« 廃棄の文化誌 | トップページ | 助産院にて初検診 »

3ヶ月ぶり散髪

6月4日(金)

この日は美容室を予約した。午前中の講義を終え、有楽町で観たい映画を観て、自宅近くの美容室に行く予定を立てたが、ちょっと私の都合のよい時間では美容師さんが都合悪いというので、映画を変更。大学近くの名画座で観ることにした。

飯田橋ギンレイホール 『恋するベーカリー
ロードショー上映では結局観なかった、メリル・ストリープ主演作品。彼女ももう相当な歳なのに、衰えることもなく主演映画を立て続けに撮っている。でも、さすがにベッドシーンもあるような恋愛映画はどうかなと思って躊躇している間にロードショーは終わってしまったが、時間的によさそうなのが、これくらいだったので観ることにした。ギンレイホールは2本立て。もう1本は私も観た『500日のサマー』。こちらは若者向けだが、すでに、相当の座席が埋まっている。当然平日の昼間だから年配の人が中心なのだが、さすがに、『恋するベーカリー』の時には半分くらいは埋まっていたのではないだろうか。まあ、こういうところに足繁く通う人は相当の映画ファンということで(年会費を払えば1万円で1年観放題)、私が好きな最前列も埋まっています。私は2列目で鑑賞。
予告編で分かっていたが、パン屋を経営するのがメリル演じる主人公。離婚して10年になるが、3人の子どもを育て、長女は婚約し、長男は大学を卒業、そして次女が大学進学とともに一人暮らしを始める。老後にはまだ早いが、一人で悠々自適の生活を送るために自宅の増築を計画。そんな折、友人の結婚30周年パーティや息子の失業式で再婚した元夫と会う機会が増える。たまたま息子の卒業式のために宿泊したニューヨークのホテルが同じになり、バーで意気投合して飲み明かし、ベッドを共にしてしまう。その一方で、自宅増築のために頻繁に会うことになった建築家とも仲良くなり、さてどうするか、という中年の恋愛劇。さすがにちょっと映像的にどうかなというシーンもあるが、結末などはなかなかありそうでない展開で後味が良い。ちなみに、原題は「It's complicated」というタイトルで、それを活かしてなんとか日本語にしてほしかった。

美容室の予約時間まで余裕があるので、新宿から小田急線で下北沢へ。歩いて池ノ上まで行き、旧bobtailことruinaにて、bobtailオーナー羽場達彦氏のお別れ会に参加する。受付には常連の服部さん、店内にはシンガーの犬塚彩子さん。さすがに平日のこの時間だと人は少ないですが、ご焼香をさせてもらい、冷たいジャスミンティーをいただきながら、羽場さんの写真アルバムを拝見する。私の少し前には大槻ケンジ氏が来ていたようだ。アルバムには大槻氏と羽場さんが2人で写っている写真もあった。

調布に戻って美容室へ。前にも書いたが、ここの美容室は鏡にモニターが組み込んであって、映画を流している。この日はジョン・トラボルタ特集。『ソードフィッシュ』の冒頭だけ観たが、もっとゆっくり観たかった。面白そうだ。さて、髪型の方は、前回久し振りに前髪を少し短くしてもらったということで(妻以外に誰も指摘しなかったが)、3ヶ月も伸ばしっぱなしだったので、すっきり。今月末には台湾旅行を控えているので、短くしてもらって正解。でも、先日ベリーショートにした妻の方がまだ短い。

6月5日(土)

講義の後、急いで水天宮前に移動する。13:30の待ち合わせ時間まで少し余裕があったので、乗り換えの神田駅前のサンマルクカフェで急いでランチ。待ち合わせは妻と私の母。妊娠五ヶ月目の「戌の日」にお参りをするのが風習らしい。まあ、安産祈願といえば水天宮。水天宮は人形町にも近いが、私が20歳の時に亡くなった父が長い間人形町に勤めていたので、ある意味では馴染みのある場所。つい最近も『新参者』というテレビドラマで頻繁にこの辺が出てくるらしく、その辺りを訪れるのも目的。
しかし、地下鉄から地上に出てみると、なんと長蛇の列。水天宮はもともと小さなところだとは知っていたが、まさか入場制限をしているとは。この日はかなり日差しも強かったし、断念してお茶をすることに。お目当てのお店はカフェ・ドルチェ。1階は三原堂という和菓子屋なのだが、ここは洋菓子も扱っていて、それらは2階の喫茶店でいただける。そう、ここのケーキは父親が頻繁に買って帰ってきた思い出の味なのだ。それは30年前のことだから、変わらないメニューというのはショートケーキとチーズケーキだけだったが、私はチーズケーキをいただく。妻と母は新しいロールケーキ。チーズケーキは何一つ変わらない味。他で同じような味には出会ったことがないんだよな。
せっかく、ここまできたので、戌の日を当て込んで、近くのホテルで開催されていたマタニティフェアを覗く。それから地下鉄で三越前に移動して母親のショッピングにつきあう。やっぱりけっこう都会が好きなようです。久し振りにみる楽しそうな顔。新しい靴もゲットしてご満悦でした。最後は3人で夕食。妻は寿司が食べたいといっていたが、めぼしいお店がないので、鰻に変更。まだ時期的には早いかもしれませんが、久し振りの贅沢。

|

« 廃棄の文化誌 | トップページ | 助産院にて初検診 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/48565731

この記事へのトラックバック一覧です: 3ヶ月ぶり散髪:

« 廃棄の文化誌 | トップページ | 助産院にて初検診 »