« 新しい翻訳論文 | トップページ | 新しいこと2つ »

不覚

5月18日(金)

この日は妻が映画2本だて。私は息子を連れて近くの図書館に出かける。当初は雨の予報だったが,明け方に降ったきりやんでしまったので,歩いて図書館まで。しかし,図書館近くで雲行きが怪しくなり,ポツポツ降り出す。予定では図書館での用事は早く済ませ,府中駅近くの児童施設で食事をする予定だったが,図書館にいる間に雷雨が激しくなる。私の用事はすぐに済んだが,傘も何も持たずに出かけてしまったので,図書館で雨宿り。ちょっと思い立って,息子の観賞用のDVDを探しにいった。もう,息子はベビーカーに乗るのは嫌だというので,歩かせていったが,私の行きたい方向に行ってくれないので,しばし放置してDVDコーナーを観ていると,なんと息子の大泣き声。どこにいるかも分からず,鳴き声の方に向かうと,なんと4階と3階とを結ぶ階段の3段下くらいに倒れていた。どうやら,一人で下りようとして,頭から落ちてしまったらしい。初めて見る額の大きなたんこぶ。私がとりあえず抱きかかえてどうしたらよいものかとあたふたしていると,図書館のスタッフが寄ってきて,「とりあえず冷やしましょう」といろいろ探してきてくれる。でも,息子はたんこぶに触れられるのが痛いらしく,ひたすら泣き続ける。ひとまず,スタッフに最寄りの小児科を聞くと,すぐ近くにあるというので,連れて行く。医者はたんこぶをさわり,「多分それほど大きな衝撃ではないので,大丈夫でしょう。自宅で様子を見て,食べ物を吐くとか,フラフラするとかであればまた連絡してください」とのこと。
医者についた頃には泣き止んでいたので,ひとまず安心して昼食を食べに移動。周りの親子に気を取られて食事は思ったようにすすみませんでしたが,本人は怪我のことはすっかり忘れている様子。その後も1時間以上子どもの遊び場で遊ばせたけど問題なし。むしろ,帰り際にはもっと遊びたいと泣き出す始末。でも,ベビーカーに乗せて移動した途端寝てしまった。
その後も変わった様子はなく,ひとまず安心。しかし,いつも通り軽く転んだりぶつけたりして,それがたんこぶだと相当痛いらしく,大泣き。一度はたんこぶが再び腫れて大泣きしたが,今は徐々に回復中なり。やはり,まだ1歳半では何するか分からないので,要注意ですな。

5月19日(土)

この日は妻の希望で,多摩動物公園に行く。一応,息子にとっては人生の大イヴェントですが,あまり詳細に書かないことにしましょう。正直いって,1歳半で動物園はまだ早いようです。特に何を見て驚くでもないし,ともかく広い場所に来て,思うように行ったり来たりするだけ。まあ,近所の公園でも同じでしたね。

5月20日(日)

この日は私の単独行動。朝10時から髪を切りにいき,新宿に移動して,昼食。

タワーレコード新宿店 竹仲絵里
4月に発売されたミニアルバム『Sang』の発売記念インストアライヴ。彼女のライヴも久し振りです。オリジナルアルバムが2年振りだといっていたので,まさにそんな感じですね。今回はノルウェーで録音したということで,私の好みの仕上がりになっていますが,収録された曲は全て2011年に書かれたものだという。そして,震災の3日後に書かれた「おなじ星空の下で」が一つのきっかけとなり,また「歌がきこえる」というのは本人的にかなり自信作のよう。確かに,私が好きな「gerbera」と似た雰囲気がありますね。前作『Garden』は,先行シングル曲が何曲も入った,吉本に移籍してからの販売戦略がありありの感じであまり好きになれませんでしたが,本作のような作品を作らせてもらったというだけで一安心です。やはり強い芯のある女性ですから,このままの路線で活動していってくれることでしょう。

新宿ピカデリー 『ポテチ
その後は映画。こちらもちょっと震災がらみで,仙台在住の作家,伊坂幸太郎原作を,伊坂原作作品をこれまでいくつも映画化している中村義洋監督が,そしてその映画によく出演している濱田 岳を主演に向かえ,仙台で撮影を行ったという作品。前売り券が1000円で,上映時間が60分強と短い作品。
濱田君の相手役が木村文乃という女優さんで,私は初めて観ましたが,なかなか魅力的な女性。その存在感がこの作品のなかでは重要でしたね。石田えりさんとのやりとりも面白かった。私もかつては野球少年だったし,そういう意味でも楽しめる作品。

|

« 新しい翻訳論文 | トップページ | 新しいこと2つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昭くん、大した事なくて良かったですね。
 
ナルセさんが野球少年だったというのは、ちょっとびっくり(笑)。
私もそうでした。
観戦も好きで、昔2年間だけ横浜に住んでいた時には球場へプロ野球を観に何度も通ったものです。
王選手の756号のホームラン世界新記録を、後楽園球場のライトスタンドで生で見たんですよ。プチ自慢です(笑)。

投稿: 岡山のTOM | 2012年5月26日 (土) 03時19分

TOMさん

やはり,サッカーが主流になる前は,野球はポピュラーでしたよね。
私は2つ上の兄と一緒に野球をしていたので,後楽園球場には何度か観戦に行きました。戦隊ヒーローもののステージを観に,後楽園遊園地にも行っていたようです。

いやいや,それにしても王選手の756号を生で観たというのは,かなりの自慢でいいと思いますよ。

投稿: ナルセ | 2012年5月26日 (土) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/54758706

この記事へのトラックバック一覧です: 不覚:

« 新しい翻訳論文 | トップページ | 新しいこと2つ »