役。しかも、その全員が彼に思いを寄せているのだから大変だ。劇中にもショーが実在していた『シカゴ』とは違って、劇中の出来事進行上は歌や踊りはない。あくまでも演出上のみである。劇中で製作されようとしている『イタリア』という映画は、監督自身が脚本を書くものだが、いったい映画監督とは何をする人なのか?そんなことがよく分かるような分からないような、そんなストーリー。主演女優と結婚し、女優は引退する。しかし、一方では愛人を作り、雑誌編集者からもホテルのキーを渡されてしまう。主演女優との過去の私的関係は明らかにされないが、撮影中に2人でスタジオを抜け出すくらいだから、怪しい関係。男性的欲望に満ちた作品なのかなんなのか。主人公自身のことは幼少の頃も含めてよく描かれていたように思うが、視点が彼を中心としすぎていて、歌やダンスの演出以外には目新しいところがなかったように思う。でも、個人的にはそれなりに好きな作品です。
小雨降る池袋を東から西口へ。東武東上線に乗って朝霞台まで。

朝霞台停車場 松下美千代
20:30には少し遅れてしまったが、なんとか開演に間に合う。金曜日の夜らしく、お店はかなり混雑。このお店は以前にも来たことがあって、その時にも様子を書いたと思うが、基本的に居酒屋的雰囲気です。全ての料理が800円。テーブルチャージ400円でポップコーンがついてきて、ミュージックチャージは投げ銭。ステージに近いところやカウンターにはライヴを聴きに来たお客さんが座るが、入り口に近いところには単に呑みにきたお客さんたち。しかも、23:30まで3ステージ。B.G.M.というのとはちょっと違う、なにか特殊な盛り上がりがこのお店にはあります。通された席の隣には灰皿にたっぷり吸殻があり、ステージ目の前の席に代えてもらう。それでも、後ろの若い男女団体にも喫煙者がいた。こういうお店は仕方がありません。まあ、翌日は朝早いので1ステージのみで失礼する。この日の松下美千代トリオのメンバーは、ベースの吉田 豊さんとドラムスの紺野智之さん。ベースは外見も含めかなり控えめな人で、ドラムスは以前から名前はよく見ていましたが聴くのは初めてだと思う。私はこの人のドラムスはけっこう好み。1stセットはスタンダードのみでしたが、久し振りの美千代さんのピアノも堪能。
ステージが終わり、美千代さんにも妊娠報告。帰りは武蔵野線から南武線、分倍河原で京王線に乗り換え。乗換えがとてもスムーズで早く帰れました。

|

« 2010年4月のライヴ予定 | トップページ | 久しぶり学会発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

途中、悲しい報告なのかと、ドキドキしてしまいました。
 
>まあ、そんなこともあるので、もし妊娠初期段階で、医者から残念な報告を受けても、別の病院にいって診てもらうようにしましょう。
あるんですね、こんな事。 産婦人科は医師不足と聞きますが、もっとしっかりしてほしいもの。 ショックの余り、本当に流産していたらと思うと・・・。
喜びが倍増する結果となり、本当に良かった!
 
台湾は料理もデザートも、とても美味しいみたいですね。 たくさん召し上がってきて下さい。 ナルセさんなら、帰ってから、自分でも作ってみちゃうのでは(笑)。

投稿: 岡山のTOM | 2010年3月31日 (水) 03時06分

TOMさん

ありがとうございます。
本当にこのことは特に妻にはショックで、そのクリニック医師への恨み節を聞かされたものですが、そんな負の感情は胎児に悪いとなだめたものです。

妻には今井雅子さんの「マタニティ・オレンジ」を読ませています。かなり楽しんでいるらしく、「これは本にするべきだ!」といっています。
今井さん自身も一段楽したら「たま語」と一緒に出版を目論んでいるかもしれませんね。

それにしても、魅力的な子どもに成長しているたまちゃん。わが家も今井家の子育て哲学から学ぶことは多そうです。

台湾旅行、私は言葉が通じず、おそらく歯がゆい想いをするでしょうから、写真をいっぱい撮ってきますね。
そして、映画『トロッコ』の公開も楽しみ。

投稿: ナルセ | 2010年3月31日 (水) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/47949190

この記事へのトラックバック一覧です: 慌しい平日:

» パスポート申請から取得ができる全国のセンター [パスポート申請から取得ができる全国のセンター]
パスポート申請から取得までを、スムーズに進めるための知識を得ることができます。また、全国のパスポートセンターを紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 14時09分

» 妊娠初期症状研究所 [妊娠初期症状研究所]
妊娠初期症状のことから出産後のことまでサポートします! [続きを読む]

受信: 2010年4月 2日 (金) 23時14分

« 2010年4月のライヴ予定 | トップページ | 久しぶり学会発表 »