« 『サンシャイン・クリーニング』の姉妹 | トップページ | 風景と記憶 »

オイル・オン・フォト

清水 穣 2001. 『ゲルハルト・リヒター/オイル・オン・フォト,一つの基本モデル』ワコウ・ワークス・オヴ・アート,61p.,1500円.

先日,初めてワコウ・ワークス・オヴ・アートに行った際に購入したもの。実はちょっと前にこの本の存在は知っていたのだが,Amazonで調べると「ドイツ語」と書いてあったので,ちょっと購入する前に実物を確認したかったのだ。すると,今回のリヒター展に併せて2割引のバーゲン価格で販売していたし,中身も見て,日本語とドイツ語が併記されているということを確認したので,購入。
清水さんはリヒター関係の図書で,リヒターの言葉の翻訳などもしている人。本書は日本語部分は60ページあまりだが,なかなかコンパクトにまとめられたリヒター評です。オイル・オン・フォトとは,先日のリヒター展に関する日記でも書きましたが,そこで展示されていた『ベイルート』の原画もそうであり,普通の写真プリントの上に油彩が上塗りされているもの。全ての作品に連番をつけているリヒターですが,このオイル・オン・フォトには正規の作品番号はつけられていません。この清水さんの本は,そのオイル・オン・フォトを中心に論じるものではなく,これまでの作品群のなかにオイル・オン・フォトを位置づけるというもので,むしろこれまでのリヒター作品の全体像を概観することができるものだ。
なので,オイル・オン・フォトそれ自体に対する解釈ももうちょっと欲しいところだ。

|

« 『サンシャイン・クリーニング』の姉妹 | トップページ | 風景と記憶 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/56358424

この記事へのトラックバック一覧です: オイル・オン・フォト:

« 『サンシャイン・クリーニング』の姉妹 | トップページ | 風景と記憶 »