« カルチュラル・アイデンティティの諸問題 | トップページ | 歓待について »

放射能

なんだかんだでこんなネタですみません。

某氏が今回の震災を「天罰」といったとかいわないとか。私はその発言の文脈を知らないのでそれ自体に対してコメントはしませんが、似たようなことを考えなくもない。それは今回の地震や津波に対してではなく、原子力発電所に関してだ。なにやら、放射能の影響が、地震そのものでは影響のなかった東京にまで及んでいるという。計画停電という形では私たちはその影響を分かりやすく理解できるが、放射能はそうではない。いわば「見えない恐怖」だ。見えないからこそ必要以上に恐怖を感じるのか、あるいは見えないから実感として恐怖は感じないのか。人それぞれだと思うが、私は後者である。また、このことに関しては、それ以上の感情もある。福島原発がこんな事態になってしまったのは政府の対応の遅れが原因だとか、いやいややっぱり東京電力の問題だとかいろいろいう人はいるだろう。自分以外の人や物に原因を求めたがるのは人間の基本かもしれない。
しかし、そもそも原子力発電所を国内にいくつも作る必要が生じたのは、私たち日本という国に住む人間たちが電気というものに依存した生活をしているからだ。日本で原子力発電所がいつからできはじめ、現在何箇所存在するのかも知らないが、そもそもこの国は原子力発電所を作るということを、あるいは国内で供給する電力を原子力でまかなうという決定について国民への承認はあったのだろうか。私が研究している田沼武能という写真家の戦後の東京の写真のなかに、「手作り自動車で走るカップル」みたいな一枚がある。ナンバープレートまでいかにも手作りだ。自動車が普及する前、手作りというのはどういうことなのか分からないが、独自のルートで外国から輸入して、交通法が整備される前に、運転していた人はいたと思う。話がそれているようにも思うが、例えば、石炭から石油へのエネルギー転換、これは恐らく国の政策云々よりも成行きに任せて、長い期間を通じてのものだったと思う。その取引が民間によるものである以上、国の政策や法制度の確立は後付けになるのは当然だ。
しかし、原子力発電所となると、空港などの大規模施設と同様に、一電力会社の力だけで作れるものではないし、原子爆弾の投下を経験しているこの国において、その危険性は明らかで、原子力発電というものが自発的にこの国に導入したとは考え難い。まあ、なにも私は原子力発電を導入した国の責任をどうこういっているわけではなく、それはうなぎ上りに上昇していく電力需要に対応するためのやむを得ない決断だったにすぎないといいたいのだ。関東地方に住む私たちは、計画停電によって電気のありがたさを身にしみて感じたはずだ。しかし、それ以前は不必要に電力を消費する、そんな浪費生活を誰もが送っていたに違いない。その恩恵の一部は原子力発電所にある。しかも、その施設は日本国中の地理を十分検討したうえで決定されたに違いない。少なくとも、多くの人間が生活する大都市部からは遠く離れた場所に。最大の恩恵を受けている人たちの危険性が最小になるように。

つまり、今回の放射能騒動は、この先どうなるかわからないが、そんな電気に恩恵を受けてきた私たちがその代償として浴びなければならない恐怖であり、被害である。

|

« カルチュラル・アイデンティティの諸問題 | トップページ | 歓待について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/51212366

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能:

« カルチュラル・アイデンティティの諸問題 | トップページ | 歓待について »