« 3週間ぶり映画 | トップページ | アルブレヒト・デューラー »

手足口病

水曜日。仕事中に妻からメール。昼間に保育園から電話がかかってきて、息子が熱を出したから迎えに来て欲しいとのこと。妻は仕事を切り上げ、迎えにいき、病院へ。

39度の熱で、診断は「ヘルパンギーナ」。私は初めて聞く病名だったが、仕事場でその話をしたら子どもを持つ人は知っていました。手足口病と似たウィルス性の病気で、夏季に子どもがかかりやすいという。喉に水泡ができ、場合によっては飲み食いが辛いらしい。その日は私は定時まで仕事をして帰宅。腸に宿るウィルスということで、食事の際に気をつける。また、便には長期にわたってウィルスが残るというので、オムツ換えにも注意が必要。

ともかく、木・金と保育園はお休み。私が2日間午前休を取って、妻には午前中で仕事を上がってもらう。熱はとりあえず、木曜日に落ち着き、37度前後になる。しかし、木曜日の夜あたりから膝や腿の内側に小さなできものができてきました。どうやらヘルパンギーナではなく、手足口病だったようです。金曜日の午前中に私が病院に連れて行く。本人は熱が下がってまったくもって元気。心配した飲み食いもほとんど問題なく、1日目はゼリーや果物だけでしたが、2日目の夕方からお米も食べられるようになる。

病院では医師が申し訳なさそうに、病名の変更をし、まあ月曜日からは保育園にもいってよいでしょうという診断。しかしその後が大変だった。土曜日はいつものように家族で出かける。一応吉祥寺のアンティーク家具屋ということになっているが、人込みは避け、三鷹から歩いていく。距離的にはこちらの方が近く感じた。息子と私は帰宅し、妻は建設中のわが家を見に行く。

日曜日。朝起きると妻が調子が悪いという。とりあえず、家にいるからと、私は映画を観に渋谷まで。帰ってくると息子のできものが足じゅうに広がってしまったらしく、休日診療をしていた皮膚科に連れて行ってくれた。なにやら蕁麻疹とのこと。原因はよく分からないが、ともかく塗り薬をもらってきて落ち着いたらしく、私の帰宅時には息子は寝ていた。しかも、それだけではなく、妻も体がだるいからと一緒に寝る。みるみる熱が上がり、39度を越えてしまう。息子はその後、徐々に回復していくが、妻はかなり辛い様子。

結局、月曜日に妻は仕事を休む。私が朝保育園に送っていき、16時までに迎えに行くということで15時で早退し、帰宅。妻は結局感染してしまったんですね。潜伏期間が数日あるということで、息子の病名が分かる前にうつっていたのかもしれません。熱で一晩苦しんだ後、火曜日にはなんとか仕事に出かけます。しかし、結局その後4日くらいはろくに食事ができず、豆腐が主食でした。のどの後は足にできものができたようです。息子とは違い、足の裏に集中してできてしまい、歩くのも辛いとのこと。幸い、私には感染せず、その週は乗り切りました。

<>土曜日の外出中に急に妻が「お腹減った」といい、府中のとあるフードコートで焼きそばを頼み、完食。それでもまだ空腹は満たされなかったようで、さらにから揚げ。ということで、1週間でようやく回復に向かいました。

8月25日(日)

渋谷オーディトリウム 『HOMESICK

家族が苦しんでいる中、観に行った作品がこちら。この映画館も名前が変わって来たのは初めて。本作はぴあフィルムフェスティバル(PFF)のスカラシップ作品です。本作で22作目ということですが、私は12作目(『許されざる者』の李監督)から全て観てきています。ということで、期待していた作品。廣原 暁という監督で、『花とアリス』の郭 智博君主演。本作の役どころはぴったりですね。

実家がとある不動産開発のために立ち退きにあう。父親は立退き料で地方にペンションを買い、事業を始めようとする。母親はその少し前に亡くなり、妹は実家を出て世界放浪の旅。主人公は小さな塗装業者で働いているが、これといった目標もなく、誰もいない実家で暮らしている。立ち退き期限の直前に会社がつぶれてしまい、一度は不動産屋に鍵を渡すが、行く当てもなく、隠しておいた合鍵でまた実家生活を続けてしまう。そんな折に以前からこの家をターゲットに「ピンポンダッシュ」をして遊んでいた悪ガキ3人組と絡むようになり、夏休み中この家で遊んで過ごす。しかし、不動産屋から立ち退きの圧力がかかる中で主人公は今後の人生をどうしようと決断するのか。

スカラシップ作品らしく、俳優のネームバリューや高額な制作費・宣伝費ではなく、素朴に脚本と演出で勝負する作品ではある。しかし、ちょっとこじんまりとまとまりすぎの印象がなくもない。いい作品ではあるが、荒削りでもいいからどこか飛びぬけた個性があったらと願います。

9月1日(日)

有楽町ヒューマントラストシネマ 『ニューヨーク、恋人たちの2日間

ジュリー・デルピー主演監督作品。もちろん、『パリ、恋人たちの2日間』の続編であるが、もう少しいうと彼女が主演していた、リチャード・リンクレイター監督作品『恋人たちのディスタンス』、『ビフォア・サンセット』の系列に位置しているともいえる。ちなみに、こちらも続編『ビフォア・ミッドナイト』ってのがやはりイーサン・ホークとの競演で制作されたらしい。

実はこの日は映画サービスデー。前売り券を購入している作品がいくつかあったのだが、1000円で観られるということで、急遽別の作品を探す。上映終了間近ということで選ばれたわけだが、実はそれほど期待はしていなかった。でも、とても面白い作品でした。

しかも、エンドクレジットを見ていると、本作でジュリーは音楽も担当しており、数曲は彼女の作曲で彼女自身が歌っている。なんというマルチ人間なんでしょうね。私より1つ年上ですが、本作では38歳の役を演じています。確かに、かなり老け込んだ印象ではありますが、ともかく奇想天外な人々の登場ではっちゃかめっちゃか楽しい映画です。後半では、なんとヴィンセント・ギャロが本人役で出演しています。見逃さなくて良かった作品。

|

« 3週間ぶり映画 | トップページ | アルブレヒト・デューラー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「HOMESICK」、ご覧になったのですね。 羨ましい。
廣原監督は、2011年の湯布院で上映されたオムニバス作品「紙風船」のゲストで来場してくれた一人。
当時はまだ、東京芸大の学生だったかな。 彼の監督作品が4篇の中でも群を抜いていて。
以来、劇場用長編作品の完成を楽しみに待っていたのです。
岡山でも上映してほしいなぁ!

実は、青春18きっぷで7月に初めて行った徳島の映画館で本作が上映中なのです。 東京以外では、唯一ここでだけ。
時間と青春18きっぷの残りに余裕があれば、出かけていくのですが。
まあ、神戸の元町映画館でも時期未定ながら公開予定になっているので、何とかキャッチできるかもしれません。
キャッチしたい!

投稿: 岡山のTOM | 2013年9月 4日 (水) 04時03分

TOMさん

さすが,『HOMESICK』チェック済みですね。
しかも,学生時代の短編をご覧とは。
恐るべし,湯布院映画祭。

でも,湯布院も終わったところですし,遠出も厳しいかもしれませんね。
キャッチできることをお祈りします。

投稿: ナルセ | 2013年9月 4日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/58122085

この記事へのトラックバック一覧です: 手足口病:

« 3週間ぶり映画 | トップページ | アルブレヒト・デューラー »