« 不覚 | トップページ | 那覇:戦後の都市復興と歓楽街 »

新しいこと2つ

5月25日(金)

この日は家族で仙川。いくつか新しいことが始まる。一つはベランダ家庭菜園。もう一つは新しいオーブンレンジの購入。ベランダ家庭菜園のためにプランタと土と苗を買う。オーブンレンジは現在使っているものよりも一回り大きなものになるので,置き場所に工夫が必要。現在は私が一人暮らしのときから使っている食器棚の上に乗せているのだが,新しいものは奥行が足りない。他の場所はなかなか思いつかないために,結局,食器棚の上に板を乗せて固定することで対応することに。
ということで,ホームセンターのある仙川に出かけた。島忠の店員さんに聞いた結果,けっこう大きめのプランタを購入。土は肥料込みの25リットルもの。それでも,苗はキュウリと唐辛子が1株ずつ。キュウリのための支柱も購入。食器棚の改良の方は,幅が現状通り70cm,奥行が40cmということで,91×40cmの板を購入し,カットしてもらう。どちらの買い物もかさばって重いので,1050円かけて配送してもらう。

5月26日(土)

翌日は一人行動。講義後,また吉祥寺に向かう。

吉祥寺バウス・シアター 『ミッドナイト・イン・パリ
まずは映画。ウディ・アレンの新作だが,アカデミー賞でも脚本賞を受賞したらしく,評判も上々。久し振りに公開初日に観に行った。さすがのバウスシアターでも,満席にはなりませんでしたね。今回の主演はオーウェン・ウィルソンという俳優だが,私はあまり観たことがない。お相手はレイチェル・マクアダムス。出番は多くないが,けっこう露出が多く,意外にお得。タイトル通り,パリを舞台にしたものだが,フランス女優マリオン・コティヤールも出演していて,あまり下調べをせずに観たために,ちょっとした驚きが嬉しい。まだ公開されたばかりなので,内容については詳しく書かないけど,ちょっと最近の日本映画『ゴーストライター・ホテル』と発想が似ています。そして,古き良き時代のハリウッド映画の要素も取り入れながら,未だなお斬新で新鮮な作品をとり続けるウディ・アレンの秘密というか,考え方が詰まっている作品ともいえるでしょう。

映画が終わったら献血。今回は珍しく予約をしていました。というのも,吉祥寺の献血ルームはけっこう混雑するからですが,この日は意外と空いていました。なんとなくリニューアルして奇麗になってからいわゆる地元民のような人が減ったような気もします。

5月27日(日)

翌日は妻が一人行動。当初はいくつかの用事を済ませるために府中に行く予定でしたが,前日に大橋エリさんのblogを読んだ妻が,「深大寺植物公園のバラ・フェスタでerikuoが演奏するらしいよ。行ってきたら」との一言で予定変更。そういえば,この週末は息子をあまり遊ばせていないということで,決定。
深大寺植物公園へはいつもは調布駅からバスに乗っていくが,日曜日の深大寺行きバスはとっても混む。ベビーカーではかなり厳しいので,そして私自身の最近の運動不足もあったので,歩いていくことにした。布田駅から歩いて45分くらいか。到着後,早速バラ園に向かう。バラ園は想像以上に大きい。最近の息子は昼食後にお昼寝することが多いらしく,この日は家で昼食を済ませてから出かけたので,少し眠い様子。私の昼食はサンドイッチとコーヒーを持ってきたので,バラ園のなかのベンチで食べる。バラ園に来る人は写真を撮る人は多くても,飲食する人はほとんどいない。
バラ園を見下ろすステージに音響機材がセットされていたので,こちらで演奏はされるようだ。眠気もさめて元気になった息子を歩かせる。演奏が始まり,ベビーカーに乗せるが15分ほどで飽きてしまう。大勢集まったステージ付近から離れ,再び遊ばせる。演奏が終わって一段落した頃を見計らって戻ると,ちょうど大橋エリさん家族が控え室から出てきていたので挨拶。バラの前で私と息子を撮影してくれました。帰りも歩きで,今度は西調布駅まで。私が散々歩いた日曜日でした。
Photo

|

« 不覚 | トップページ | 那覇:戦後の都市復興と歓楽街 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実は偶然にも、26日は私も吉祥寺にいたんですよ。ちょっとの間でしたが。(詳しくは、またレポします)
そうか、バウスシアターは吉祥寺にあったのか~。いつかは入ってみたい映画館。前まで行ってみたかったなぁ。
「ミッドナイト・イン・バリ」はこちらでも上映中。近い内に足を運ぶ予定です。

投稿: 岡山のTOM | 2012年5月31日 (木) 02時01分

TOMさん

あらら,上京していたことは知っていましたが,まさか同じ日に吉祥寺とは。
そして,バウスシアターを知っているとは。
あそこは3つのスクリーンがあるのですが,3つとも全く雰囲気が違うのが面白いです。
『ミッドナイト・イン・パリ』はきちんと感想を書いていませんでしたが,非常に面白いですよ。

TOMさんのレポも楽しみにしています。

投稿: ナルセ | 2012年5月31日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/54822489

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいこと2つ:

« 不覚 | トップページ | 那覇:戦後の都市復興と歓楽街 »