« 鯰絵新考 | トップページ | 息子,体調不良 »

casa活動休止

9月9日(日)

神奈川県立近代美術館鎌倉館 鯰絵とボードレール展
先の読書日記にも書いたが,この日は朝から一人で鎌倉まで出かけた。南武線を武蔵小杉で乗り換えて湘南新宿ラインへ。乗り継ぎはあまりよくないが,この乗り換えのおかげで随分楽になった。この美術館は鎌倉の鶴岡八幡宮の敷地内にあるので北鎌倉駅で下車し,歩いていく。9月に入ってもまだまだ暑い。
この日は風邪気味の息子の世話をする妻を家においてきているため,急いで用事を済ませてとんぼ返り。この美術館はそれほど広くない。ちょっと入り口を間違えてしまい,第一展示室と第二展示室の間の廊下から第一展示室に入ってしまう。作品番号も若い順から展示されていないようで,ちょっと分かりづらい。まあ,美術展はそんなものだが,一枚一枚の作品(といっても,読書日記に書いたように,展示されているのは江戸時代のかわら版の類です)の解説もない。作品はけっして大きなものではないし,江戸時代の文字が筆書きで書かれていて,何も知らずに来た人にはなんのことやら,という感じではないだろうか。展示されている鯰絵はけっして芸術作品として描かれたものではないので,やはり解説文が必要だと思う。
本展示は,表題にあるように鯰絵だけではなく,気谷氏の『風景画の病跡学』とも関わるフランスの銅版画も展示されている。直接ボードレールに関わりがあるものではないが,まあベンヤミン風にいうならばボードレール時代のパリということだろうか。現代日本銅版画家が気谷氏に捧げた作品も展示されていたが,この作品の意味もその本を読んでいないと理解できない。まあ,ともかく不親切な展示だった。まあ,作品は何の前知識もなく,純粋な心で観るというのは一つの見かたではあるが,今回はどうだったのだろうか。

鶴岡八幡宮から鎌倉駅への移動の途中で昼食がとれるところを探したが,良さそうな店を見つけられず。結局,駅前の江ノ島電鉄ホーム近くの昔ながらの喫茶店で食べる。ここは以前夫婦で来た時にも食べたお店。禁煙ではないが,とても繁盛して賑わっているその活気が素晴らしいお店。
小町通り側に戻ってお土産を探すと,やはりありました。江の電のグッズ売り場。息子のためにお土産を買う。妻のためのお土産はなかなか決めきれない。私は鳩サブレーが良かったが,妻は反対したので,鎌倉カスターのニュージャーマンで探そうとしたが,生菓子は持って帰るのが面倒。駅の土産屋でもイマイチ。しょうがなく改札に入ると鎌倉ビールを発見。3種類を1本ずつ買って帰る。まあ,味はともかくお酒なら文句はないだろう。

9月15日(土)

青山プラッサオンゼ casa
ライヴ友だちのTOPSさんから,casaが活動を休止するというお知らせをいただいた。casaは姉と弟のユニットだが,今回の活動休止はcasaとしてというよりも,姉の夕紀子さんが人前で歌うことを当分お休みするということ。その告知がなされてから,夕紀子さんが出演するステージは3回あった。casaによるステージはそのうちの一回で,青山のプラッサオンゼだった。このお店は演奏が20時から始まるため,当初は行くことを考えていなかったが,casaとの長い付き合いを考えて,やはり行くことにした。というのも,妻の誕生日に初めて行ったクレヨンハウスのディナービュッフェがけっこう良くて,もう一度行ってみたいと話していたからだ。当然,ライヴ会場に家族3人で行くのは無理だが,開演前に挨拶するのはいいのではないかと思い立ったのだ。それを伝える前に妻が同じ提案をしてきた。下で,私のcasaライヴ歴を振り返るが,最後に行ったのは妻が出産直前だった。当然,casaの2人も息子には会ったことがないし,ひょっとしたらプラッサオンゼの女性店主クラウジアさんも覚えてくれているかもしれない。そんな人たちに息子を会わせたら喜んでくれるだろう。
お店に着いたのはちょうど開店直前。クラウジアさんもその娘さんもパッと見で私のことはわからなかったようだが,事情を話したらお店に入れてくれた。ちょうどcasaの2人もリハーサルを終えたところ。ひとしきり挨拶をして,妻と子どもを駅の近くまで送って店内に戻る。私は予約なしの1人客だったので,後方のテーブル席に座る。casaライヴで毎回にようにみかけたお客さんたちも続々やって来て懐かしい顔ぶれ。そういう人たちとコンタクトを取ることは少ないが,唯一私の誕生日イヴェントの時にお話ししたことのあるKさんが隣に座ってくれて,退屈しないで済んだ。casaのアルバム『すみわたる』にも参加しているフルート奏者の上野さんや,ドラマーの只熊さん,そしてシンガーのミトモタカコさんなどのミュージシャン仲間の顔もちらほら。店内はちょうどよい入りでした。
2ステージ,アンコール2曲の贅沢な演奏でしたが,私の知らない2年間にできた新しい曲や,アルバム『夢十色』の馴染みの曲,「花の名前」や「リトル・ハミング」など懐かしい曲まで,サポートはコントラバスの守屋さんのみというシンプルな構成でしたが,いいライヴでした。
さて,casaのライヴも当分聞けないということで,私がこれまで聞いてきたcasa,および古賀夕紀子さんのライヴを総括してみましょう。以下に示した他にも,流線形のバックヴォーカルやいさじバンドのゲストヴォーカルってのもありました。ちなみに,casa自体の活動歴は9年半だったそうです。

2004.7.1 吉祥寺Star pine's café
池の上陽水/おおはた雄一/〇十九壱/Quinka, with a Yawn/casa
私が初めてcasaの演奏を聴いたイヴェント。私はQuinka目当てだったわけですが,bobtail中心のメンバーですね。ここになぜQuinkaが入っていたのか謎。

2005.3.13 吉祥寺bar drop
casa/磯たかこ/ari
casaを初めて聴いてから,積極的に聴きにいっていたわけではないんですね。これはariさんがやっていたイヴェント。クラブのような空間の不思議なライヴハウス。この直前に,スターパインズでの遠藤賢司ライヴで夕紀子さんの姿を見たこともあって,初めて話しかける。

2005.6.12 吉祥寺star pine's cafe
noa noa/ナカマコフ/caravan/casa
こちらは『すみわたる』の発売記念イヴェントですね。豪華なメンバーです。ライヴ後のお店の外でCDにサインしてもらったことを覚えています。

2006.2.25 吉祥寺bar drop
casa/ナオリュウ
ariさんのイヴェントと同じ店ですが,今度はナオリュウさんがイヴェントを引き継いだのだと記憶しています。同じレコード会社ということで,共演。

2006.9.30 恵比寿ガーデンプレイス
TOYONO/casa
これはハピネスレコード主催のイヴェント「東京ボサノバ」の一環。バーラウンジでの珍しい演奏でしたな。

2006.10.23 銀座my humble house tokyo
shima & shikou+古賀夕紀子
夕紀子さんとshima & shikouとの出会いは思っていたより早かったんですね。代官山eau cafeでのshima & shikouライヴに夕紀子さんがお客さんとして来ていて,その後,島さんがcasaのレコーディングやライヴに参加,志宏さんとはデュオのライヴを始めるなど,2人とも仲が良い。この日はラグジュアリな銀座のレストランでのライヴにゲスト参加。

2006.12.2 池ノ上bobtail
mue/上原貴之/casa
casaはbobtailの常連でしたが,私が聴きにいったのはけっこう後のことだったようですね。

2006.12.21 青山プラッサオンゼ
casa
あまり単独ライヴというのがないcasaでしたが,ここ日本におけるブラジル音楽の中心地,プラッサオンゼでは毎回単独でたっぷり聴けるようになりました。

2007.1.8 池ノ上bobtail
casa/菩薩ノバ/犬塚彩子
bobtail常連の仲間が集まると,アットホームな楽しいステージがよく繰り広げられましたね。

2007.1.18 青山プラッサオンゼ
casa
2007.3.29 青山プラッサオンゼ
casa
こんなに頻繁にプラッサオンゼに登場していた時期きもありました。

2007.4.14 池ノ上bobtail
犬塚彩子/casa/ 加々美淳
ここでも彩子さんとの共演ですね。

2007.4.30 祖師ヶ谷大蔵ムリウイ
casa
ムリウイも常連出演者となります。

2007.5.6 中目黒楽屋
casa/行川さをり
夕紀子さんのソロの時のギタリストが前原さんということで,行川さをりさんとも仲がよく,何度か共演がありましたね。この時はお客が少なく,しかもライヴ前からいた客が演奏を聴かずにずーっとおしゃべりをしていて,私が席の移動のお願いをしにいったのを覚えています。

2007.5.13 六本木ミッドタウン
casa
ミッドタウンでは開業時には面白いイヴェントがあってよく行きました。おおはた雄一さんとかflex lifeとか,そんな人がライヴをしていましたね。

2007.6.9 王子北とぴあプラネタリウム
小野寺あやの/water water camel/casa
bobtailの羽場さんが企画したプラネタリウムライヴ。結局,2回くらいしか行きませんでしたが,何回くらい続いたのでしょう。

2007.6.20 青山プラッサオンゼ
casa
2007.7.8 渋谷7th floor
寺尾沙穂/tico moon/casa
これはアルバム『夢十色』の発売記念イヴェントでした。またまた豪華ゲストでしたね。

2007.10.9 中目黒楽屋
古賀夕紀子/スマン4
楽屋ではソロの出演も何度かありました。

2008.4.4 青山プラッサオンゼ
casa
2008.4.14 池ノ上bobtail
犬塚彩子/casa姉妹
casaに彩子さんが加わると,casa姉妹と呼ばれるようになりました。bobtail店員のケンちゃんことPAJANが加わることもありましたね。

2008.4.20 仙川森のテラス
casa/eri & miggy
miggyさん企画の森のテラスでの昼間のライヴ。私も受付などお手伝いしました。

2008.5.11 渋谷cabotte
MitaTake/casa
渋谷のワインバーでも一時期定期的に演奏していました。カウンターのみ,8人程度で満席のお店でした。

2008.6.1 池ノ上bobtail
casa/内田恒太/ちゃびっつ
2008.6.29 青山プラッサオンゼ
casa
2008.7.20 渋谷cabotte
achordion/casa
広島出身の男女デュオachordionが上京してcasa経由でこのお店で演奏するようになりました。

2008.8.23 下北沢ラ・カーニャ
casa
ラ・カーニャでの単独ライヴもありましたね。でも,ここでは継続的にやるようにはならなかったようです。

2008.9.6 池ノ上bobtail
hacomaco/casa
2008.11.3 祖師ヶ谷大蔵ムリウイ
casa
2008.11.14 池ノ上bobtail
anmmonite/古賀夕紀子/ミトモタカコ
夕紀子さんのソロライヴは普段サポートギターで歌うことが多いですが,この頃から自分でピアノを弾いたり,ギターを弾いたりで歌うようになりました。

2009.3.29 青山プラッサオンゼ
casa
2009.4.8 日暮里bar porto
古賀夕紀子
このバーではcasaでのライヴはありませんでしたね。いつもソロでした。

2009.5.24 祖師ヶ谷大蔵ムリウイ
上原英里/casa/ SOZORO
2009.6.3 日暮里bar porto
古賀夕紀子
2009.7.10 洗足Cafe Shion
伊藤志宏+古賀夕紀子
このお店はshima & shikouでも演奏していたお店です。

2009.7.11 青山プラッサオンゼ
casa
2010.7.18 祖師ヶ谷大蔵ムリウイ
石塚明由子/古賀夕紀子
vise versaの明由子さんとも仲良かったですね。

2009.7.26 谷中ボッサ
神田智子+黒川紗恵子+早川 純/casa
これは私が自分の誕生日に企画したイヴェントに出演してもらったものです。打ち上げは黒川さんおすすめの焼き肉屋に行きました。

2009.9.12 小伝馬町cafe紅
casa
ちょっと忘れてしまいましたが,これはこのカフェをギャラリーとして使っていた時のオープニングパーティかなにかで演奏したものですね。いわゆる家カフェです。

2009.10.18 外苑前時計台下
casa
これは前に書いた「東京ボサノバ」が舞台を恵比寿から青山に変えて行われたもの。まだ残暑的な暑さでの野外演奏で大変そうでしたね。

2009.11.15 渋谷cabotte
佐奈枝/casa
このcabotteというお店も不思議なつながりができるお店です。佐奈枝ちゃんはcafe紅でのcasaライヴのお客さんとして来ていたのですが,ここで初めて演奏を聴きました。

2009.12.20 青山プラッサオンゼ
casa4姉弟
プラッサオンゼでも犬塚彩子さんとPAJANとで演奏したことがありましたね。クリスマススペシャルです。

2010.3.14 中目黒楽屋
casa/IRIS/高橋ちか
高橋ちかちゃんも私の好きなシンガーですが,こんな面白い組み合わせもありました。

2010.10.17 一橋学園NGUYN VAN KAFE
casa
これは鷹の台ボッサというイヴェントの一環で,小さなカフェで行われた演奏。妻が長男を出産したのが28日ですから,11日前ですね。驚き。

ということで,2004年から2010年まで6年間強,50回近くcasaと夕紀子さんのライヴを聴いたことになりますね。

|

« 鯰絵新考 | トップページ | 息子,体調不良 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してました。casa、残念ですね。高橋ちかちゃんといえば、昨日は地元のテレビに出てました^^エルコラソンでライブあるようです。

投稿: dona | 2012年9月20日 (木) 22時10分

ナルセさんその節はどうも。Kでございます。(笑)
こんなにcasaのライブに行っていたなんて!!
casaの活動休止は本当に残念です。
未発表曲には素晴らしい曲が文字通り山ほどあるからです。
ライブの度に3rdアルバムはまだか!?と催促していました。
ライブが聴けないのも勿論寂しいですが、せめてそのCDがあれば、それが耐えられるのにと思うのです。
しかし、最後に私の一番好きな守屋さんとのトリオ編成で、ブラッサオンゼでたっぷりcasaを楽しめて良かったと思います。
一日も早くcasaの復活を願うばかりです。

投稿: おっちゃん | 2012年9月23日 (日) 09時18分

donaさん

お久し振りです。
そういえば,ご一緒したのはcasaとちかちゃんの共演した楽屋ライヴでしたっけね。
ちかちゃんも少しビッグになった(?)ようですね。CDは買いましたが,ライヴには行けてません...

おっちゃんさん

コメントありがとうございます。
そうですね。3rdアルバムの話は随分前から私もしていました。
聴き手的にはアルバムを作ってお休みしてもいいのでは,と思いますが,作り手的にはいろいろあるのでしょうね。

私もライヴにあまり行けなくなってから,CDのありがたみを感じるようになりました。

投稿: ナルセ | 2012年9月23日 (日) 12時31分

相変わらず,プータローですね.
もう,ポストはないよ.正直にいえば.

2012/9/24
岡山のIPアドレス202.70.236.104さんからの書き込みです。

投稿: | 2012年9月24日 (月) 18時50分

......んんん,,,,
はあ,???って感じ!

2012/09/25 21:57
長野のIPアドレス219.105.44.144さんからの書き込みです。

投稿: | 2012年9月25日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/55672948

この記事へのトラックバック一覧です: casa活動休止:

« 鯰絵新考 | トップページ | 息子,体調不良 »