« 地震 | トップページ | 息子,歯が生える »

学会も中止

わが家にテレビはないが,先日献血の際にちょっと観ただけでも,テレビの世界はすごいことになっているようだ。CMも流さずにどこの局も今回の地震にまつわるニュースばかり。同じようなニュースばかりが報道されているのに,地震の被害の全容が明らかにならないというのはどういうことなのか。
一方で,仕事をしながらもそれなりにネットのニュースは気にかけているが,スポーツやエンタメまで,誰がいくら義捐金を出したかなどの記事ばかり。帰宅してmixiなどで知人の日記やつぶやきをチェックしたりはしているが,これまた地震と関東地方における生活の混乱に関する話ばかり。そういいつつ,私もこんな日記を書いている。まさに災害とは暴力的に人々の意識を支配してしまうものなのか。人々は知人の安否をここぞとばかりに心配するが,何もなければ一年に一度も連絡を取らなかったりの間柄だったりする。地震がなくたって,人は職を失い,病気になり,事故に遭い,恋人と別れたりするというのに。人間なんて所詮自分勝手な生き物なのだ。

さて,まずは私のここ1週間のこと。東京電力による輪番停電が始まった。はじめの2日間は実際にはわが家のある地区を含む第2グループは停電にならなかったが,その時間に停電になることを想定し,わが家では私が帰宅してすぐに食事とお風呂を済ませ,18:30には布団に入れる準備をした。さすがに4ヶ月の子どものお風呂を22時まで待つわけにはいかない。しかし,なんとわが家の町丁目は第2グループには入っていなかった。つまり,よっぽどのことがない限り,わが家は停電しないのだ。
まあ,それは一つの安心ごとなのだが,その頃の京王線はその輪番停電の区間の運行を停止していたのだ。結局停電は行われなかった日でも電車は止まったので,会社は早めに帰宅した。そして,実際に停電が実施され始めると今度は会社の業務に支障をきたした。最近の業務がいかにパソコンに依存しているかを自覚することになる。全く何もやることがなくなるのだ。年度末の忙しい時期だというのに,まあ,残業しなくてすむというのは嬉しいが,作業を思うように進められないというのはけっこう困る。

最後に,表題について。余震が続くこの1週間,できるだけ家族一緒にすごすということで,場合によってはそれなりに時間ができるのだが,私はコツコツと学会発表の準備をしていた。日本地理学会の春季学術大会が3月29日から明治大学で開催される予定で,私は口頭発表にエントリーしていたのだ。私の発表日は2日目の30日の水曜日。会社を休んで参加する予定。しかも,今回の題目は私がここ数年足しげく通っていたライヴを取り上げて,下北沢の話をしようと思っていた。ハシケン,HARCO,朝日美穂という3人のミュージシャンを取り上げることもあって,それぞれの楽曲を発表の際に流すことを考えていたので,著作権のことを学会に問い合わせたり,いろいろな準備もあったりして。
しかし,17日の会議で最終的に学術大会の中止が決定される。まあ,かといってこのネタは論文にするつもりなので,その執筆作業は進めているのだが,この準備作業が私が地震のことを考えなくて済む非常に重要な存在だったのに,ちょっとその目標を失った感じです。学会側のその決定に不服はないのだが,一方的なイヴェントの中止などとは違うので,中止にいたった議論の経緯をしっかりと示すべきだと思う。正直,そこは非常に残念だった。地理学には自然地理学と人文地理学とがあるが,自然地理学は地震に関連し,人文地理学は環境知覚や町づくりなどとも関連するのだから。実際,阪神淡路大震災の後には学会をあげてシンポジウムを行ったくらいだから。まあ,だからこそ今回の学会は速戦的に貢献できない地理学会の無力さを顕著にするだけだという判断なのかもしれないが,それならそれで会員に対してはそれをきちんと説明すべきだと思う。

|

« 地震 | トップページ | 息子,歯が生える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

学会発表,ぜひお聴きしたいと思っていましたが,中止となって
しまい残念です。

タイトルだけを拝見して,ダグラス・ポコックの「地理学と音楽」
(だったかな)を思い出しました。

投稿: あおき | 2011年3月21日 (月) 01時01分

久々に次の学会に行こうと思っていただけに残念です。先輩の研究も拝聴したかったです。別の場所でぜひ。

それはそうと今後、震災と復興に関する研究は次々に出てくるでしょうね。地理分野への科研費も落ちやすくなるかな?(笑)

投稿: neo_logic | 2011年3月21日 (月) 07時49分

あおきさん

こんにちは。
そうですね。前回は朝一でしたが,今回は午前中の最後だったので,聞きやすかったのに残念です。
そうですね。音楽地理学の先駆者といえばポコックです。私も久し振りに講義用に『心のなかの景観』を読み直したところです。でも,内容的にはかなり違いますけどね。

neo_logicさん

まあ,自分で発表しない限り,研究職以外の職を持っている人は行きにくいし,魅力的な学会ではないですよね。
震災関係でも科研費が地理学に落ちるかどうか...

投稿: ナルセ | 2011年3月21日 (月) 11時53分

そういえば、発表要旨集って届きましたか?

投稿: あおき | 2011年4月19日 (火) 22時54分

あおきさん

私は毎回買いませんので分かりません。
最近は予約制になったんでしたっけ?

投稿: ナルセ | 2011年4月20日 (水) 21時20分

いわゆる定期購読ってやつです。
会費と一緒に請求されます。
あとで確認してみなくちゃ…

投稿: あおき | 2011年4月20日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/51162712

この記事へのトラックバック一覧です: 学会も中止:

« 地震 | トップページ | 息子,歯が生える »