« わが家ができるまで | トップページ | 場所 »

初3D映画

9月22日(日)

渋谷シアター・イメージ・フォーラム 『ジンジャーの朝

原題は「ジンジャーとローズ」。エル・ファニング主演で、ジンジャーとローズという、広島に原爆が落とされた日に生まれた2人の少女の物語。主演も魅力的だが、監督がサリー・ポッターということで、観ることにした。

舞台は英国。近所に住む2人は同じ病院で産声を上げる。ローズは色気を増し、おませな少女へ。ファニング演じるジンジャーは父親がジャーナリストということも手伝ってか、社会に敏感な少女に成長する。おりしも1960年代に入るとさまざまな社会問題に対して民衆たちが立ち上がるようになってきた。まだ冷戦という時代には早いような気もするが、米ソを中心にヨーロッパ各国が保有する核兵器の脅威が声高に叫ばれ、3度目の世界大戦に突入しようものなら、この世界は吹き飛ぶという話が流布する時代。ジンジャーはその恐怖に執拗にとらわれていく。

少女が主演の映画ってのは基本的に好きなのだが、写真家でもある監督だから映像的に問題なし、この時代の雰囲気も好きだし、いい映画でした。

10月12日(土)

有楽町ヒューマントラストシネマ 『スーサイド・ショップ

パトリス・ルコントによる初アニメーション作品。そして、私の3D映画デビューでした。この映画館ではかなりごっつい3Dメガネをレンタルで貸し出しています。レンタル料というか追加料金が400円。3D映画は基本的にあまり歓迎しませんが、アニメであれば許容できます。冒頭はパリの街中を飛び回る鳩を追いかけていくという映像ですが、3D効果は想像以上にすごいですね。でも、まあすぐに慣れてしまいます。

近未来なのか一つの可能世界なのか、パリに住むほとんど人が毎日憂鬱に暮していて、いつ死ねるかということばかり考えているというディストピア的設定。主人公の家族が営む店が自殺用品専門店。公共の場で自殺することが禁じられているという設定で、自宅で失敗することなく自殺を可能にする道具を取り揃えているという家業。その家の3人目の子どもとして生まれたアランが飛び切り明るくて、家族、そして社会を変えていくというストーリー。

90分弱の上映時間ということもあり、非常に濃密な映像で、うまくまとまっていました。子どもに見せるにはちょっと過激だし、DVDで繰り返し観るという作品ではありませんが、さすがルコント監督という作品でした。

10月14日(月,祝)

府中TOHOシネマズ 『陽だまりの彼女

観たい映画はけっこうあるけど、引越しも迫ってきているので、なかなか観に行く時間が取れません。ちょっと無理いって近所の映画館で、しかもTOHOシネマズデー1000円均一ということで観に行った作品。正直、あまり期待はしていなかったのですが、NHK大河ドラマ以降ちょっと目にすることが少なくなった上野樹里ちゃんは個人的に好きなので、応援するつもりで観ることにした。結末的にはちょっといただけない(といっても原作にとってはここが肝なんでしょうけど)のですが、共同脚本に向井康介、そして主題歌が山下達郎ということで、なかなかいい映画に仕上がっていました。特にエンドロールで流れる主題歌は名曲。

脇役もいいですね。松本君の上司役の大倉孝二、弟役の菅田将暉、チョイ役だったのが残念ですが同僚役で谷村美月ちゃん。上野樹里ちゃんの中学生時代の役を演じた葵わかなって子は、雰囲気がそっくりではまり役でした。鉄道マニアの主人公が、鉄道広告会社に勤めているという設定も面白いが、一つ残念だったのはキスシーン。上野樹里ちゃんといえば、『ジョゼと虎と魚たち』でいきなり妻夫木聡とディープなキスシーンを披露して驚いたものですが、本作では大人になっても中学生のようなチューしかしません。やはり相手がジャニーズだから仕方がないのでしょうか。

|

« わが家ができるまで | トップページ | 場所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「スーサイド・ショップ」、3Dだったんですね!?
今のところ、こちらでの公開予定がなくて。
3Dでなくても構わないので、スクリーンで観たいもの。
 ************
「陽だまりの彼女」は、私のように原作を読んでから映画を観た方が受け入れやすいかもしれません。
葵わかなちゃん、良かったなぁ。早くまた、映画で観たいものです。
【1ヶ月フリーパスポート】、ありがたく酷使しています(笑)。

投稿: 岡山のTOM | 2013年10月20日 (日) 17時24分

TOMさん

返信遅くなりました。
ようやく,引っ越しも落ち着き,自宅でネットができるようになりました。

『スーサイド・ショップ』は3Dだったんですよ。
確か,2D上映もしていたと思いますので,そちらでも公開されるといいですね。

『陽だまりの彼女』は確かに,原作を読んだ上でそういうストーリーだと分かっていた方が楽しめるかもしれませんね。
葵わかなちゃん,私もチェックしておきます。

投稿: ナルセ | 2013年11月 3日 (日) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/58369205

この記事へのトラックバック一覧です: 初3D映画:

« わが家ができるまで | トップページ | 場所 »