« 役所での諸々手続き | トップページ | 新しい小説のために »

思い通りにいかない授乳

妻の友人が来てくれている間,いろんなことがあった。妻の母乳は思うように出るようになったものの,なかなか子どもは乳頭をうまくくわえられない。助産院での入院中は,乳頭にシリコン製の哺乳瓶の先のような,「乳頭保護器」を使って練習していたのだが,それは助産院の借り物なので,私がpigeonのものを購入したが,息子はお気に召さないようでうまくいかない。

前回,新生児は3日間は飲まず食わずで生きていけると書いたが,さすがに一週間経ってくるとそうはいかない。妻はちょっと焦り,友人が購入してくれた搾乳機で母乳を搾り,冷凍し,それを解凍して暖めて哺乳瓶で飲ませるようにした。すると,息子はゴクゴクと母乳を飲み始める。とりあえず,安心した妻はその方法で数日間を乗り切った。排便もよくするようになり,心なしかふっくらしてきたような気もする。搾乳した母乳が足りない時には,以前サンプルでいただいたキューブタイプの粉ミルクも飲ませてみたが,これも問題なく飲んでくれる。場合によっては,母乳の味に慣れると,粉ミルクを受け付けないという子どももいると聞いた。だから,一時的に誰かに預けたりすることを考えると,母乳オンリーではなく,粉ミルクの味も覚えさせた方がいいという考えだ。

しかし,その友人が帰り,数日すると,妻がネットからいろんな情報を入手し,落ち込んでいた。新生児で哺乳瓶から飲ませるのは危険だという。哺乳瓶は子どもの吸引力が弱くてもどんどん口に入ってくるので,どんどん飲んでしまう。それは母乳から強い力で吸引することを忘れてしまったり,また哺乳瓶の先に慣れてしまうと,母親の乳頭を吸わなくなってしまうという危険もある。もう一つは,乳頭から直接飲む場合と違って,どんどん母乳が体内に入ってしまうために,子どもが消化しきれないとか,空気と一緒に飲み込んでしまい,ゲップをする間がないとかという悪い点もあります。

ともかく,そんな情報を知ってしまった妻は,取り返しのつかないことをしてしまったのではないかと泣きながら訴える。マタニティブルーという言葉がありますが,まさにそんな感じで精神不安定の妻。もともと,何か悪いことが気になると彼女の頭の中がそのことで占有されてしまう性向がある。他のことがうまくできていても,そのことだけでこの世の終わりを想像してしまうのだ。といっても,こればっかりは「じゃあ,私が代わって母乳を与える」というわけにもいかないので,代替策を2人で検討する。これもどこかに書いてあったことだが,母親の乳頭と哺乳瓶の先で混乱してしまうという症状は,3,4日どちらかに統一することで改善するという情報を信じ,今後は哺乳瓶を使わないという方針で決定。

けど,いきなり乳頭を直にくわえるのは難しいということで,ここ数日飲んでいた哺乳瓶の先を乳頭にあてることで授乳してみることにした。飲み心地は変わらないけど,母乳が口に入る量は自分の吸引力次第,ということだ。これでそれなりにうまくいくようになり,3日後くらいからは,乳頭から直の授乳がうまくいくようになる。

しかし,問題は解決したわけではない。もともと,乳頭をしっかりくわえて吸い始めるまでに時間がかかるのだ。お腹が空いているはずなのに,乳頭をくわえるのを拒否する。足を伸ばし,頭をのけぞらせ泣く。乳頭をくわえ,2,3回吸って母乳が出てこないとすぐに諦めてしまうようだ。まあ,ただこれも妻が辛抱強く,乳頭をくわえさせることで大抵は解決するのだが,問題は夜間。

私はこの方針が決まってから,翌日会社などで朝早いときは別の部屋で寝るようになった。妻が授乳に専念できるように,食事の用意や洗濯は私がしなくてはならないからだ。育児休暇中はそんなことで,哺乳瓶を使っていたので,私も一緒に寝て,子どもが欲しがった時には冷凍母乳を解凍して温めてみたいなことを手伝っていたのだが,直接授乳だと,私が一緒にいても手伝えることはないからだ。しかし,毎日別の部屋というのも寂しいので,翌朝遅くて大丈夫な日には一緒に寝るようにする。たまたま,子どもの夜泣きが収まらなかったときに私が抱きかかえてなだめようとしたのだが,明らかに昼間とは様子が違う。昼間は私が親であることを認識し,抱きかかえたり,話し掛けたりしてやると,私の眼を見て落ち着きを取り戻していくのだが,夜間は全く私の眼を見ようとしないし,声を聴こうとしない。触れられていることにすら安心をおぼえないという始末。まさに,「真夜中は別の顔」。ようやく,妻が泣いて訴えるほど夜中に苦労していることを知る。

ということで,まだまだ多難な育児の道は続く。

|

« 役所での諸々手続き | トップページ | 新しい小説のために »

育児」カテゴリの記事

コメント

つい最近『おっぱい先生』という番組を見ました。「完全母乳」「直母」に奮闘する母親と、それを手助けする先生の話でした。乳頭保護器を使うと直母ができなくなるらしいのですが、でもその器具を使わないと赤ちゃんは泣き叫ぶだけで母乳を飲まない。原因が乳頭の小ささあるらしく、自分に原因があると落ち込んだ母親は涙を流していました。
『母乳をあげる』という行為一つでも、こんなに苦労し、子供一人を育てるのがいかに大変か、子供という存在が親からどれだけ大切に思われているのかが伝わってきました。母親って偉大ですね!!
そして自身は母に対して感謝以上に謝罪の気持ちでいっぱいになりましたm(__)m

投稿: アードベック | 2010年11月14日 (日) 19時05分

アードベックさま

その番組,よさそうですね。残念ながらわが家にはテレビがないのです。しかし,テレビのない家で子どもがどう育つのか,楽しみでもあります。
赤ちゃんの頃の親の苦労を,ことあるごとに子どもに語っていけば,親を蔑ろにするようなことはないんでしょうけどね。これもあくまでも理想論かな。

投稿: ナルセ | 2010年11月15日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/50018644

この記事へのトラックバック一覧です: 思い通りにいかない授乳:

« 役所での諸々手続き | トップページ | 新しい小説のために »