« 昭和旅行誌 | トップページ | 星の処女神 エリザベス女王 »

新築お呼ばれ2件

4月15日(金)

妻が急に鶏排(チーパイ)を食べたくなったというので,急遽秋葉鶏排に行くことにする。鶏排とは台湾風の鶏のから揚げ。鶏の胸肉を1枚丸ごと薄く伸ばし,スパイスたっぷりタピオカ粉の衣で揚げたもの。昨年の台湾旅行でも食べたが,スーパーの前に出ている小さな屋台でも揚げたてを売っているような,ファストフードの一つ。土日の秋葉原は混んでいるので,金曜日にしたのだが,お店の定休日を調べようとホームページを開くと,なんとこの日で閉店。今回の地震の影響で秋葉原を訪れる台湾や中国の観光客が激減し,売り上げが減ったとのこと。妻は非常に残念がる。今のところ,東京で鶏排を食べられるお店は他にないようだ。久し振りに電話をかけてきたという妻の友人と待ち合わせる。1年ぶりの秋葉原はまたよく分からない。携帯電話で調べてなんとか店に向かう。お店は賑わっていたが,それは最終日だからだろうか。ちょうどお昼時なので,店内で食べている台湾人たちや,ランチをテイクアウトで買いに来る日本人たち。最近,イートイン用に3階にも店舗を拡張したとあったが,やってなくて,1階で空き席が出るのを待ち,なんとかランチにありつく。おなかいっぱい。
続いて,初めてヨドバシカメラの秋葉原店に入る。なんと,3階から7階まで全て授乳室つき。とりあえず,息子のランチタイム。私は店内をウロウロ。やはり元々の秋葉原は電気街といっても,今みたいなゲームやパソコンではなく,オーディオが主流だった。なぜか,私の兄はわざわざ秋葉原の石丸電気によく洋楽のLPを買いに行っていたな。まあ,そんなこともあってか,このフロアはオーディオ機器が充実しています。視聴できるコーナーも広くて数も多い。店内はそれなりの人の入りだが,店内の喫茶店は空いています。一休み。
その後,妻が金を下ろすというので程近いATMに入ると,何と前の人が忘れていった現金6万円を発見。直前に出て行った人を呼び止めるが違うという。しょうがないので,近くの交番に届けようとすると,最寄が警察署だった。なにやら面倒な手続きをして預けてくる。でも,3ヶ月受取人が現れなければ,妻のものになるらしい。まあ,現金だから本人の申告がないと誰のものだとはいえないし。

4月16日(土)

昼間,映画を観に渋谷に行く。受付をして,PARCO地下の本屋へ。そこで比較的大きな地震。地下で今回の一連の地震を感じたのは初めて。カフェ「人間関係」で早いランチ。

渋谷シネクイント 『ランナウェイズ
選んだ映画はこちら。1975年に結成された実在するガールズ・ロック・バンド「ランナウェイズ」を題材としたもの。まあ,この手のは大抵想像できるので,必見という感じではなかったのだが,『アイ・アム・サム』のダコタ・ファニングと『パニック・ルーム』のクリステン・スチュワートの共演ということで,成長した2人を見守るべく,観に行った。
映画館には実物のCDも売っていたが,きちんと日本版も出ているし,映画のなかでもあったように,日本公演もしていて,「ライブ・イン・ジャパン」というCDも発売されている。当時,主演の2人が演じるヴォーカルとギターは15歳か16歳くらいだったようだが,ジャケット写真ではそうは見えない。当時のミドルティーンは老けてますね。
そして,酒とドラッグ浸りな日々。ダコタ演じるヴォーカルの女の子が,「普通の生活を取り戻したい」と脱退して解散,そんな展開。しかし,クリステン演じるギターの子は,音楽活動を続け,今でもやっているとのこと。まあ,それなりには楽しめる作品。

さて,映画の後は妻のママ友であるご近所さんの家にお邪魔する。友人が来て手巻き寿司をするからといって,わが家にも声を掛けてくれた。うちを除いて,それぞれ5歳の男の子がいて,その下に女の子がいる。女の子たちはそれぞれわが家の息子と1ヶ月ずつ年上。そんな,大人の女性3人,大人の男性2人,男の子2人,赤ちゃん3人という大人数。新築の一軒家だが,狭く感じる。約束の時間にうかがうと,まだまだ準備はこれからだという。結局,なんだかんだで長居してしまって,お腹いっぱい,息子は眠れず騒ぎすぎて疲れてしまう。いつもより相当遅い時間に急いでお風呂に入って就寝。

4月17日(日)

この日は妻の友人宅を訪ねる。私も以前2回ほど会ったことがあるが,5歳と1歳の2人の息子がいて,昨年マイホームを新築したというので,わが子お披露目も含めて遊びに行くことにした。実は,前にもblogで書いたが,数ヶ月前に行く予定だったのだが,息子の鼻風邪が直らず,延期。すると,今度は地震で余震だの停電だので,訪問が延びていた。
電車を乗り継いで埼玉まで。3階建ての新築は素敵でした。1階はガレージと仕事場(夫婦ともにミュージシャン)ということで,キッチンとリビングは2階。前回引っ越す前に訪れた時も私は長男の遊び相手になったのだが,今回も活発な長男のいいなり。次男は帰宅するなり寝てしまって,息子は妻に抱かれたままママトーク。私は3階に連れて行かれ,大量のおもちゃと遊び,それに飽きると隣の公園に出てサッカーだの自転車だの。気づけばあっという間に3時間が経過。帰りも家族で駅まで送ってくれましたが,その間もずーっと走って競争。楽しかったと同時に翌日は全身そこらじゅう痛し。

Photoこちらは別のママ友のお宅にお邪魔して衣装をお借りして妻が撮影。

|

« 昭和旅行誌 | トップページ | 星の処女神 エリザベス女王 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/51409860

この記事へのトラックバック一覧です: 新築お呼ばれ2件:

« 昭和旅行誌 | トップページ | 星の処女神 エリザベス女王 »