« 時代の目撃者 | トップページ | 大正デモクラシー »

ハイハイ開始

今日は私の誕生日。

そして,2日後に息子は9ヶ月を迎える。4ヶ月頃から生え始めた歯はすでに上下4本ずつで8本。前にこの日記にも書いたように,匍匐前進により一気に活動範囲は広がったが,それから間もなく急展開を遂げている。まずはつかまり立ち。足元はおぼつかないが,私たち大人と違って,足にかかる体重が軽いので,多少足の指や足首が曲がっていようと,捻挫したり指が折れたりはしないようだ。軽いだけでなく,間接が柔らかいということもある。
とりあえず,匍匐前進ができれば用は足せそうな気がするが,なぜか立とうとするのは,まさに人間だからだ。四足歩行と二足歩行のどちらが効率的かとか,二足歩行の方が手が空いて他のことができるとか,個々の個体の成長過程で考えて選択するわけではない。でも,つかまり立ちの練習は一生懸命やっても,相変わらず身体的な移動は匍匐前進が続いていた。このままだと,きちんとしたハイハイを経由せずに歩き始めるのではないかと思い始めたつい先日,息子は突然ハイハイをし始めた。匍匐前進というのは,二の腕を使ってお腹が地面についたまま,足は全面を地面につけたままで前に進むのだが,正式なハイハイは手の平だけを地面につけ,お腹は宙に浮いた状態で,膝から下だけで前進するもの。前に進む速度はハイハイの方が遅いのだが,やはり高度な技術を使いたがるというのは,人間の成長の不思議を身をもって実感する出来事。

さて,ということで,わが家の引越しは素晴らしいタイミングで,息子9ヶ月の当日に行うことになった。もうダンボール詰めはあらかた終わり,後は食器や靴,その他こまごまとしたもの。当日,雨が降らないことだけを祈る。

|

« 時代の目撃者 | トップページ | 大正デモクラシー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/52316546

この記事へのトラックバック一覧です: ハイハイ開始:

« 時代の目撃者 | トップページ | 大正デモクラシー »